先日、1月7日に行われたアメリカ村CLAPPER「Her get 新年会 2020」にて、男肉がダンス初めを終えました。

登場し、「我々は男肉duSoleilです!」と叫びながら、令和二年早々起こり続ける事件を糾弾する男肉たち。

a







しかし、新年早々社会派なことを叫んでも切ないだけだと気づいた男肉たちは結局のところ踊り狂うことを決意する。

globeの名曲LOVE AGAIN
倖田來未のマストソングであるキューティーハニー
そして男肉の代名詞「ディスタンス」のトランスリミックス

を3曲ぶっ続けて踊り狂う男肉たち

f






g






h






しかし、そこに現れて、皆を叱り飛ばす団長。

「オーストラリアの火事でコアラの三分の一が死滅したというのに、何を踊っている!!!」

e







結局のところ信仰の心が世界を救うという結論になり、無宗教な男たちが信仰について歌い舞い踊る。

一曲目、宗教ゴーアヘッド
b






二曲目、さよなら宗教
d






色んな新興宗教について歌いながら、世界を一つにした男肉たち。
パフォーマンス終了後は、他のバンドでギターを弾いていたアメリカ人と政治について語りながらこの日は終わっていきました。

ライブハウスでしか観れないセットリストになっているので、もしも暇があったらやって来てみるといい。そこにはきっと、真実があるから。