2016年01月

プロに教わる健康的な歩き方20160103靴アドバイス

最初は姿勢のチェックと足の形のチェックから始まりました。
姿勢や足の形を写真に撮り、また足のサイズを正確に計測してから、診断です。
それから外反母趾を治す足指体操の指導などしていただきました。
モデル時代、足に合わない高いヒールの靴を履いてファッションショーなどで酷使した足は、外反母趾で指は曲がり、浮き指になっています。足の形は立っている時に人差し指に親指が重なるようにくっついてしまいます。特に左足の親指はねじれて人差し指に寄りかかっているような状態です。そしてアーチが崩れたせいか、足の幅が広くなり、昔のハイヒールはきつくて履けません。
多くの方が外反母趾の症状が進むと5本の指が開きにくいのですが、私の場合、長年、足の指のジャンケン体操をしていたためか、5本の指はしっかり開きます。
先生の診断によると、5本指ソックスを履いて正しい靴を選んでウォーキングをすれば、5本指がしっかり開けるので、案外早く、正しい元の足の形に戻るかもしれないというので、早速5本指ソックスを履き、歩き始めました。
浮き指の私は足指を十分に使えていないので、地面をけり返す力が弱いのです。
5本指靴下は、5本の指が無理にくっつかないように、また5本の指がしっかり地面を蹴り返す力をつけるためのサポートとして有効なのです。
最近は、5本指ソックスが健康のために良いということで話題になっておりますが、スポーツの選手の間ではすでにパフォーマンスの向上のために履いている方も多いようです。
確かに5本指ソックスを履いて歩くと、地面をしっかりとらえることができるように感じます。私の場合、足の指の力がしっかりつくまで、最初は小股で歩くことをすすめられました。
その結果、1か月ほどして診断していただくと、足の形が少し変わっていました。
確かに、右足は親指と人差し指にすき間ができてきました。
症状のひどい左足は、人差し指に寄りかかっていた指は地面についてきましたが、まだ、人差し指にくっついた状態です。
もう少ししたらこちらの指も変わってくるでしょうか?
そして何より変わったのが、冷え性の私が、寒がらなくなったのです。
散歩しているときなど、5本の指をしっかり意識して歩くと、体がホカホカ熱くなります。
1か月ほどの間に体の変化が感じられ、ますますウォーキングが楽しみです!
・・・・続く・・・・


 

   20160101
   2016

        あけましておめでとうございます。


   私の家族を紹介します。
   愛犬チャッピー3歳の女の子です。
   人間が大好き、子供大好きです。
   お茶目で、いたずら大好きですが、少々気が強いのはママ似かな?
   20160101ちゃっぴー
    ちゃっぴー共々、今年もよろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ