September 16, 2021

Don't worry. Be happy!

皆様こんにちは
朝晩の涼しい風が心地よく、日に日に秋を感じる今日この頃。
いかがお過ごしでしょうか?

さて今回は最近読んだ本のご紹介から。
51ebxPYmZ9L._SX338_BO1,204,203,200_

タイトルが気になってあまり内容も分からず手に取ったのですが、読み終えた時、
‘’お〜共感出来る!!‘’ と。

いつでも誰とでも繋がれてしまう世の中になって、生きづらさを感じている人も多いのかな。
人生っていろいろある。
嫌な人もいるし、理不尽な人もいる。



でも相手の言葉に傷ついて悩んでいても

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。
(読んだ時笑ってしまった)

相手はパフェを食べて楽しめるくらい気にしてないかも。
悩んだ分、相手も気にするわけじゃないんだよな。



負の感情でエネルギー使うのってとても疲れちゃう。
その気持ちを他の誰かに与えないように、自分は優しい言葉をかけてあげられる人になろう!
とか学びに繋がっていくのなら、悩んだり落ち込んだりするのも悪くないけど。
自分を責めたり、相手を恨んだりっていう感情に流れてしまうとなんの得にもならないと思うんです。

私の場合は嫌なことがあると、しばらく考えますが、そのうちなぜかすっかり忘れてしまいます。
言われた嫌なセリフとかも割と早めに思い出せなくなります。なんでだろう?単に忘れっぽいだけ?
家ではポケ〜としている時間が結構あるらしく、家族から
「何考えてるの?」って聞かれます。
何も考えていません笑
無(ム)です笑

そんな私ですが、もし誰かの言葉に傷ついた時は、パフェ食べて幸せそうな顔しているかもしれない相手を思い浮かべて、自分も何か美味しいものでも食べて、代わりに素敵な人や物で頭をいっぱいにしよう!って思いました。

最後にコロナ禍で不安や心配が多いこのご時世に、私の好きなこの言葉を

Don't worry,be happy!
心配ないさ!楽しくいこう!

たいがいのことは、なんとかなるもんだよ〜

Yumi

oes01 at 14:37コメント(0) 

September 13, 2021

次の英検まで約1ヶ月!

Hello.。゚+.(・∀・)゚+.゚みなさん、
季節の変わり目ですが体調崩されていませんか?
エアコン要らずの日も増えましたが暑い日もまだありますので水分補給をお忘れなくお元気にお過ごしください

さて、次の英検10/10(日)まであと1ヶ月程となりました!
現時点の実力を知るために過去問や予想問題を1回分解いてみましょう弱点パートの強化&必要勉強量の目安にしてください。
過去問は英検HPに掲載されています
https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/

クラスや英検対策講座で学習したことは時間が経たないうちにしっかり復習しておきましょう

試験本番では時間内に解くスピードや時間配分も大切です
残り約1ヶ月たくさん問題を解いて慣れてくださいね。

そして、3級以上を受験するみなさん
合格の鍵と言っても過言ではないライティングの練習もしっかりしておきましょう

残り約1ヶ月合格に向けて精一杯がんばってください
私たち講師も全力で指導いたします

英検の勉強をもっとOESでしたい!という方は、英検対策講座やプチプライベートをご利用ください OESに通っていない方も受講いただけます。満員枠も増えていますが空きがある枠もまだございますのでお問い合わせください。
太田校(総合受付) 0276-47-0671

英検一次対策講座 ポスター 秋
英検一次対策講座(1枠4名定員)スケジュール
https://www.oes1.jp/wp/?p=4263

プチプライベート ポスター 202109より 振替OK 日本人講師枠も.pages
プチプライベート(1対1)スケジュール
https://www.oes1.jp/wp/?cat=9

皆様の健闘を祈っています
それではまた。See you next time
Yukiko

oes01 at 10:30コメント(0) 

September 03, 2021

文字の獲得は光の獲得でした

 「文字の獲得は光の獲得でした」という言葉が耳から離れない。

目が見えず両手がないその人の言葉。
文字と光がどのように獲得できたのか。

ボォーッと両手でお菓子を貪りながら、たまたまテレビから聞こえてきた言葉。

そこから私は阿保のように口を開けただただ画面を見続けた。
30年にわたって教壇に立った藤野高明さん。

彼は小学2年生の時、不発爆弾の事故で両目の視力と両手を失った。一緒にいた弟は即死だったという。

7歳で怪我をして20歳まで学校へ行ってなかったという。
光を当たり前のように享受していた少年が闇の中で何を考え何を希望にしていたのだろうか。
ご両親やたくさんいる兄弟や友達との関係、遊ぶことや勉強からも遠ざかりそこからどうやって人生のオールを漕ぎ出したのか。

私がたまたま目にしたのは、障害のある人やともに歩む人の手記のコンクール「NHK福祉賞」だった。
藤野さんの手記は「人と時代に恵まれて」というタイトルで2002年に最優秀賞を受賞された人でした。

手記には藤野さんの暗黒の13年間とその後の唇で文字を読むという凄まじい努力と学ぶことへの渇望、周囲の人たちへの感謝が綴られたものでした。
1973年の34歳で正教諭として採用され2002年まで大阪市立盲学校で教鞭を取っていたそうです。

この手記の内容はとても残酷な心無い人たちの言葉や子供時代にからかわれた笑えないエピソードなどがあるにもかかわらず、周囲への感謝と愛ある言葉で溢れていました。

ある人のふとした言葉で心が軽くなったり前向きになれたり、またその逆もありますよね。
まるで生きてるみたいです。

言葉を生業としているとふと、そんな事を考えてしまいます。

 9月になったとたん、夏が影を潜めそろそろバトンタッチかなという雨が降り出します。
芸術の秋、食欲の秋、読書の秋、皆さんはどんな秋を過ごされますか?

私はスケッチブックと色鉛筆を買いました。
秋色に染まるスイーツをモチーフに色々描いてみたいです。
問題は、長く観察できずに食べちゃうこと。
食べるべきか描くべきか、それが問題だ。
と、シェイクスピア風にいいながらいつでも食欲が勝つのです。

Junko






oes01 at 09:46コメント(0) 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

oes01

QRコード
QRコード
ギャラリー
  • Don't worry. Be happy!
  • 次の英検まで約1ヶ月!
  • 次の英検まで約1ヶ月!
  • えいごフルコース受講者特典開始
  • えいごフルコース受講者特典開始
  • えいごフルコース受講者特典開始
  • ライブドアブログ