コンサティックに踊れない

2005年02月

あと数十分で3月だ。弥生三月というわけで開幕戦カウントダウン戦闘モードに突入なんである。予定外のインフルエンザB型ウイルスとのデスマッチのため、ここまでの9年を振り返ってみる企画はやめてしまった。渡辺美里の「10years」の歌詞をモチーフに何かセンチメンタルなそしてカンガルーなそしてどこかレボリューションな内容で書こうと思っていたが、や・め・た。全部インフルBのせいだ。しかしインフルで思わぬ効果もあった。減量、禁酒が無理なくできたことだ。このまま開幕戦まで酒は飲まぬ!甲府を撃破したら祝い酒として用意した黒糖焼酎「弥生」を飲ませていただこう。

寝込んでいる間、ウルフルズの「暴れだす!」の着うたフルをダウンロードして自分への応援歌にした。これを自分の開幕5試合のモチベーション上げソングに採用したい。ちなみにジェッターヨの「追いかけて」の楽しみ方として、「10年前応援始めた時は○○才だった・・・あれから10年。老・い・か・け・て。」っつー軽めのギャグも用意しておきましたから。老いる前に昇格したいぜ!カモン!

さて、開幕前なので何でも書きたい放題なわけなのだが、まず開幕5試合のスタートダッシュ計画について。ヤンツーさんは4勝1敗(勝ち点12)とおっしゃっているが、俺はそんなに強気になれない。3勝1分1敗(勝ち点10)でいければなと思っている。いずれにせよ、組織力が固まりきらない第1クール前半でどこまで貯金できるかで、チームの勢いも相当違ってくると思われる。
勝ち点1ー2差で入れ替え戦への出場権を取れたり取れなかったりするのがJ2だ。第4クールまでも見据えて“あえて”ヤンツーさんは高い目標を設定したのかもしれない。

開幕の甲府戦はスカパー「184 生中継」である。
長いキャンプの成果が「開幕スタメン、開幕ベンチ」という形で我々の前に披露される。練習試合もPSMもまったくアテにしてはいけないと思っている。さっぱり点を取らなかったあの選手のゴールやあの選手のアシストが決まるだろう。(あの選手=自分の期待している選手を想像してちょうだい)

「得点力不足が不安」なんて書いてしまうと、あまりにも普通過ぎるので、切り口を変えて書くと、「難しく考え過ぎてつまらないサッカーにならないか不安」と書いておこう。
「アクション&ムービング」なのだから考える前にガンガン動き、動いた結果「コントロールパス」がやってきて、狙い済ましてドカンとシュート・・・みたいな前線まで時間をかけないシンプルな攻撃を望む。見ていてわかりやすいサッカーをお願いしたい。
開幕戦は砂川“スナマコ”誠に期待している。完全遺跡、札幌の縄文土器、じゃなくて完全移籍後初の大仕事はズバリ「GOAL」だ。セーノが元気が決めると思わせといてマコちゃんが1発かませば、スポ紙は1面TOP間違いなしだ!

「魔古斗一撃 白星発進!!」

智樹、桑原、蛯沢・・・2年目トリオが無期限謹慎を食らった。
ニッカンを読む限りでは笑ってすまされる問題ではなさそうだ。

・「新居・中尾事件」の翌年であること
・それが原因で独身寮を前倒しで建設していること
・レギュラーで活躍した市村でも2年目で切られたこと

これらを考えると、3人の犯した罪(罪というよりヤンツーさんを怒らせたこと)は彼らの選手生命にもつながってくる。
試合に出られなければシーズン後に待っているのは戦力外通告なのだから。

ヤンツー:「休養、食事、睡眠は大事。言ってすぐだったので聞いていないのか聞いても分からないのか。プロ意識が足りない」

プロ意識の無い奴らがチケットの値段以上の感動をもたらせるわけがない。こういうことがネットで流れたこと自体がもう情けなくてしょうがない。
ユース上がりはTOP昇格を果たしたことに満足してしまっているのではないか。桑原もプロ入りしただけでその後の目標を見失っているのではないか。
コンサドーレほど若手が抜擢されるチームは無い。2年目の連中には今シーズンに全てをかけて欲しいと願うばかりだ。

辛口になってしまったけど、3人には凄く期待していただけに残念でたまらないのだ。悪い先輩達の悪い伝統はお前らで断ち切ってくれ!頼むぜ!!

新聞各紙とも「ライブドアvs.フジ」と書きたて、フジテレビの労組の声明(もちろん反ライブドア)とか、自民党のライブドア叩きとか、民主党のライブドア擁護とか、経団連の奥田会長のお小言だとか・・・まぁ外野がわいわいうるさいわけですが。あ、労組は外野でない内野だな。ショートあたりか。声明もうなづけるものがあったことはあった。だけど前提が「敵対買収」なわけだから、経営も労組も少し冷静になったらどうかと。

上記のおっさんたちは「オンデマンド」とか「インタラクティブ」とか理解してるのかと考えてしまう「ホリエモン所信表明演説」だった。なかなかこういうのは珍しいけど、ネット企業らしいスピード感があるし、次世代の若い人たちを刺激するもんだと思った。

これを見る限り「新しい価値の創造」「ネットのボーダレス性」「消費者との双方向性」などを重視し、次世代メディアの草創期であるのではないかと思ってしまう程。
ニッポン放送株の取得はマネーゲームなどではなく、フジテレビ乗っ取りなんかでもなく、「新しい価値、メディア」の誕生への布石に過ぎない。
バイタリティとかアイディアが次から次から湧いてくるんだろうな、ホリエモンは。民主党はホリエモンに憧れる若者の票が欲しいだけだろうが。
選挙でもネットの投票システムとTVを合体させれば、自民と民主どっちが支持されてるかわかるだろう。
クリステルタソへのファンメールも送れるだろうし、キャスターグッズのネット販売もできるだろう。(そういう双方向ではないか)
でもJリーグのtotoも生中継の前に投票できるようにすれば売り上げは伸びるだろうし、馬券も言わずもがな。G汽譟璽垢覆鵑毒麓売れするだろう。まさにウルトラ「スーパー競馬」になる。
家電量販店に行けばパソコンコーナーはTVコーナーと見間違えるほどに、パソとTVは融合、合体している。
製品ハードが合体しているのに、TV・ラジオ局(新聞はわからんが)とネット企業がくっつかないほうが不思議に思えてくる。
まさにホリエモンマジック。
ホリエモンの福岡に住む実父は「息子は間違ったことをしていない。立派だ」と褒め称える一方「失敗して無一文になったら福岡(八女)に帰って来い」と親心も見せていた。
だが、無一文にはならないだろうよ。ニッポン放送株もしくはライブドア株はきっと大化けするよ。たぶん、きっと。きっとかっと。きっと勝つとぉー(博多弁)。


この所信表明を理解する人が増えれば、おそらくライブドアの株価は上がる。さて、どうなりますやら。
(つづく)

おどです。
D銀のATMでナンバーズを買おうと思い
タッチパネルを操作したとです。
押すところが何箇所もあるんですが
ある箇所で何回押しても画面が進みません。

指にヘアワックスがついているのが原因だと思い
服で拭いて再トライしてみても
画面の数字が押ささりません。(押ささる=北海道弁)

指が乾燥してるから、押ささらないんでしょうか。
指が静電気を帯びているから、押ささらないんでしょうか。
実は今回が初めてではなく、
カネを下ろせなかったこともありました。
ロト6を買えなかったこともありました。
間違った数字を買ったありました。

またナンバーズ買えませんでした。
外れてたので買えなくてよかったとです


コンササポです

東京放送からDMが届いたとです。
Jリーグセットに500円足すと363チャンネルでJのLIVEが見られるっていうじゃな〜い?
・・・・。
全部J1だったとです。

500円払う価値無かとです。
コンササポです・・・
コンササポです・・・
コンササポです・・・

sh0271.jpg念願のau乗り換え。次はDoCoMo斬り。

通勤のお供に「見えるラジオ」を持って歩いていたことがある。
今はケータイでFMラジオを聴ける。音質も良い。
かかっている曲名もアーティスト名もわかる。幸せじゃ。
ブログもBBSもさくさく見られる。パケット定額だから安心だ。
愛娘の動画まで見られるのには驚いた。
これでたったの1円とは!(期間限定価格だったらしい)

すごいぜ、au!
やったぜ、SANYO!
ビックカメラ、サイコー!!

・・・と通勤電車の中で、心の中で叫ぶ私。

ジュビロとのPSM(プレシーズンマッチ)をスカパー179キャンプチャンネルで見た。録画で面白いところは何回も繰り返して見たぞ。
セーノがドリブルで中央に切り込んでいって、左の中山元気にアイコンタクト☆キラリン 
すると元気がいきなりギアチェンジで右前に突進するではないか。アクセル全開!
ジュビのDF3人一気に切り裂く。そこにセーノからのキラーパスキターーーー!!
イマージェンシー!ジュビレンジャー!!ニッポン代表GK川口と1対1だ!勝負!真っ攻(not真っ向)勝負!!!
「どりゃーーー!」ゲンキック!!ズッドーーン!!

川口パンチング「せいやぁー!」どわーんどわーーんとボールが無人のゴールへ!決まったかぁ?決まったのかぁぁ??
おおおーーーっとGK川口がバックギア入れてキターーー!欧州仕込みのスーパーーセーーブだぁ!
ゴールに球半分入りかけたところを「必殺☆球かき出し」という超美技。ホームランをフェンスに上って取っちゃうSHINJYO並みのメジャー級の大技炸裂だ!
さすが高いカネ取ってるだけあるぜ、PSM。すげー、すげーよ、ジュビロ!!

あとはヨーヘーが軸足の左足ごと滑ってショボキックになったシーンも何度も見て笑ったぞ。
うちのGK高原も初めて見たけどなかなかイケメンとちゃいますの?

それからコンサで良かった選手を挙げておこう。
・23番ジョギョウヒの攻撃面での積極さ
・ガクヤの右からのミドルシュート
・上記をはじめとする13元気と17セーノの相性抜群のGSコンビ
・20権東もボランチ業が板についてきた感じ。ゴンちゃんが球の収まりどころ、さばきどころになるとかなり面白い攻撃をかませそうだ
・あと個人的にチェヨンスと2ショットになったヒロくん♪新ユニ6番が動く姿を初めて見たので萌え

会場のアシタカってところは厚別に似た感じだけど、ゴル裏からゴルが遠く感じるね。陸上競技場のB自由は観戦には向かない感じだな。コンサの応援ソングもスカパーでは聞こえなかったし。
寒い雨の中お疲れさんでござんした>遠征組


・お好み焼き屋で「19歳の時は札幌のチームにいてサッカーして車の免許を取った」
・その頃乗っていたのは真っ赤なポルシェだったが、今は白のソアラだった。ちょっと意外。長島一茂もヤクルト時代(ヤクルトは国産しか乗れない)にソアラだった。関係ないけど。
・ソアラを取りに行くという理由で自宅マンションにあかねとカメラを入れてしまうのはいかがなものか。面白かったけど。コータギャルのハニカミならぬハギシリが聞こえてきそうだった。
・どちらかというと8歳年下のあかねのほうがコータに惚れたっぽい感じ。逆にコータは完全にガンバの広報隊長といった趣。
・サイン入りアウェーユニプレゼント(あかねは東京暮らしだから?)に、万博のパナソニックビジョンで抱擁シーン・・・。
・もう完璧なガンバサポ動員キャンペーンだな。万博に集え、サッカーギャル!
・札幌時代は鈴木紗里奈がイイって言ってました。ハニカミでは「おてんばな娘がイイ」って・・・あかねはタイプではないから、コータギャルは安心しろ。

・コータ27歳。アイドルの歳の取り方って独特なんだよな。「コータの夢は俺たちの夢、大野の道は俺たちの道」なんてダンマクを出していた俺たちも一緒に10だけ歳をとったんだよな。10年目のコンサ、10年目のコータ。コータよ、これからもJリーグのアイドルで居続けてくれ!



・「優しい時間」を見ながら。
「ヲイヲイ、やばいよ、アズぅ」「やばいって、やめとけよぉ」。

・昨日はホリエモンネタ探しで「インサイト」を録画して見た。
主婦アンケートに「時代の転換期を察する現代の坂本龍馬」みたいな肯定的な意見もある一方、「フジテレビに挨拶にいかない無礼者」とバッサリ斬る意見もあった。
フジは「支配という言葉を使う人とは会わない」とし、ホリエモンは「大株主に会わないのは失礼だ」と譲らない。もうこれは劇場型の経済プロレスなんだな。見ている観客はワーワー言って楽しめばいい。だってそれがメディアで一番大切なソフトなんだから。見ている人が楽しんで自然に株式とか増資とか転換社債に詳しくなる。

・昨日のNHK「ニュース10」。これも見所満載だった。インタビュアーに対してイライラしながら「長期戦にはしたくない」。フジテレビを狙うくらいだから、対極にあるNHKは嫌いなんだろうなぁ。でもプロ野球の交流戦やJリーグはNHKが放送権を握っている。その辺のソフトもなんとか奪ってネット配信しないとTVの時代は続くと思う(スカパーもあるし)。もしもフジを支配したとして次の最大のライバルはNHKかもしれないな。

「サウダージ 意味」とググってみた。「もらい泣き」の歌詞の意味を調べたときに役立った大手小町に同じ質問が出ていた。ポルトガル語で「哀愁、郷愁」だそうだ。
今、BS2でポルノグラフィティの年越しライヴを見ている。前々からサウンドがしっかりしていて、ボーカルが上手くてイケメンなので注目していた。

「Mugen」で歌詞を忘れて「ゴメン」と謝るネタ場面もあったが、全体に安定感のあるライヴでござった。
ラストの「黄昏ロマンス」などドライブBGMにぴったりの楽曲が多いな、という印象。今度ベストを借りてきてMDに落とそう。

このページのトップヘ