June 17, 2024

小さな国際交流

皆様、こんにちは
暑い日が続きますね。今日は、私が体験した小さな国際交流の話をしたいと思います。

確か、昨年のゴールデンウィークのことです。
私は名探偵コナン好きの娘に付き合って、池袋のイベント会場へ行きました
朝から並んで撮影会の整理券をゲットして、撮影時間に会場に戻ると、子供だけではなく、若い女性や大人で長蛇の列になっていました。名探偵コナンに詳しくない私は、正直驚きました
撮影開始はまだかな、と待ち侘びていたその時、後ろの女性が娘に「Do you speak English?」と話かけてきました。驚いた娘は私に助けを求めてきて、私はその女性とお話しをしました。

話を進めると、流暢な英語を話すその方は、タイ出身で、なんとflight attendant(客室乗務員)として、お仕事で日本に来た合間に、このイベントを知って駆けつけたそうです
そして、撮影方法で少し困ったことがあり、英語を話せる人を探していたそうです。

私達は、好きなキャラクターの話などで、しばらく盛り上がりました。
そして、無事に撮影を終えた彼女は、英語が通じる人がいて助かった、ととても喜んでくれて
何度も感謝の言葉を述べてくれましたが、
こちらこそ、思いがけない場所で、小さな国際交流をすることができて、退屈な待ち時間も楽しい時間へと変わり、とても良い時間を過ごすことが出来ました

それにしても、日本のアニメ、すごいですね!今では世界の至るところで日本のアニメが人気で、
こうやって日本を訪ねてきてくれる外国人の方がいる事は、日本人として、なんだかとても誇らしいですよね。皆さんも、自分の好きなアニメのこと、英語で説明したらどんな風に説明できるだろう?と考えてみると、とても楽しいと思いますよ

さて、もうすぐ梅雨がやってきますが、どうぞご自愛ください

Hiroko



oes01 at 13:12|PermalinkComments(0)

June 12, 2024

季節を感じる心

みなさんこんにちは

前回私がブログを更新したのは3月であり、「みなさんが明るい春を迎えられるように願っています」と書き記していました。この頃は暑い日が続き、夏の気配が近づいてきています。みなさん新しい生活にも慣れてきたところでしょうか

気象庁によると「今年の夏も全国的に高温となる見込み」と発表しています。またあの暑い夏がやってくるのか〜と思うと憂鬱ですが...。

よく食べて水分補給し、十分な熱中症対策をしながら元気に夏を乗り越えましょうね

その前に梅雨がやってくるはずなのですが、今年の梅雨入りは例年よりも遅いようです。どうやら6月20日頃まで夏日が続き、梅雨入りはそれからになりそうな様子...

OES太田校のロビーも梅雨仕様に模様替えしました。
お隣のおうちの方に素敵な紫陽花をいただき、雰囲気抜群


AB9AF1D9-833E-4A2D-9AC8-DB7D99DF6DEE_1_201_a

71499FC5-4EF9-4205-B875-A4FF8A73F9E3_1_105_c


6月といえば「衣替え」。
四季がある日本ならではの行事といえますね。これは6月1日を目安に冬服から夏服へと替える風習です。なぜ一斉に衣替えをするようになったのでしょうか。

衣替えは、平安時代に中国から伝わった習わしです。宮中行事として、年に2回、衣を替えるようになりました。当初は「更衣(こうい)」といいましたが、「更衣」という言葉が女官の役職名に用いられるようになったため、「衣更え(衣替え)」と呼ばれるようになりました。

江戸時代になると着物の種類が増え、気候に合わせて年に4回の衣替えが武家社会で定められ、庶民にも広がっていきました。やがて明治時代に洋服が取り入れられると、役人や軍人などが制服を着るようになり、暦も新暦に変わったため、夏服と冬服を年に2回替えるようになりました。

この衣替えの意識が学校や家庭にも浸透し、現在に至っています。

夏は暑く、冬は寒く、春や秋の存在が薄れてしまっている近年ですが、日本に古来から続いている季節ごとの行事や、その季節の草花から感じられる風情を大切にしていくことで、日本の心を忘れないで後世に語り継いでいきたいですね

アメリカを例に取ると、
イースター🥚、ハロウィーン🎃、クリスマス🎄が
三大行事として挙げられると思います。

どんな歴史や文化の背景があってこれらの行事が行われているのか知っていますか

それらをよく知り、学んだ上で参加できたら、
もっと理解が進んで楽しく参加できるかもしれませんね

Emiko
oes01 at 17:29|PermalinkComments(0)

June 06, 2024

Fantasy Springs Open!

待ちに待った東京ディズニーシーの新テーマポート「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」が6月6日にオープンしましたこれはディズニー映画をテーマとした3つのエリアと「ファンタジースプリングスホテル」で構成されています。私は縁あってオープン前に体験できたのですが、アトラクションはさることながら、エリア一帯がまさにファンタジーの世界でした。細部にこだわりや遊び心が見られ、何度でも行きたくなるような夢のような場所です
ただ、これを作り上げるまでには相当の尽力があったようです。
ある番組でこの夢のような世界がどのように生まれたかを紹介しているのを観ました。
ウォルト・ディズニー・カンパニーと東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが手を取り、何十年もの構想を経て、ようやく完成したのです。ここに至るまでには多くの困難があり、それを両者が協力して一つ一つ乗り越えていったようです。
何かを成し遂げるには相当の努力が必要で、時には投げ出したくなることもあると思います。そんな時は、未来の姿(ディズニーで言えば完成形)を想像し、1ミリでも未来に繋がる自分であろうとするのが大事なのかなと思います。また、ウォルト・ディズニー・カンパニーとオリエンタルランドのように、仲間の協力も大きな力になるかもしれません。今大変な思いをしても、きっと明るい未来に繋がることを信じて、今日の自分を大切にできたらいいですね

Mari
oes01 at 14:26|PermalinkComments(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索