いつまでも若く見られたいと思いませんか?
私の目標はマイナス10歳、若く見えること!
肉体を若く保つということは勿論ですが、
ちょっとした装いを工夫することによって、
若く見せるコツがあります。

まずはヘアスタイル。
年齢が高くなればなるほど、
ヘアスタイルが若々しく見せるための
最重要ポイントになります。

ポイントは髪のボリュームをアップすることです。
試しに、ご自分のお写真をコピーして
それに髪の毛を足して描いてみて下さい。
特に前頭部に髪を足して、高さをだすと、
若返ってみえませんか?

でも写真にでしたら描けるけれど…
実際にはどうしたらよいの?
増毛するの?
それもあるかもしれません。
今は簡単に増毛することができるようですが、
まだ、私は試したことありません。

一般的には髪の根本にだけにパーマをかけて
髪の立ちあがりにボリュームをだします。
全体にパーマをかけなくても
モヒカンラインにだけかけてもでも効果大!。

でも、私のお勧めは、部分ウィッグをつける方法。
最近は、頭の上に載せて簡単に止められる、
部分ウイッグがあります。
小さなものでも髪がボリュームアップして、
一瞬にして10歳は若く見えます。

フルウィッグもおすすめです。
私が重宝しているのは
ウィッグを普段のヘアスタイルと同じように
カットしたもの。
普段の私のヘアスタイルとほとんど変わらないので、
違和感なし。
旅先でヘアスタイルが決まらないとき、
白髪染めが気になるときなど、
帽子感覚でつけます。
もちろん実際の髪よりウィッグのほうが
ボリュームがあるので、若く見えます。

そうそう、フルウィッグをかぶる前に
髪を小さくまとめてネットをかぶります。
ネットをかぶると顔の皮膚が引っ張られ、
顔全体が上がって見えるという
若見せ効果もあります。

いろいろな方法はありますが
髪のボリュームをアップすることが
若見せテクニック
です。



昔は、豊かすぎるハリのある黒髪で苦労しました。
ハリがあり多すぎる髪はスタイルを作るのが大変!
プロのヘアスタイリストですら苦労してました。

こんなはずではなかったわ!
気になり出したのは60代半ば。
髪が細くなりハリやコシがなくなり、
思うようにスタイルが決まらないのです。
できるだけ髪に負担をかけないように、
ショートカットにしているものの、
それでも年々ボリュームが少なくなってきました。

悩みは尽きないけれど、
今は、服が似合うことを意識して、ヘアスタイルを決めています。
季節によって微妙に長さもスタイルも変えて。
冬になると襟足を短くします。
ハイネックを着る機会が多くなりますし、
コートの襟を立てたりしますから、1641222317232-0 (2)
中途半端の長さの襟足は邪魔になります。
時には、襟足をタートルネックのなかに入れたりもします。

夏になると襟ぐりの大きな服を着るので、
アクセサリーをつけなくても首回りが寂しくならないように
少し襟足を伸ばします。
襟足があることで、露出が生々しくみえません。
ほんの数センチでも印象が全然ちがいます。

自分からは見えない横から後ろからの姿に気を使ってみると、
おしゃれがワンランクアップします。


IMG_20210127_160915IMG_20210826_170147IMG_20210407_180517

新春を迎え、
皆様のご健康とご多幸を
お祈りいたします。

皆さまは、どのような新年をむかえられましたか?

今年は、久しぶりに母と水入らずのお正月を迎えられました。
年末になると体調を崩していた母、
今年は元気で、入院することなく、家で過ごすことができました。
静かで平和な時が流れてます。
コロナ禍、普通に何もなく過ごせることが何より。

今年は、私も70歳になる節目の年、
健康に留意して、
いつまでも若々しくいるように心がけます。
皆さまよろしくお願い致します。


↑このページのトップヘ