↓↓ Twitter、各サイトもぜひ!!





▼▽▼▽
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽


 レジデンストラックの誓約書についてのお問い合わせ、ご質問が増えています。


 >>レジデンストラックの誓約書

 
 今日は、こちらについて取りまとめます。


■そもそも、レジデンストラックとは?



 2020年は、「新型コロナウィルス」が猛威を振るっています。日本も3月以降、海外から日本にやってくる外国人の出入国を制限しました。これは、実は、僕たち行政書士(特に、入管法の実務を行う方)にとっても、ローキック、ないしボディブローのようなジワジワとした悪い効果を発揮しました。

 出入国在留管理局に、外国人の在留資格を申請し、在留資格認定証明書などをとりつけたとしても、「そもそも日本に入国できない」のですから、大変です。おそらく、外国人ご本人も動きようがないうえに、雇い入れた企業側(人事部)も、採用計画が狂ってしまいます。そして、僕のような行政書士も、業務を完全に終えられないという中途半端な現状になっていました。

 個人的には、外国人の入国は、慎重であるべきだと思います。
 これは、外国人がどうこうというよりも、まずは日本国内の感染者数を減らす、日本人の医療現場、国民の生活をサポートすることこそが第一義にすべきことであり、その土壌がないまま、外国人を入れても、感染経路が増えるだけだからです。

 しかし、2020年10月より、日本政府は、制限付きの入国緩和に舵をきりました。


■ 国際的な人の往来再開に向けた段階的取り組み



 日本、世界各国、コロナウィルスは怖い。でも、これ以上、経済を遅滞させるわけにはいかない。かといって、いきなり出入国制限を解除することはできない。さぁ、どうするか、ということで、段階的措置をとったわけです。

 「ビジネス上、必要な人材等の出入国について例外的な枠を設置」ということです。具体的には、ビジネストラック、レジデンストラックがありますが、前者は少々厳しい条件をクリアした人が自宅待機期間中も限定的にビジネス可能なスキーム、後者は入国・帰国後の14日間の自宅待機を維持するもので、主に長期滞在者用といわれています。当面、多くはレジデンストラックの活用になりそうです。

 対象国・地域としては、ベトナム、タイ、豪州、ニュージーランド、台湾など感染状況が落ち着いている国・地域と協議・調整を開始しています。実は、中国もこのなかに入っています。

 このように、原則としては自由に出入国はできないけれども、一定制限のかかった状況ではあるものの日本にくることができるというもので、レジデンストラックを利用して日本にくる場合には、誓約書・質問票の提出が必要なうえ、出国前72時間以内に検査を受け取得した検査証明を入国時に提出しなければいけません。

 冒頭にリンクを貼ったレジデンストラックの誓約書は、まさに、この誓約書です。特に、多い質問は、訪日目的です。たとえば、いわゆる就労ビザの王道格、「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で、レジデンストラックにより入国しようとする場合の訪日目的、つまり、今日本にくる「緊急性」と「必要不可欠な理由」を説明しなければいけないのですが、これがまた難しい。

 当事務所でも、外務省や在留支援センターと何度も電話により聞き取りをしたものの、具体的にこうというものはありません。「よくあるお問い合わせ」の中でも、いくつかこの誓約書に関する回答が公表されていますが、未だ具体的になったとはいいがたく、この目的・理由が審査でとこまで影響するのかも、明確ではありません。

 ただ、少なくとも、「新型コロナウイルスの影響により、採用計画に大きな支障をきたしていること」、「担当業務の量の増加」、「申請人以外に、人材を補充していないこと」、など、いわば「人材不足」を前提とした理由は、しっかり書いておいた方がよさそうです。ただ、「人材不足のため」のように簡略的に記載してしまうと、ニュアンスが違って伝わってしまうかもしれませんね。

 実は、この誓約書、最後に受入責任者として、企業・団体名・部署名などを記載しなければいけません。自分たちが採用した外国人については、しっかり受入責任として防疫措置の対応をしようというものですが、たとえば、この採用した外国人の奥さん(在留資格でいえば、家族滞在)の場合にも、この受け入れ機関は、空欄ではいけません。しかも、当面の間は、同伴家族はレジデンストラックの対象として想定されていないということです。

 その意味では、個人的には、この誓約書も何だかなぁと思うところが少なくないのですが、やはり、新型コロナウイルス特有の事情がそこにはありそうです。

 なかなかこういったレジデンストラックの誓約書などを見る機会はなさそうなので、記事にしてみました。




▼▼ 各リンク先もよろしくお願いします♪♪ ▼▼▼



picture_pc_b1b4b9b7170c3609b6a2d43d73fc74f2
▲ 入管法に関する記事が中心です。(不定期)

picture_pc_a9cb39422df9cb517fdea95bfa409cd8
▲ 入管実務に関する動画が中心です。(不定期)