2011年07月18日

全体をちょこちょこ作り直し

ちょっとずつではありますが・・・

ちょこまかと個人的に気になるところを修正しています
2011y07m18d_023143413
2011y07m18d_023213396


ドアラインとか、ライト系、リアのあたりなど、できるだけ角ばらないようにするのが大変です。

まったくもってHUMMERとは正反対の形です。

HUMMERはあのごつごつした、どんな道でもかかって来い、みたいなワイルド感があってとても好きですが
DBSは洗練された、まさに美しいなんて言葉がびっくりするほど似合う、大人のクルマ感(?)があって好きです
(`・ω・´)キリ 
「高級なスーパーカー」という強い主張があまり感じられず、上品な感じですかね。もっとも本気を出せばすごいのでしょうが・・・
脳ある鷹は爪を隠すですね。

さっさとモデリングを終わらせてテクスチャの製作にかかりたいですが・・・いじればいじるほどいじりたくなってしまってなかなか進まないです・・・・・・

そして色ですが、今回はクォンタムシルバーにしようと思います。
しかしやはりモニタとだけにらめっこするのは良くないですね・・・

赤坂のディーラーに取材に行こうかなと・・・
高校生でもお話いろいろ聞けるかな?(笑)
 
  

Posted by odontogriphus at 02:34Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月13日

ディフューザーに苦戦

他のDBシリーズとDBS外見上の大きな違いは、やっぱりディフューザーでしょうか。
とにかく、他の車種とは違う、外からバコッとつけた感じは、DBSならではだと思います。
そんなディフューザーの形が簡単に見えて結構モデリングするとなると難しいのです。
何回も作り直して、いま4個目くらいです(盛ってないです

で、こんな感じ
2011y07m13d_162054136
 まだ羽が付いてませんが、淵の盛り上がりをどう表現するか悩みます。
他の方のモデルやゲーム内のDBSをわざと横転させて観察したりしてこんなかんじに落ち着きました・・・
これから羽とマフラーやフロントを手直ししてテクスチャの製作に入ろうと思います。

何色がいいですかね?
カジノロワイヤルのカジノアイスか・・・
はたまた慰めの報酬のクワンタムシルバーか

それともオレンジとかもいいですかね



  

Posted by odontogriphus at 17:49Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月10日

長らくの沈黙の末・・・

大分長く沈黙を守ってしまったようです。

さてさて、前回のHUMMER H1に続き、新規製作中の車がありまして。。。


じゃん
dbs
 
ちょっと分かりにくいですね

dbs2
2011y05m23d_233634651
2011y05m25d_000938177

はい。AstonMartin DBSちゃんです。

007のボンドカーでおなじみですね。
Die Another Dayを見てからaston社に引かれ始め、カジノロワイヤルと慰めの報酬ですっかりDBSに恋してしまいました。
もうストーリーよりDBSちゃんです(`・ω・´)キリ

ということで今回作り始めました。最初はちゃっちゃと作って、HUMMER H1のリメイクを作ろうと思っていたのですが、これが始めるといつもの凝り性が出てきてしまって・・・

極力のりしろを実車の合わせ面と合わせようとか思い始めて、ライトも中まで作って・・・
内装を作ろうとしたところで冷静になって考えてみたのです。
こだわるだけがペーパークラフトじゃないと。作る人に楽しみと笑顔をあたえてこそのペーパークラフトだと。

そして無事高校に行ったのに期末テストという恐ろしいものが待ち構えていて全然作れてなかったです・・・(言い訳ココまで 


そんなわけで次回公開するのはこの子になりそうです。
で、これからブガッティやパガーニ、ランボルギーニなどを気が向いたら作っていって、スーパーカーガレージを作りたいと考えております・・・
HPの製作も少しづつやっていくつもりです。

長文失礼しました!  

Posted by odontogriphus at 18:17Comments(0)TrackBack(0)

2010年12月20日

HUMMER H1

新作HUMMER H1ができたので、
紹介させていただきます。
1/35サイズにしようと思ったのですが、サイズ入力を間違え、面倒くさいのでちょっと一回り大きいサイズになりました。

ぺパクラデザイナーのHPでZIPで配布する予定です。
ZIPを予定しているのでぺパクラビュワーをインストールしていない方でもダウンロードして作る事が出来ます。作り方も入れました。P1010381P1010367  

Posted by odontogriphus at 21:10Comments(5)TrackBack(0)

2010年01月27日

ドクターヘリの作り方2


SN3B0384

前回はたしかココまででしたね。
次はスキッドとローターの組み立てです。
なお、これでドクターヘリの作り方は最後になります。


ステップを作ります。
BlogPaint





↑ステップの作り方です。
SN3B0386
本体横につけます。

BlogPaint





SN3B0389

SN3B0390
本体の‘6’の文字が隠れるように貼る。
BlogPaint





クリックで拡大
SN3B0392SN3B0393






こんなふうにつける





SN3B0395






メインローターハブを組み立てる。
③の文字をあわせてこんな形のパーツにする。


SN3B0397
次にグリップ2を2枚重ねて貼り、その上にグリップをこのように貼る。
そうしたらその上から三枚目のグリップ2をかぶせるように貼る。
SN3B0398
その上にメインローターハブをはるとこんな風になる

その裏に半分に折った黒いパーツをグリップの無い位置に交互に貼る
BlogPaint






SN3B04005つ貼ったら真ん中にマストを貼って

SN3B0401






②のパーツを下に貼る。

SN3B0403
表裏貼ったメインローターをグリップにつける

SN3B0404
全部貼れました。

SN3B0405
これを上につけて・・・

SN3B0406
完成です。
お疲れ様でした。

ダウンロードされた方はコメントいただけるととても嬉しいです。

  

Posted by odontogriphus at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

ドクターヘリの作り方1



PAP_0382



ボディ(前)を切り取り、のりしろを合わせていきます。
PAP_0381

すべて接着するとこのようになります。
PAP_0379
メインローター基部をこのような形にして
PAP_0378

本体と合体します
PAP_0376

次にボディ(後)ののりしろを接着し
PAP_0374

エアインテークも接着します。
このとき、このパーツは逆に反るように糊付します。
PAP_0372

(後)を左右とも組み立てて、エアインテークと合体します。
a

この形のパーツを組み立て、
PAP_0370

ボディ(後)と接着します。カエルは重りです(笑)
下から接着していくと、上部に穴が開くはずです。
PAP_0367

そうしたらこのように折り目をつけます。
PAP_0366

マフラーを黒いのが内側になるように円錐状に組み立てます。
PAP_0360

外側からボディに空いてる穴に押し込んで接着します。
PAP_0364

いったんココで重りを作ります。これが無いとテールを
つけたときにバランスが取れなくて尻餅状態になります
作り方は紙の両端を幅1.5センチくらいに切り、
ボンド多目につけながらくるくると巻いて・・・
PAP_0363

こんな感じの重りになります。図のように2つ作り、
積む感じで接着。
PAP_0362

ボディの先端につけます。
PAP_0368


そしたら底面と
PAP_0365

後ろ半分をつけます。
順番は
おもり→後ろ→底面
が一番いいと思います。


次はテールを作ります。
テールブームとテールブーム2を円柱状にします。
PAP_0359

テールブーム2は赤いところに切り筋をいれて、
丸めてから蓋をする感覚で。
BlogPaint






テールを接着します。上部に、テールと安定板を
つなぐパーツを接着します。
PAP_0356

水平安定板を組み立てます。
ちゃんと作れば厚みがつきます。
PAP_0355

翼端板をつくります。上下ののりしろを中に接着する。
PAP_0353

それと、ランプとアンテナを接着、その端に翼端板を接着。

BlogPaint






裏にはアンテナ類を接着。①と書いてあるパーツと
①と書いてある大きなパーツを図のように接着、
それからテールブームに接着します。

SN3B0384

テールブームを接着します。

  

Posted by odontogriphus at 22:11Comments(0)TrackBack(0)ペーパークラフト 

2009年09月29日

作品紹介

SN3B0408第一作
ドラマ コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命
より

MD902-JA6790


ペパクラデザイナーホームページのギャラリーよりダウンロードできます。
http://www.tamasoft.co.jp/pepakura/

  

Posted by odontogriphus at 18:50Comments(0)TrackBack(0)