2011年03月

2011年03月31日

ハイサイ
お久しぶりです。

ブログを放置していたわけでは無く
色々と、まあ〜ありまして…

那覇に行って、インストラクターの講習したり
被災地に行っていた、那覇の店長と色々話したり
人が足りなくて、海仕事に借り出されたりと…

まあ〜本当に色々ありますね〜

那覇出張…
石垣空港は、相変わらずの人ごみで…
空席あると勝手に思い込んで、予約なしで空港に行くと!!!
満席だのキャンセル待ちだとか、アナウンスが??!!
ひょっとして、那覇にも行けないか?

カウンターのお姉さん、若干お知り合いでしたので、何とか乗れるように、手配して頂きました。
到着した途端に!!ビックリする程、人・人・人・人の多さ☆
海に出かけるも、古巣の北谷の宮城海岸は、ダイバーだらけ??
いや、ダイバーしか居なかった。

卒業旅行にライセンスを取得しようと挑戦する、若者。
団体旅行の体験ダイビング?
バスで乗り付ける体験ダイバー50名。

真夏の賑わいを見せる、沖縄本島にビックリしました。

で、学科の講習やら、専門分野なんたらかんたらの14名にうんちく
たれたり…
イントラ増産の講習したり、OWの手伝いなど、結構ハード。
超濃い3日間+0.5日でした。

驚いたのは!!
ダイビングショップの多さ??
確か、自分がお店をやってるときは…100社とかでしたけど
今は、500社以上あるとか?
知らないイントラさんが、た〜く〜さん…
今時のイントラは、挨拶もしないんだな〜ってチョット残念。
まっ、時代は変わる〜ぅ。

やっぱり石垣島が一番いいや。
渋滞ないし
海は10倍キレイし
サンゴしかないし(嫌味)
魚影も沢山だしマンタもいるし
って、思いつつ、お仕事お仕事って事で淡々とこなしました。

島に帰る為に、那覇空港に着いたら、うっひょ〜!!!!
まじ〜ぃ??
名古屋便満席・東京便満席のオンパレード。
ぜ〜んぜん、観光のお客様た〜くさんいます。
ビックリ。
15分で人宵…ゲ〜って。

石垣島行きの飛行機も、コレが満席に近い。
関西の方がとっても多くて、漫才状態☆
お隣のカップルは、家が無くなったのと、放射能を恐れ、宮城県から石垣島に引っ越してきたとか?

放射能…確かに怖いかもね。

東北北陸ガンバレ・東京電力・頑張れ自衛隊☆しっかり!総理。




(22:43)

2011年03月17日

オーシャンダイバーズグループのスタッフが被災地で黙々と、救援活動をお手伝いしています。
活動を写真と共にご報告いたします。

現在、那覇店店長の濱口・統括の薗田の二名は、2トン車と4トン車を東京で借り受け、10時間かけて、宮城県三陸町に到着。

手始めに、避難所に向かい、東京で購入した、水・カイロ・生理用品を志津川小学校の避難所で配布しました。
水ペットボトル820本・カイロ500個・生理用品2ケース

続いて、避難所での暖を取る為に、瓦礫の山から木材のみを収集。
110315_1152_01

水汲み場の設置。
翌日、隣県の病院や薬局を廻り、医薬品輸送の手伝いを実施。
110315_1358_02
翌日、瓦礫の除去作業を行うも、燃料不足でクレーン車が不動になる。あわてて、隣県に給油に向かうが、緊急車両でない事を理由に燃料の補給が受けられず、所轄の警察へ向かい、緊急車両としての届出をし、再度同じガソリンスタンドに向かうが、スタンドの店員は、『自分たちの燃料が無くなるから』分けれないと言う始末。
某テレビ局のアナウンサーが駆け寄り、なぜ売らないのか?ほぼ脅しにも似た、取材を強行すると、店主らしき人が…黙って満タンにしてくれました。
少し、強引かもしれなかったけれど、被災地では家も無い・水もない・家族もわからない人が沢山います。その人たちの役にたつ事は間違いありません。
取材強行していただいたアナウンサーと、黙って給油してくれた店主に感謝いたします。

引き続き、三陸町で救援活動する二人からの連絡を報告いたします。

なお、当グループでは、義援金は受け付けていません。
お金より、物資をお願いします。
毛布や缶詰・飲料水・など何でも構いません。

物資の輸送先はコチラ
〒986−0753
宮城県本吉郡南三陸町志津川字城場41
志津川小学校避難所 濱口昭英・薗田大介宛
080-6145-1524

(19:07)