2005年05月07日

下関 先帝祭


5/3は下関の先帝祭

壇の浦の合戦で安徳天皇が没した日を記念しての行事。

そこにいつも仲良くしている花柳多佳広先生の
お弟子さんで新名取りの多智雛ちゃんが
二番太夫を務めるというので、私の仕事スタッフの
若い子を連れて行って来ました。

多智雛ちゃん、すごく!!キレイで
一番目立ってました。

あれだけのカツラと衣装を身に纏い

八文字をきるというのは大変なこと!

ちょっと具合が悪そうだったけれども...

これを観にきているはずのあげまきさんに電話。

「どこにいるの〜〜?えっ?!熱が出たの〜〜??」

きっと彼女も残念に思っている事でしょう。

二番太夫の多智雛ちゃんにどうやったら合図を送れるか。

若い子が黄色いハンカチを持っていたので

それを日傘に付けてくるくる回してみようか〜

なんて話ながらワイワイと伝統行事を満喫しました。

  

Posted by odori at 05:04Comments(0)TrackBack(0)きょうの瀧紅

2005年04月13日

4/8 やっと書き込みができるようになったのに

先月の地震の際、知人宅に非難していて
なんにもする事がなかったから〜〜と
ひたすらお勉強してやっと自分の掲示板に
カキコミができたのに...

瀧紅いわく、

『やっぱ目がいかんね〜〜〜
パソコンの画面とにらめっこしていると
めまいがして気持ち悪くなってから』

去年煩った病気で使った薬の副作用が強く、まだ少し残っている様子。

『掲示板は覗いてるんやけどまだ
かき込みしようと思ったら時間がかかりすぎて
もうちょっと無理そう。
みなさんによろしく伝えといて〜〜』

というわけで、瀧紅が掲示板に顔を出すのは
もう少し先の事になりそうですm(_ _)m(by 管理人yuki)   

Posted by odori at 02:52Comments(0)TrackBack(0)きょうの瀧紅

3/21 御心配おかけしました!

生まれて初めての恐怖体験でした。

揺れるはずのない10階建てのビルが・・
始めは、あ、地震か〜〜甘かった・・・

ゆらゆらグラグラ・なんじじゃこりゃ〜?!
段々揺れが・もの凄い事に・・崩れる!
死、死ぬ!・・何処にどうしたら?!?

押入れのふとんを引きずり出し、安全な場所
を求めパニクリ状態・揺れはおさまる・が、
余震が来る前に?!?引き続きパニクリ状態

その中、遠方の友人、恵理ちやん〜ロスより
アドバイスや励ましを頂きながら、徐々に、
パニック状態から脱する事が出来ました。

家中、色んな物が飛び散って無惨な状況でした。
まだ余震が怖いので、知人宅に避難中です。
皆さんの励ましのお陰様で、元気で居りますのでご安心下さいませ!

瀧紅(たきこう)
(なる様&知人様のお陰で単独入力達成!)

*3/21 Japanese Cafe(掲示板)の書き込みより
福岡の地震の後の報告です。
これまでタイプ入力ができなかった瀧紅でしたが、
この地震を期に掲示板への入力ができるように!  

Posted by odori at 02:15Comments(0)TrackBack(0)きょうの瀧紅

2005年01月10日

紅の会 初舞のお知らせ

3e50c7ea.jpg日々のお稽古の成果の発表とみなさんとの交流、そして着物を着て「和に触れる機会を」と開催されている「紅(もみ)の会 初舞」

例年、料亭で美味しい懐石料理をいただきながらの会でしたが、 今年は名取りを取られたお弟子さんのお披露目も兼ね、 福岡市アクロス円形ホールで開催する事になりました。

■とき 2006/2/11(金・祭日)
■時間 1:30開場 2:00開演
■場所 アクロス福岡 円形ホール(場所を確認
■入場 無料

花柳瀧紅おけいこ処は若い方が比較的多いお稽古場です。
日舞ってどんな感じなんだろう、着物を着るだけじゃ物足りない
と思っている方、お友達を誘ってどうぞお気軽にお越しください。

過去の紅の会初舞の様子/お弟子さんの感想
花柳瀧紅のホームページ
http://www.nihonbuyou.co.tv/  

Posted by odori at 15:53Comments(2)TrackBack(0)お知らせ

2004年11月23日

花柳瀧紅HP移転のお知らせ

「花柳瀧紅 日本舞踊おけいこ処」のHPを移転しました。

新しいアドレスは、
http://www.nihonbuyou.co.tv
です。

「日本の古典のすばらしさ」に触れてほしいと日々、
日舞の伝承に努めている瀧紅のHPでは、
「私たちが日舞を始めたわけ」「紅の会活動報告」で教室に通う生徒さんの声を紹介。

きつけのテクニックなどプロが教える秘密や、
和に関する話題の情報も沢山掲載しています。

ぜひご覧になってくださいね。  
Posted by odori at 04:40Comments(1)TrackBack(0)お知らせ

2004年11月09日

日本舞踊の資格〜日舞のお師匠さんになるには

ca0f199f.jpg「日舞をはじめよう」シリーズ7回目。
お稽古場の探し方からお稽古に必要なもの、その心構えなど
お送りしてまいりましたが、今回が最終回です。



日舞には「名取り」「師範」という資格があります。
流派によってもその名称は多少異なる事があります(「準師範」など)

この資格を取るには
  続きを読む

2004年10月28日

日舞のお月謝から資格をとるまで

7d61538c.jpg日本舞踊が「敷居が高い」といわれている理由は「お金がかかるというイメージ」
からくるのではないでしょうか。

でも、イメージとは裏腹に「月謝」だけをとるとそんなに高いお月謝
ではないような気がします。

月謝の金額は、  続きを読む

2004年10月21日

日本舞踊の発表会やおさらい会のあれこれ

d8ab1b11.jpg●その6 日頃の成果を発表しよう〜発表会やおさらい会

他の習い事のほとんどにあるように、おどりにも日頃の稽古の成果の
集大成としての発表会があります。

師匠の姿を常に見ながら踊る日々の稽古ではどうしても
師匠に頼りがちですが、観客の前で実際に衣装とかつらをつけ
  続きを読む

2004年10月15日

お稽古に最低限必要なもの

e8a820e2.jpg日本舞踊のおけいこをはじめるに当たって、
最低限必要なものは次のようなものです。

  続きを読む

2004年10月07日

おけいこの時間や回数



+おけいこの回数+

昔は日舞だけでなく和裁など他の習い事も、
毎日や一日おきとおけいこの回数がとても
多かったようですが、現代では習う生徒の
生活も多様化していますので、週に1回〜2回、
月に4回〜8回というおけいこ回数がほとんどです。

遠方から出稽古に通う先生の場合は...  続きを読む

2004年09月29日

おけいこ場探しの方法

76eb73c9.jpg当たり前の事かもしれませんが、おけいこ場探しでもっとも大切な事は、
よい師匠を見つける事です。

そしてよい師匠に出会うには...  続きを読む

2004年09月23日

なぜ日舞をはじめるの?きっかけと動機

ef4ebe99.jpgなんでもすぺてのものが、一通り西洋化されてしまった今。
日本古来の伝統文化に目を向け直す方が多くなりました。

「古い」「敷居が高そう」と思われがちな日本舞踊も、おりからの和風ブームのあおりをうけてか、改めて一つの習い事として見直されつつあるようです。

瀧紅のサイトにきた見学やおけいこ内容などのお問い合わせメールによると、  続きを読む

2004年09月22日

和カフェへ行こう

abad00ce.jpg「かさぎや」

福岡県太宰府天満宮のお土産ショップ通りにある「かさぎや」。

和風小物やさんのレジの奥の方にまるで隠れ家のように、そのカフェはあります。

  続きを読む
Posted by odori at 14:09Comments(0)TrackBack(0)