2016年07月

今年の夏に着たいコーディネート

パンツ派の私は最近めったにスカートを履きません。

特に夏になると活躍するのが白いパンツで、これは何本も必要になります。

ただし、白は汚れるので、家で洗濯可能なものを中心に、そろえています。

 

パンツ

白パンツも形や素材によって使い分けています。

・エレガントなストラネスのストレートパンツ≪ドイツで購入したものだが、素材がジョーゼットで歩くとエレガントに揺れる。パーティーにも使える≫

・コットンのワイドなラルフローレンのパンツ。

B’のパンツ3本。ストレート、フレアー、クロップド、素材はそれぞれ違うが、ストレッチが効いているので動きやすく、毎日のように、はいている。

・ジャガート柄の地模様のある8分丈のZARAのパンツ

 

白以外にリゾート用に柄のパンツ、ラルフローレンの麻の濃紺のワイドなパンツ、仕事に履くサマーウールのST.JHONの茶、紺のパンツ、9本がこの夏、私が着まわすパンツです。

着回し術3 

トップは、この暑さですから、涼しいおしゃれTシャツのようなものを中心にコーディネート。

今年のお気に入りは黒のトップ。フレアーが入っているデザインで、風が入り、涼しげ。

 

普段の生活では最近は、ジャケット着用場面はほとんどなくて、カジュアルでも崩れすぎていければ問題ありません。ですからオシャレなTシャツ着回し術2をアクセサリーでエレガントにして、大人の女性の雰囲気を大切に!

着回し術1

お気に入りの服

 

好きな季節は夏!

夏になると、小麦色に焼けた肌にサンドレスとお決まりだった昭和のころ、私は青春を謳歌していました。
背中の開いたサンドレスにキレイに小麦色に焼けた肌は、私の青春時代の夏のお決まりコーディネートでした!

今の若い人は日焼けをしないように気を付けていますが、私は夏が近づくと、今でも条件反射的に肌を太陽にさらしたくなります。

時は過ぎて、私のクロゼットの中は捨てられない昭和からの服がいっぱい。

20代から捨てずにいた服が一部屋を占領しています。

断捨離実行を目標に「捨てる」「あげる」ものを物色していましたが、サイズがあまり変わらないので、着れますし、流行は繰り返すので、古いものも新鮮で、有名デザイナーの服などはアンティーク価値も付いて貴重です。

ただ、背中のあいたサンドレスはサイズ的には着られるものの、さすがに年齢のいった私には似合いませんでした。ちょっとさびしい・・・・だけど、背中の開いたサンドレスはお若い方におまかせして、年相応の美しさを目指しましょう。

水素水水素水 その後

水素水の効果検証中!

私が水素水に興味をもってから9か月がたち、今、何を感じたかをご報告いたします。

まずは、88歳の母のことから。

母が水素水を飲み始めて数か月は経ちました。私が飲み始めて、良いという実感があったので、母にも勧めました。

母が、水素水を飲み始めて1週間ぐらいした時、

「大変なの!私の腸がこんなに長かったの?と思うくらい長―いのが出たの!」という報告を受けました。それもすごい量がでてびっくりしたそうです。

そして二日後、また同じ。

「私そんなに食べていないのに・・・?」と・・・確かに88歳の母は、3食はいただくものの大食ではありませんし、むしろ小食なほうだと思います。それなのにどうしてでしょう。

きっと長年たまっていた宿便が出たのでは・・・という見解で、私たちの間ではその話が終わりました。本当のところは何だったのでしょう???

今や母は水素水なしではいられないようです。 

 

私のこと。

水素水を飲み始めて、とても元気です。
なにしろ疲れにくくなりました。
代謝も良くなり、
私も母と同様、体の中から軽くなった気がします。

64歳の体は、50代のころと変わらないくらいタフです。

またご報告します。

第3回714日美姿勢&ウォーキングの第3回目のレッスン日

 

今回は、田口直人先生×田邉大吾先生のレッスンでした。

田口先生のレッスンは、まず第1回目に撮影した、各人の全身写真と足や足の指の写真を見ながら、体の癖や足指変形の原因を、個人的に診断してただきました。

姿勢の悪い原因がどこにあるか、それぞれにアドバイスしていただき、皆さま、納得したご様子でした。

それから、普段履いているスニーカーやひも靴があっているかを診断していただき、自分の足にフィットさせる履き方を指導していただきました。同じ靴でも履き方、ひもの締め方で、履き心地が変わり、足にフィットして、歩くときの安定感が増します。

姿勢改善をするためには、普段履く靴こそ大切だと実感しました。

それから、足裏アーチを回復させるトレーニングを行いました。足指をグーにする体操、なかなかきついです。ツリそうになります。

田口先生、足をグーにしたままジャンプできます。びっくり!

 

第3回1田邉先生のレッスンは、腰回り筋肉を引き締めるレッスンでした。コルセットのように腰骨を包み込む筋肉を強化するために、棒を使ったスクワットのような運動でしたが、普段使ってない部分の筋肉を鍛えているので、筋肉痛になった方も多かったようです。

腰痛改善はもちろんですが、確実にウエストが内からしまっていくはずです。


前回のトレーニングの成果をご報告します。
田邉先生が、ももの裏側からお尻の筋肉を使って歩けるようにするためのトレーニングを指導してくださいました。

この2週間で、Yさんが膝痛を感じなくなってました!

彼女は、指導されたように前屈を毎日の生活習慣のなかに組み込んで、実行したいたので、早く結果が出たのでしょうね!

 

3回目にもなると、先生の教えをしっかり実行している方は確実に体が変わりつつあります。

6か月コースは長いようですが、じっくりしっかり自分の毎日の習慣になるためには、このくらいの時間が必要です。
次回をお楽しみに!

724日、いよいよ!

「キレイ塾 100歳までパンプスを履く」講座が行われます。

いつまでもパンプスを履きたい方だけではなく、いつまでも健康な足を維持したい方に、
ぜひ聞いて頂きたいお話です。

健康は足から始まるといっても過言ではありません。その足の指が、私たちの健康を大きく
左右するという興味深いお話しです。

足指をしっかり鍛えれば、足のトラブルが解消され、健康な歩き方が手に入ります。

いつまでも健やかでキレイでいたい方、ご参加ください!

http://blog.livedoor.jp/office_usami/20160724講座.pdf

http://blog.livedoor.jp/office_usami/20160724講座申し込み.pdf

↑このページのトップヘ