ファッション

いつまでも若く見られたいと思いませんか?
私の目標はマイナス10歳、若く見えること!
肉体を若く保つということは勿論ですが、
ちょっとした装いを工夫することによって、
若く見せるコツがあります。

まずはヘアスタイル。
年齢が高くなればなるほど、
ヘアスタイルが若々しく見せるための
最重要ポイントになります。

ポイントは髪のボリュームをアップすることです。
試しに、ご自分のお写真をコピーして
それに髪の毛を足して描いてみて下さい。
特に前頭部に髪を足して、高さをだすと、
若返ってみえませんか?

でも写真にでしたら描けるけれど…
実際にはどうしたらよいの?
増毛するの?
それもあるかもしれません。
今は簡単に増毛することができるようですが、
まだ、私は試したことありません。

一般的には髪の根本にだけにパーマをかけて
髪の立ちあがりにボリュームをだします。
全体にパーマをかけなくても
モヒカンラインにだけかけてもでも効果大!。

でも、私のお勧めは、部分ウィッグをつける方法。
最近は、頭の上に載せて簡単に止められる、
部分ウイッグがあります。
小さなものでも髪がボリュームアップして、
一瞬にして10歳は若く見えます。

フルウィッグもおすすめです。
私が重宝しているのは
ウィッグを普段のヘアスタイルと同じように
カットしたもの。
普段の私のヘアスタイルとほとんど変わらないので、
違和感なし。
旅先でヘアスタイルが決まらないとき、
白髪染めが気になるときなど、
帽子感覚でつけます。
もちろん実際の髪よりウィッグのほうが
ボリュームがあるので、若く見えます。

そうそう、フルウィッグをかぶる前に
髪を小さくまとめてネットをかぶります。
ネットをかぶると顔の皮膚が引っ張られ、
顔全体が上がって見えるという
若見せ効果もあります。

いろいろな方法はありますが
髪のボリュームをアップすることが
若見せテクニック
です。



昔は、豊かすぎるハリのある黒髪で苦労しました。
ハリがあり多すぎる髪はスタイルを作るのが大変!
プロのヘアスタイリストですら苦労してました。

こんなはずではなかったわ!
気になり出したのは60代半ば。
髪が細くなりハリやコシがなくなり、
思うようにスタイルが決まらないのです。
できるだけ髪に負担をかけないように、
ショートカットにしているものの、
それでも年々ボリュームが少なくなってきました。

悩みは尽きないけれど、
今は、服が似合うことを意識して、ヘアスタイルを決めています。
季節によって微妙に長さもスタイルも変えて。
冬になると襟足を短くします。
ハイネックを着る機会が多くなりますし、
コートの襟を立てたりしますから、1641222317232-0 (2)
中途半端の長さの襟足は邪魔になります。
時には、襟足をタートルネックのなかに入れたりもします。

夏になると襟ぐりの大きな服を着るので、
アクセサリーをつけなくても首回りが寂しくならないように
少し襟足を伸ばします。
襟足があることで、露出が生々しくみえません。
ほんの数センチでも印象が全然ちがいます。

自分からは見えない横から後ろからの姿に気を使ってみると、
おしゃれがワンランクアップします。


IMG_20210127_160915IMG_20210826_170147IMG_20210407_180517

ヨーロッパの服やアクセサリーを買い付けて
輸入していたころがあります。
もう30年も前のこと。
その頃、もう、フランス、イタリーの有名ブランドは、
ほとんど日本に入っていました。
けれど、パリやミラノを訪れると、
日本に知られていないリーズナブルで素敵な服にたくさん出会え、
それを日本に紹介したいと、個人で買いつけの仕事を始めました。
大好きなパリやミラノに頻繁に行けるという下心も
大いにありましたけれど。

ミラノ郊外には、プロントモードといわれる商品を
作っているデザインルームと工場が一体になった
小さなブランドがたくさんあり、
そこを巡り、素敵な服を見つけるのは、まるで宝探しのよう!
ミラノの有名ブランドとは一味違って、
未完成だけれどキラキラとしたデザインの服に出会え、
まだ無名のデザイナーの才能にわくわくしました。

このブラウスは、そんな小さなブランドのもので
大好きで今だに愛用しています。
この歳でこんな服、どうかしら?
お気に入りのキュロットスカートとあわせて。

IMG_20210826_170159


自粛期間でたっぷりできた時間で
アクセサリーや時計の整理、お手入れをしました。

腕時計もたまには、メンテもしないと。
高級ブランドの腕時計、
メンテナンス料金、あまり高くてショック!
アクセサリーも色石が割れていたりすると、
これまた大変な金額にビックリ!

ショック!ビックリ!だけではなく、楽しめたことも!
ノベルティの時計やあまり使わなくなった時計を
洋服にあう色のベルトを選んで変身させました。
アクセサリー感覚で使えるように
白、ブルー、黄色、赤と
明るいキレイな色のベルトを選んで、
服に合わせてコーディネート!

最近は、普段時計をせず、
スマホを時計代わりにしてました。
会話の最中にスマホを見るのって失礼?
と気になっていました。
変身した腕時計をつけるようになって
気になることもスッキリしました。

うさちゃん時計


















白いデニムに合わせて白い皮バンド





コロナ禍、もやもとしてスッキリしない。
そんな気持ちをふきとばしたいのか、今年は、無性にキレイな色に魅かれる。
特に今の気分は、ビビッドなピンク。
昨年、購入してほとんど着ていなかったピンクのパンツが大活躍!
顔がきれいに見えるように、上は白を合わせる。
さらに目の覚めるよな赤の大判スカーフを組み合わせると
心も体もビビットになり、もやもやスッキリ!

202100412ファッション








20210512ファッション$ヘアースタイル

↑このページのトップヘ