キレイ塾プレ体験

来週9月12日に行われますスペシャルイベント「キレイ塾プレ体験」のご案内です。

街行く人々を見ていると、正しい歩き方ができている方はごくわずか。
日本人の姿勢の乱れは進んでいます。
40歳以上の方で正しい歩き方ができている方は残念ながら1割もいません。
日本人は猫背になりやすいのですが、猫背は万病のもとで、
最近では認知症やうつ病との関連も医学的に研究されています。

この機会に、ぜひ、ご自身の今の姿勢と歩き方をチェックしませんか?
12日は4名スペシャリストによる、お話しと簡単なトレーニング指導を行います。

田口直人先生
足指スペシャリスト、身体の土台である足の健康をチェック。
外反母趾をはじめ、タコ、魚の目など歩き方から生じるトラブルの解消方法を
お話しいただき、足指体操をご指導いただきます。

柴田有紀子先生
骨盤周りのトレーニング指導のスペシャリスト。
正しい姿勢、歩き方のポイントは「骨盤を立てること」
骨盤まわりを柔らかくして、骨盤底筋を鍛えることで、骨盤を正しい位置にもどします。
骨盤底筋トレーニングをご指導いただきます。

田邊大吾先生
全身の骨格、筋肉から本来の身体の自然な動きに戻すスペシャリスト!
まず、ご自身の悪い癖を知り、生活習慣の中で改善する方法をご指導いただきます。

宇佐美恵子
ウォーキング指導のスペシャリスト。
正しい「姿勢」と「歩き方」が貴方に何をもたらすかをお話いたします。
ウォーキングチェックをして、ご自身の歩き方を映像で確認します。

盛りだくさんの2時間!
まだお席はあります。ぜひご参加を!
男性も参加もOKです。
キレイ塾ブログからご予約してください。

未来のあなたの「キレイ」と「健康」をつくるのは今のあなた!

パソコンを開くと、ネット上に魅力的な誘い文句の広告が入ってきます。
特に美容系の広告は、読み始めるときりがなく、
読者の使用後の感想などが興味深く、ついつい読んでしまいます。
一度読んだ広告は、パソコンを開けるたびに、
何度も出てきて購入を促します。
「上手ね、近頃の広告は!」と思いながらも
その誘惑にまけそうになる私!

ネット広告でもご案内が来ていた商品が、
新聞の折り込みのチラシに入ってきました。
夏の紫外線を浴びて、乾燥とタルミが気になって私に、
タイミングよく、「お肌のタルミ回復するドリンク剤」を
特別お試し価格50%OFFで、というご案内。
今、テレビCMでも盛んに宣伝している
サントリーのリニューアルした「リフタージュ」
ネーミングがすごいと前々から思っていた商品です。

「あなたのキレイは立て直される」というコピーは女心を揺さぶります。
さらに、お肌の「底上げ」「引き上げ」「弾み上げ」という言葉が
私の胸にぐぐっと、つき刺さりました。
「言葉の力ってすごい!」と感心しながら、即購入!

年齢とともに、お肌の手入れは、外からだけでは不十分と感じる今日この頃。
やはり体の中からも気をつけたいと、栄養バランスには気をつけていますが
なかなかピンポイントでお肌に良い成分を取るのは難しい・・・。
だから、サプリメントや栄養ドリンクが必要になりますね。

お試し期間、10日間飲んでみて、まだリフトアップしている感じはないけれど、
うるおいは感じます。
良くできたもので、10本目が飲み終わる前に、
次の契約へのご案内が、電話と葉書できました。
化粧品やサプリメントは、1か月は飲んでみなければ分からないというのが私の持論です。
ですから、もちろん追加注文。
広告の誘惑に負けても
「キレイ」になれれば良いかと思う、女心でした!



「お痩せになった?」と最近良く聞かれますが、
トレーニングで骨格と筋肉のつけ方を変えたことで、
痩せて見えるようです。

今まで、その時々に、話題のトレーニング法に挑戦して身体を鍛えてきました。
40代中ごろから50代にかけて週に3日はスポーツクラブに通い、
筋トレ、水泳とかなりハードなトレーニングを積んで、
筋肉隆々としたマッチョな肉体でした。
加圧トレーニングにも凝りました。
筋肉量が増え、体重も増加!
その頃のお友人に会うと
「お痩せになった?」と聞かれます。
今の体重は20代の前半と同じです。

ここ10年は昔のようなハードトレーニングはしていません。
「美★姿勢キレイ塾」で2週間に1度、
おもに体幹を鍛えるトレーニングを行い、
家ではストレッチとスクワットを毎日、少しずつ。

試行錯誤の結論は、ある年齢になったら
トレーニングのやりすぎは禁物です。
やりすぎるとやつれて見えます。
キレイになるためには休養が必要!

良く食べ、良く寝て、時々、効果的なトレーニングです!!!
そして太らない一番の秘訣は正しい姿勢で日々過ごすことです。

未来のあなたのキレイは、今のあなたがつくる!

_DSC1225

↑このページのトップヘ