いま日本は大変貧しい社会になりました。

非常に貧しい社会です。

いま日本の給与。中央値の給与というのは360万円。

今回の武漢肺炎で今年の平均値中央値共にさらにさらに下がるでしょう。

この状況の時に、無駄金を使う、どんどん使う。

こんな政府は有ってはならないはずなんです。

 

 そしてもう一つ、パチンコ規制。

これを訴えております。

今この日本に於いて、違法ギャンブル。パチンコです。

このパチンコによって日本は多大な損害を受けております。

毎年毎年3000人の人が首をつっているわけです。

更にですけども、この3000人以外にも、統計を取り始めてから現在まで60名以上の幼い子供たちが命を失っております。

夏のこのくそ暑い時に車の中に放り込まれて、そしてそのまま蒸し焼きにされた子どもたちです。

一人でもこういった子供が出れば大騒ぎをするはずの左翼と呼ばれている存在。

しかし誰も騒がないんです。

そして今回の武漢肺炎で、自粛ポリスというのも出てきました。

その自粛ポリス、誰もパチンコ屋に行きません。

おかしいですよね、パチンコ屋が自粛要請が出ている中でちんちんじゃらじゃら朝から晩までやっているときに

自粛ポリスと言われている連中は誰もパチンコ屋に抗議に行かない。

これが今の日本です。

あまりにも愚かしい。だからこそこのパチンコ屋という物を止めなければいけない。

何としてもこれを止めなければいけない。

そのように桜井は考えております。

さいごになりますが、今の日本、そして日本人、なぜこのような事になったのか。

強さが無いんです。

いまね、多くの人が同じことを思っているはずなんです。

多くの人たちは、自分はもっと強くなりたいと。

世の不条理に対しどんどん声を上げていきたい。

そう思ってません?

であれば声を上げなさい。

あなたたちは何でもできるんです。

15年前、行動する保守を立ち上げたときは何もありませんでした。

何もない中で我々は必至で戦って着ましたそしてこの運動を築き、行動する保守運動を完成させ、

更に昇華するかたちで日本第一党というのを作ったんです。

みなさん、国民が一人一人強くあること。

それが国家が強くなること。

そしてそれこそがストロングじゃぱん!なんです。

最期になります。

最期に皆さんにメッセージを送りたいと思います。

心強くありなさい。誰よりも誰よりも心強くありなさい。

以上、ありがとうございました。