露出度の多い季節、サンドレスの後ろ姿、背中の美しさも目指したい。
しかし、最近、うっとりするほどの背中を持った女性が少なくなりました。

スマホ首や猫背で、せっかくの背中のあいたサンドレスも台無しです。

 

洋服を美しくきこなすために、何よりもキレイな姿勢と歩き方が必要です。

姿勢を正して歩けば、身長は2~3㎝は高く見えます。
ウエストは、くびれて、スタイルもよく見えるのです。
20160913_背中








 

そんな正しい歩き方を身につけてみませんか?

たかが歩き方、されど歩き方、実は奥が深いのです。

あなたの歩き方、大丈夫?
キレイ塾告知20170823



 
駅に張ってあるポスターを見て、あまりの美しさに足が止まりました。
それは、大地真央さんの明治座での舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」の宣伝用ポスターでした。
えび紫の着物を着てこちらを振り返ってた、そのまなざしの先には何が・・・?
色っぽくミステリアスなその表情、美しく完璧なメイク。
久しぶりに感動するキレイなポスターでした。

「キレイ塾」を主催して、キレイとは何かということを常に追求しています。
大地真央さんは、そんな私にとって、大きな興味の対象です。
60歳を過ぎても変わらずにその美しさを保っている。
その秘訣を、誰もが知りたいと思っているに違いありません。

20170725大地真央さん写真IMG_20170726_134614
キレイな人がいつまでもキレイでいられるとは限りません。
キレイでい続けるためには沢山の努力や秘訣があるに違いません。
そのキレイの秘訣が知りたくて、明治座の舞台を見に来ていました。

その舞台は、予想どおり大地真央さんのキレイを存分に楽しめる舞台でした。
いつまでもキレイでいられる人の共通点は、「あきらめていないこと!」ではないかしら?
そしてキレイな人がキレイでなくなるときは…どんなとき?
顔の表情には心が表れ、心の闇が、ゆがみが、キレイでない表情をつくります。

曇りなく、屈託のない、ゆがみのない若々しい彼女の表情は、ファンを魅了していました。

「やっぱりキレイな人を見ているのは楽しい!」と
一緒にいった母と私はうなずきました。




↑このページのトップヘ