いつも頭は真っ白で、目の前は常に真っ暗。

いっそ朱に交わることで戯れに、朱の鳥になどなれるものなら。

焔のように煌々と、一寸先くらいはせめて、照らし出せるだろうか。

何をしてみたところでどうせ、闇は闇にすぎないのだとしたら。

闇と闇が合わさってむしろ光にみえる。みえろ。みえない。みえれ。

よみがえれ。いやだ。ぼくはよみにはかえらないよ。

そのかわり、よみちをかえります、ひとりで。ああ、みちがえたね、きみ。



ごきげんよう、みなさま。私です。


オフホワイトメガタワー。略してオフメガ。

ボクらの七日間ホスピタル戦争も忘れないようにしよう、覚えていよう。

オフメガだけではあまりにも白くて巨大な塔ばかりがそびえてしまうからかな?

だからごった煮にして、予備弾薬ありったけをぶち込むみたいに戦い、争うのかな?

七日間というバトルフィールドにみんな、何を願うって言うんだろう?

最新のゲーム、お金、顕微鏡、ラジコンカー、、、?

交わした約束、解けてしまった指先、失くした思い出、、、?


大長編の稽古は緩やかに激しく進んでいきます。


いつもは団長の口伝により、

その場その場でシーンが形成されていくのが男肉スタイルなのですが。

この度は試みとして、はじまりより台本ありきで、

オフメガは構築されて行きます。

ふふ、この感じ。頼もしいやら、末恐ろしいやら。


テキストがある、という点では大長編『リア王』も同じように見受けられますが、

あれは何より、古典を男肉でやってやるって! の気持ちなので、

オフメガとは似て非なるものですね。戦い方が異なります。武装も、思想も。


あらかじめ記述された大長編に立ち向かっていく工程は限りなく骨です。

その骨子をデコードして髄まで身体にリロードを繰り返します果てしなく。

装填します相転移します、その手につかむのは希望か絶望か、もう何も怖くない。

ガンコンを画面外に向けてトリガーを引きますか?

その画面とやらは何処にあるのです? ヒビを、入れますね。

稽古場で過ごした、あの日々を。ありったけ、好きなだけ、持って行くといいよ。



大長編特設サイトもとうに立ち上がっておりますからして。

http://oniku-du-soleil.boy.jp/project/white_tower/

グイグイ、ガンガン、作品が形成されていく勢いとBPMは増すばかりです。

オフメガをどうぞよろしくね。仲良くしてね。


ほら、よく言うでしょ? 「人よ、塔に登れ」って。

オフメガは、君の心でもう目覚めはじめている


私、男肉エクササイズが強く、硬く、気になります。

はやく更新されないかな、わくわく。




終わり。