2016年03月13日

2016 ビジネス留学募集―講義内容

秋に開催する留学の募集開始しました。

グローバルなビジネス界で活躍を希望する皆さんには話せる英語だけでなく、ビジネス交渉で使える英語力が必要です。基礎を理解することで経験を積むごとに上達します。

下記の英語講義の講義と共に、帰国後の就活に必要なTOEIC試験も滞在中に受験します。
また、英文会計の基礎を学びますが、USCPA受験に関してもご希望の方にはご案内します。

講義はカリフォルニア大学デービス校(California University, Davis)の教員によって指導されます。
本日は英語講義内容を紹介します。プログラムの説明はオフィスアメリカのHPで確認いただけます。

 <講義内容>
   ・Business Skills and Strategies
  国によってビジネス慣習の違いに驚かされます。握手の仕方、電話の応対、食事の席での話題などを理解することで、ビジネス環境におけるマナー、文化の違いを理解することができます。その違いを理解することを通して、国際的に通用する英語とビジネスセンスを身に付ける。

 ・Powerful Presentation
日本でも必要性が言われ始めたように、海外のビジネスではプレゼンテーション
能力は不可欠です。英語によるプレゼンテーションはやはり言葉の違いだけでなく、話の流れやアプローチの仕方は日本のものと違います。実習を含むプレゼンテーションの中からVisual Aidsの効果的な使い方、質疑応答の対応などを学ぶ。

   ・TOEIC Preparation
  日本ではTOEICの成績が企業でも重視されることから、TOEIC 受験のための対策プログラムを提供します。留学期間の最後にTOEIC試験を受けて帰国予定。(海外では通常TOEFLのスコアーが重視されるため、留学プログラムはTOEFL 対策がほとんどです。日本国内ではTOEICのスコアーのほうが重要視されることから、このプログラム用にTOEIC対策となっています。)

   ・Clear Communication
  日本語でもコミュニケーションスキルが重要とされるように、国際ビジネスにおいては「どれだけ上手く相手と会話ができるか!」と言うことが重要です。英語がペラペラ話せるというよりも、相手と上手く話が進み、良い関係を保つことが必要です。そのための会話力はもちろんですが、ビジネスで使われる語彙や単語などを身に付けると同時に、英語力を磨くための発音・イントネーションなどの練習も含まれる。

    ・Writing Skills
  USCPA試験科目の一科目Business Environment and Concepts (BEC)には“Written Communication”と呼ばれるWritingの試験が含まれます。ビジネスレターの書き方やメモの書き方を学び、練習することでWritten Communicationの対策にもなります。演習の中でフォーマットを学び、英語で書くEssayのルールなども学びます。日本語で書かれる文構成と英語で書かれた文の構成には大きな違いがあり、実際に文章を書くことでその違いを学ぶ。

US Introductory Financial Accounting
日本の簿記・会計の知識は不要です。英文会計を基礎から学ぶことで会計が初めての方は会計を理解し、既に日本の会計に精通している方はUSCPA受験勉強の基本が学べます。
**オフィスアメリカがUSCPA受験に関する情報をご案内します。

 <期待できる英語プログラムの成果>
.灰潺絅縫院璽轡腑麥呂離▲奪
英文でご自身のResume (履歴書)を作成
世界に通用するビジネスマナーやプレゼンテーションのノウハウを学ぶ
ぅ咼献優好譽拭爾筌瓮發書ける(BECのWritten Communicationにも役立つ)
TOEICスコアーのアップ
   


お問い合わせ・お申込先:
ご質問等ございましたら、遠慮なく下記メールアドレス宛にご質問ください。

個別ガイダンスをご希望の方は4月から開催致します。(事前ご予約が必要です。)
また、弊社では夏、秋からの個人留学(長期間)の提供もしています。

オフィスアメリカ (http://www.applycpa.com)
〒531-0017大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL: 06-7711-1813
FAX :06-7711-1501
E-mail: officeamerica@applycpa.com


2016年03月06日

2016年留学プログラム募集開始

2016年秋の米国留学プログラムができました。

経済のグローバル化の中で英語力を使って仕事をするために必要な力を付けるプログラムです。ビジネスに必要な英語力と就職に必要なTOEICの勉強が含まれる上に、英文会計の基礎を提供します。

そろそろ留学を検討する時期になりましたが、学期や1年間の留学はTOEFLのスコアーを上げるための勉強のことが多く、もちろん、、会話力アップのためにスピーチやディスカッションなども授業に含まれていますが。。。仕事に繋がらないことが多いです。

本プログラムにはPresentation, Business Communication, Writing (Letter, Memo, Emailなど)、英文履歴書を作成。TOEICなどに含め、英語力に必要はプラス・アルファとして英文会計を学びます。Activityには会計事務所や企業訪問が入ります。いかがでしょうか?

場所:University of California, Davis (UCD)
**学生ビザを取得
期間:9月上旬から11月上旬の予定


USCPAの勉強を考えている方、経理・会計の知識や経験を持って転職を考えている方、公認会計士の試験勉強をしたり受験をした方、税理士の勉強をした方、日本の会計の知識は不要です。将来的に英語と会計というキャリアに興味のある方にお勧めです。

USCPA試験に関する情報も提供します。約9週間のプログラムですが、ビジネスで使える英語力と会計の知識を身に着けることができ、次のステップに進むのに役立つはずです。

詳細は近日中にHPにアップしますので、楽しみにしてください。

==========================¬=
Roger CPA Review日本事務局 / ERES学歴審査日本受付

オフィスアメリカ
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
===========================


2015年06月01日

これからの留学は英語+アルファ

色々なところで”グローバル”と言う言葉が出てきます。

大学ではブローバル化する経済や社会に出ていく学生を育てる!!として、英語の授業が増えたり、英語で授業をする科目が増えたり。。。

また、交換留学のプログラムを積極的に展開する大学もますまず増加しています。

今まで以上に、英語力とそれを必要とする専門知識となる「プラス・アルファ」が求められています。

楽しく海外の生活も良い経験にはなりますが、折角の留学で自分の将来の道を見つけませんか?可能性を広げるはずの留学とすべきではないですか?

英語力アップと共に、現地で仕事の可能性が高いのは”会計学”。これからもニーズが増えるのはAccountingの知識です。

ご本人の努力が欠かせませんが、学生ビザの先に、1年間のPractical visa,そして、就労ビザと可能性は広がります。

留学経験者にとっては、ボストンフォーラムも可能性を広げてくれます。
英語に自信のある方は、東京や大阪のフォーラムも挑戦してはいかがでしょうか?

留学先で大学を卒業するのは決して安価ではありません。日本の単位を持って行っても早くても1年半。専攻やご自身の英語力次第で2年・3年とかかります。

費用と期間に制限があったとしても、夢をゲットする方法も検討可能のはずです。

オフィスアメリカの留学アドバイスでは
費用や目的、ご希望に合わせて、ご提案さえて頂きます。


==========================¬=
Roger CPA Review日本事務局 / ERES学歴審査日本受付

オフィスアメリカ
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
===========================



officeamerica at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月25日

夏から秋のカリフォルニア短期・長期留学

留学することで何を求め・期待していますか?

留学をする方が増えましたが、英語習得だけの留学では物足りません。英語を学びながら、次の目標向けて進めるようにコーディネートしませんか?
会計の勉強をしながら、USCPAに挑戦しますか?
他の資格や学位で次をけんとうしますか?
実務経験などはいかがでしょうか?

大きな投資ですが、この投資は5年後・10年後に後悔しない人生のスタートかもしれません。

ご自身の英語のレベルや将来の目標に合わせてコーディネートも可能です。ご本人に代わって、手続きも可能です。ご相談下さい。


下記は米国カリフォルニア州にある大学での一般的な英語研修+アルファです。

<大学と期間は下記から選択>
San Jose State University (SJSU) iGateway program**Silicon Valleyに接する安全な街で学生生活

プログラム名:Academic and Test Preparation (ATP)
大学・大学院へ入学・編入にも対応できる総合的な英語力UP

8月10日 〜 10月9日   (ATP 9 Weeks)
8月10日 〜 12月11日   (ATP 17 Weeks)
10月12日 〜 12月11日    (ATP 9 Weeks)
1月11日 〜 5月20日    (ATP 17 Weeks) *2016年

2.University California, Davis (UCD) Continuing and Professional Education**大学街の広大なキャンパスでの学生生活

プログラム名:
1)The Communication and Culture Program (CCP) :
アメリカの文化を学びながら会話力を身につけるためも短期プログラム
2)Intensive English Program (IEP)
大学・大学院へ入学・編入にも対応できる総合的な英語力UP

 8月7日 〜 9月4日   (CCP 4Weeks)
◆8月7日 〜 12月4日  (CCP + IEP 14Weeks)
 9月23日 〜 12月4日  (IEP 10 Weeks)
 1月5日 〜 3月17日  (IEP 10 Weeks) *2016年


**詳細のお問い合わせは下記まで。
==========================¬=
Roger CPA Review日本事務局 / ERES学歴審査日本受付

オフィスアメリカ
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
===========================


officeamerica at 03:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月26日

米国CPA Review講座”Roger CPA Review"のRoger氏来日

“Roger来日パーティー”のご案内 

Roger CPA ReviewのMr. Roger Philipp, CPA, CGMA 来日します。
パーティーを開催しますので是非ご参加ください!

Roger CPA Review講座で勉強をされたUSCPA合格された方々、現在されている方々、或いは、検討中の方々どなたでもご参加ください。

カジュアルな雰囲気で、Rogerと自由にお話いただき、出席者同士が情報交換できるなど楽しいひと時を過ごして頂きたいと考えています。Rogerの熱い講義で勉強をしている方々にもRogerと自由にお話をしていただけるチャンスです。英語でコミュニケーションは少し・・・とお考えの方、ご心配なく。必要な通訳は致します。

1人でも多くの方のご参加をお待ちしております。

 ** 今年は残念ながら、スケジュールの関係上、関西で開催できません。よろしければ東京になりますが、是非ご参加ください。

日程
東京:6月22日(日) 7:00PM〜 (約2時間の予定)

会場:アーティスト・カフェ
(東京ドームホテル43F)
https://www.tokyodome-hotels.co.jp/transportation/

■お食事代:6500円

■お申込み:ご出席ご希望の方は次へメールでご連絡ください。
request@applycpa.com;mayumi@rogercpareview.com
      *メールの中に、『,名前、∀⇒軅茵↓メールアドレス』をご記入ください。
会場の関係で事前の予約をお願い致します。



===========================
オフィスアメリカ  中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
===========================


officeamerica at 02:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USCPA受験 | USCPA勉強

2013年05月05日

Roger CPA Reviewによる日本からの受験生対象ライブ講座

Roger CPA ReviewのMr. Roger Philippが日本からの受験生に特別ライブコースを開講します。

大原学園とオフィスアメリカが募集をする米国留学プログラムです。

8週間ですが、USCPAのFARをオンラインとライブで学びながら、USCPA4科目合格のための勉強をスタートさせます。同時に、就活に必要な英語力をアップし、英文履歴書の作成、Writingのレベルアップ。
帰国前にFARとTOEICを受験します。

カリフォルニア州にあるサンノゼ州立大学(サンフランシスコから1時間余り)でビジネス英語、TOEICの勉強をしながら、RogerのFAR講座を15時間受講できます。

期間:9月18日〜11月13日(帰国)
場所:San Jose State University


昨年度のプログラムをご覧いただけます。
USCPA受験留学サイト http://studyuscpa.com

今年2013年度のプログラムは進化しました。
Rogerのライブを日本の受講生向けに初めてRogerが講義します。

ホテル滞在で自分の時間をぜいたくに使うこともできますが
ホームステイをしてカルチャーを体験することもできます。

詳細は、6月に開催される大原学園でのセミナーにご参加ください。
大阪: 6月1日と2日 (18:00〜) 富国生命ビル内 梅田校ライセンススクエア
東京: 6月8日 (14:00〜) 東京水道橋校

==========================¬=
Roger CPA Review日本事務局 / ERES日本受付

オフィスアメリカ中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://agent-mm.com/uscpamail/ 
===========================






officeamerica at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USCPA勉強 | 米国留学

2012年02月26日

5月受験でBEC合格のための Written Communication準備コース

Writing Skills for the CPA Exam(WS-CPA) 
Written Communication5月受験コースがいよいよ開講です。お申し込みは終わりましたか?5月受験に十分間に合います

サンノゼ州立大学(SJSU,SAL・iGateway)とオフィスアメリカが共同で提供するUSCPAのBECで実施されるWritten Communicationのための準備コースです。

日本のUSCPA受験生のために構成されたプログラムです
USCPAを受験するあなたがWritten Communicationでスコアーを伸ばすためのコースです。
読んで書くための講座です。聞き取れないのでは?という心配は必要ありません。
レベルが高すぎる?という心配もありません。

サンノゼ大学の講師が個別に添削・アドバイスは必ず5月の試験に成績となって戻ってきます。

今皆さんに必要なのは、BECで一点でも多く得点を上げること。
BECで合格をするために、WCのスコアーを無視できないこと、点数が必要なことです。

詳細は下記から:
http://www.applycpa.com/USCPAWriting.html
(受講生の声もご参考にしてください。)
http://igateways.sjsu.edu/Courses/Writing_Skills_for_the_CPA_Exam.html

お手続きはこちらから:
http://igateways.sjsu.edu/Apply/Apply_Now.php

開講期間:2月29日〜5月2日お問い合わせ:
オフィスアメリカへどうぞ。
officeamerica@applycpa.com


officeamerica at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月18日

ビジネスライティングコースWriting Skills for the CPA Exam(WS-CPA)

Spring Semester Sart!!  春学期生募集開始


英語でLetterを書いている方も、「これで良いのかな?外国人の英語になっていないかな?通じているかな?」と不安な気持ちもありながらLetterを出している方も少なくないと思います。このコースでカリフォルニア州立大学の英語講師から直接指導を受けることで自分の英語に自信を持って、Letter・Memoなどが書けるようになります。

USCPA受験の方はBECにおけるWritten Communicationが全体の15%を占めます。合格するには得点をあげる必要があります。ビジネス関連のTopicsの出題となることから、もちろん、USCPA受験対応ともなります


コース名:Writing Skills for the CPA Exam(WS-CPA

コース内容:サンノゼ州立大学(SJSU,SAL・iGateway)とオフィスアメリカが共同で提供するUSCPAのBECで実施されるWritten Communicationのための準備コース(オンラインコース)。

The WS-CPA program is designed to guide you in developing effective business writing skills as tested by the US CPA exam. Over a three-month period, you will progress through a series of eight online modules which focus on the organization, grammar, and vocabulary common to business writing. Each module will offer you the opportunity to review grammar structures, practice timed writing, and self-correct common errors. The curriculum and online delivery method supports an independent learner with a busy schedule.

**お仕事でメールやレターを英語で書かれる方にももちろん役立つコースです。
http://igateways.sjsu.edu/Courses/Writing_Skills_for_the_CPA_Exam.html


開講期間:2月29日〜5月2日(2012年

担当講師:監査の現場を熟知した英語教師が指導
ニューヨーク市のErnst and Young officeで4年間の監査の経験をした方がご自分の経験からコースを展開します。また、現在はサンノゼ州立大学で英語を第二外国語とする学生にWritingを指導されています。


オンライン講座内容:
Program Features
•12 hours of English instruction with a focus on business writing for the CPA exam
•Timed writing opportunities with personalized feedback from professional English instructors
•Self-paced learning for the busy student
•Diagnostic and Final assessment writing samples 
•Certificate of Completion

1.8単元のビジネス関連のトピックスで構成され、文章の構成、文法などの復習と同時に、文章の書き方を学ぶ  
2.各単元でWritingの練習(Assignment)があり、講師の添削を通しての個別指導
3.オンラインでの指導とサンノゼ大学のシステムを使用(資料あり)
4.定員:15名
5.質問対応あり
6.英語で解説を理解することに不安のある方は、オフィスアメリカがサポート致します。

費用:申込み料($100)+授業料($400) 約4万円
*お申し込みは原則、直接SJSUへカード払いとなります。詳細は後日ご案内いたします。また、他の方法をご希望の方は事前に弊社へご連絡下さい。

お申し込み・お問い合わせ:
オフィスアメリカ officeamerica@applycpa.com


予約を受けてつけております。ご希望の方は上記メールアドレスまでご連絡下さい。

ご質問等ございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

==========================
オフィスアメリカ
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://agent-mm.com/uscpamail/
===========================



2011年07月05日

英語でビジネスライティング − USCPA Written Communication 対応

ビジネスライティングコース:
Writing Skills for the CPA Exam(WS-CPA


Business Writingに自信ありますか?

USCPA勉強中の方はBECのWritten Communicationの準備に!
できたら監査法人、Big4に勤務したい方に!
合格して活躍中の方はお仕事でのWritingのために!


オフィスアメリカとサンノゼ州立大学(SAL,SJSU)がWritten CommunicationのためのWriting のコースをオンラインで提供します。(英語の講義に自信の無い方はオフィスアメリカがサポート致します。)
http://igateways.sjsu.edu/Courses/Writing_Skills_for_the_CPA_Exam.html


担当講師
監査の現場を熟知した英語教師が指導
**ニューヨーク市のErnst and Young officeで4年間の監査の経験後、現在はサンノゼ州立大学で英語を第二外国語とする学生にWritingを指導しています。この講師がご自分の経験からコースを展開します。

オンライン講座内容:
1.コース名: Writing Skills for the CPA Exam(WS-CPA)
2.期間:Fall 2011(8/3/2011 – 10/28/2011)
3.8単元のビジネス関連のトピックスで構成され、文章の構成、文法、単語などを学ぶ
  *講義+Writing 練習
4.各単元でWritingの練習(Assignment)があり、添削を通して丁寧な講師の個別指導   
  *質問対応あり
5.定員:15名
6.費用:申込み料($100)+授業料($400) 約39,000円
7.英語で解説を理解することに不安のある方は、オフィスアメリカがサポート致します。

お申し込み・お問い合わせ:
オフィスアメリカ officeamerica@applycpa.com


英語でLetterを書いている方も、「これで良いのかな?外国人の英語になっていないかな?通じているかな?」と不安な気持ちもありながらLetterを出していることは無いですか?
Nativeの大学講師に指導を受けることで自分の英語に自信が持てます。

USCPA受験の方はBECにおけるWritten Communicationが全体の15%を占めます。合格するには得点をあげる必要があります。
各単元はUSCPA関連のTopicsの出題となることから、もちろん、USCPA受験のための準備ともなります。

==========================¬=
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://agent-mm.com/uscpamail/ 
      http://www.mag2.com/m/0000274148.html
===========================


2011年06月05日

Written Communicationコース(USCPA受験)

日本に居ながらカリフォルニア州立大学の講師からBusiness Writingの指導を受けることができます。

オフィスアメリカとサンノゼ州立大学(SJSU,SAL)がWritten CommunicationのためのWriting のコースをオンラインで提供します。いよいよ募集を開始しました。

2011年からWritten CommunicationがBECのみで出題されるようになりました。3題出題され、うち2題が採点対象。(どの問題が採点対象か分かりませんから、3問とも回答する必要があります。)
このWritten Communicationが全体の採点の15%を占めます。確かに、75%で合格ですが、このWritingを試験に取り入れている理由を考えると、何も書かないで合格はなさそうです。CPAの試験目的が“実務で必要な基礎的能力を持ち合わせているかどうか?を把握する”とされています。それが理由でCBTとなってからWritten Communicationがスタートをしています。ですから、全く何も書かないで合格するのは少し厳しそうです。

また、試験時間内に3題のWritingを仕上げる練習も必要になります。そのことも考慮して、このコースでは練習問題が用意をされています。

日本の教育の英語ではCPAとしてのWritingの対応が難しいのでは無いでしょう。(確かな文法の知識と語彙があっても、書き方が微妙に違います。)また、アメリカの大学等で学んだEssayは論文を書くためのWriting。Business Writingを学ぶチャンスは殆ど無いのが現状だと思われます。

試験のため、そして、仕事を始めた時のために、専門の講師に指導をしていただき、自信を持ってWriting ができるように準備してはいかがでしょうか。CPA試験の対策とはなっていますが、Business Writingの基礎を学ぶことでお仕事でLetterを書く際の力が十分に付きます。

日本でご自分の時間帯に直接アメリカの州立大学の講師の指導を受けることができます。(Writingがメインです。解説の英語を聞きとれなくても資料があります。Listeningの勉強にもなります。)

詳細は次のようになりました。

1.コース名:Writing Skills for the CPA Exam(WS-CPA)
2.開講:San Jose State University(カリフォルニア州立大学)
      SAL(Studies in American Language)
3.期間:Fall 2011(8/3/2011 – 10/28/2011)
4.オンライン講座1)始まりと終わりの日程は決まっていますが、それ以外はご自身のペースで勉強できます。
2)8単元で構成されるビジネスライティング
   *文章の構成、文法、単語
3)各単元に講師による要点の説明(教材・練習問題あり)
4)実際に、決められた時間内で文章を書く練習(CPA試験対策のため)
  練習で書かれた文章は直接の添削されて戻ってきます。
5)各人のペースで勉強できますから、個別で質問が可能です。
   *質問対応あり
5.講師:留学生に英語を指導をされている大学の先生が担当
 (実際のビジネス経験からこのWriting のクラスを指導されます)
6.終了者には修了証書が発行されます。
7.定員:15名(ESLとビジネスの両フィールドで経験ある講師が指導をするため、対応できる学生に制限があります。)
8.費用:申込み料($100)+授業料($400)
9.お申し込み・お問い合わせ:
オフィスアメリカ officeamerica@applycpa.com


一般的に、Business Writingのコースとしても登録していただけます。
コースに関するお問い合わせ・お申し込みはオフィスアメリカです。

==========================¬=
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://agent-mm.com/uscpamail/ 
      http://www.mag2.com/m/0000274148.html
===========================




2011年06月01日

日本受験変更点

日本受験で既に変更!!!

5月2日に日本受験が発表され、手続きに関しては従来通りでNTSを受け取った後で日本受験を選択する場合は、料金が約300ドルを支払えばOK。

ただし、大きな問題点が2点
1.受験州によってはInternational Administration Programに入っていない州の受験の場合、日本受験を選択できません。受験条件の低い州は省いた!となっていましたが、受験可能な州に動きがありました。

  従来の日本の方が受験をしてきたDelawareも発表後に省かれました。
  受験州で唯一四年制大学卒業で受験できるもう一つの州New Jerseyもアッという間に受験州から省かれました。

2.4科目合格後、Informed Consentで”3年間でLicenseを取得する”という約束をすることになります。Licenseを取れなければ、リストから外れる。(受験州の合格者リストには残ります。)万が一、Licenseを取れなかったら、どのようなPenaltyがあるのか?このInformed Consentをどのように受け取るか?と言うことかと思います。

受験州を検討される場合:
単位の無い方は
1.メイン州で手続きをされると、従来通りアメリカでの受験となります。
2.日本受験のためには、単位が必要となります。
  **単位取得に色々な方法があります。メルマガで案内をしています。ご一読下さい。

日本受験のためには少なくとも12−15単位の会計が必要となります。
現時点では、従来日本の方が受験州として選択をしてきた州のうち、Alaska,New Hampshireが会計単位数が少なくて日本で受験可能な州となります。勿論、39州が受験OKですから、他も探すことはできると思います。

まだまだ海外受験に関しては変更が出てきます。必ず手続きを開始する前にご自身で確認をしてから手続きを開始して下さい。

===========================
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://agent-mm.com/uscpamail/
     http://www.mag2.com/m/0000274148.html


officeamerica at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USCPA受験 | USCPA手続き

2011年05月06日

USCPA日本受験の詳細発表!

待ちに待ったUSCPA日本試験の詳細が発表となりました。
日本受験を検討されている方は多いと思いますので、日本受験とするか従来通りアメリカ受験とするか検討にご参考にして下さい。
http://www.nasba.org/nasbaweb/NASBAWeb.nsf/intadm2?openform

日本受験を選択される方は“Consent”に同意をすることになります。7ページからなるものですが、重要な点は”全4科目合格後3年以内にLicenseを取得する“と言うものです。
4科目合格後はInternational DatabaseにLicenseを取るまでか3年間名前が記載されます。これは誰でもアクセスできるデータベースとなる予定です。
ご存じのように、License取得には実務経験の条件などが各州によって違います。受験とLicense申請とでEducation Requirementが違う州もあります。Licenseを取るために必要な条件を満たすことができるかどうか!難しいところかもしれません。
これが面倒とお考えの場合は従来通りにアメリカ受験を選択することになります。

残念ながら、当面は受験の結果が出るまでに時間がかかります
アメリカ会場を選択すると、8月受験の結果は9月末から10月初めに、10月・11月受験からは受験月の翌月に出る予定です。今後は2週間程度で出ることを目標としているそうですが、日本会場の場合、結果が出るまでに2カ月と言われています。当面は試験状況を把握のためと言うことです。合格後18カ月で4科目に合格する必要があるため、上手に受験プランを立てる必要があると思われます。

その他概要を紹介します。
1.受験開始:8月から開始。5月から申し込み手続きが可能。
    受験時期:当面は、各Windowsの受験月の最後、つまり、2月、5月、8月、11月となります。受験科目は4科目OK。

2.試験会場:Prometric Centerの予約サイトでJapanを選択すると会場の詳細が出ます。http://www.prometric.com/CPA/default.htm
*Prometricのサイトが上手く進めない場合もありますが、東京、横浜、大阪の3か所となっています。詳しい会場は上記URLでご確認ください。
*アメリカの会場のように毎日実施されている訳ではありません。

3.受験費用:追加料金(Guam 受験のSurchargeと同じとお考えください。)AUD/FAR $292.85、BEC/REG $314.80
**受験料と合わせて考えると各科目$500となります。(合計が$500とするために、従来の受験料金が変更となっていますのでお気をつけ下さい。)

4.日本受験のできる州:International Administration Programに参加をしている州にApplyをして初めて日本受験が可能となります。現時点では、Alaska, Delaware, Guam, Hawaii, New Hampshire, NY, Vermont、Washingtonなどが日本の方の受験州として検討をされている州と思います。(他にも多数参加しています。)今後変更はあると思われます。
メイン州は日本受験ができません。(Requirementの低い受験州は外したそうです。)カリフォルニアも現在は入っていませんが、将来的には入る予定とも聞いています。

5.手続き:NTS発効までは従来通りで変更はありません。
発行されたNTSを持って、International Feeを支払い、初めて受験会場の予約となります。
*NASBAにある各州のサイトにある“Test Internationally”をクリックすると手数料の支払い画面となります。カードでお支払いです。
http://www.nasba.org/nasbaweb/NASBAWeb.nsf/wpecusm?openform
その後はPrometricの予約サイトから予約をすることになります。

6.日本受験のできる方:日本のパスポートかアメリカのパスポートを持っていること。また、Residencyであること。詳細はNASBAサイトをご確認ください。
http://www.nasba.org/nasbaweb/NASBAWeb.nsf/intadm2?openform
試験の際のIDは日本国内でもパスポートの提示が必要です。(有効期限の切れている場合は、受験までに新しいものを取得が必要となります。)

主な内容をご紹介しました。オフィスアメリカの発行するメルマガで当面詳細をご案内していきます。現在、日本受験可能な州のNTSをお持ちの方は#5にある方法で追加料金をお支払いになることで8月受験が可能となります。

また、日本受験をご希望で現在の受験州がInernational Admin Statesで無い場合、受検州の変更が必要となります。その場合、現時点でお持ちの合格をTransferするか、合格されていない場合は、改めて他の州に一から手続きをすることになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://agent-mm.com/uscpamail/ 
      http://www.mag2.com/m/0000274148.html




officeamerica at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月01日

USCPAのための短期留学

USCPA短期留学−Roger CPA Reviewのライブ講義:

6月と7月で4科目受講し、受験をして帰国しましょう。

既に勉強を進める中で、一通り勉強をされている方や集中してされたい方、6月と7月の2カ月間をカリフォルニアでライブクラスを受講し、受験をして帰国しませんか?滞在期間が2か月となりますから、面倒なビザの手続きは必要ありません。

集中的にまとめて4科目を講義しますが、内容は通常のRegular Classです。集中して2カ月で勉強を終えるチャンスです。1科目から受講可能です。

1)場所:カリフォルニア州(Roger氏はサンノゼで授業をしますが、同時中継でサンフランシスコやロスアンジェルスでも受講できます。)

2)期間:6月5日から7月30日(授業は土日のみ)
**アメリカの方々に短期間で週末に勉強をして受験!と言うことでプランを組まれたものです。期間などは仕事をしながら週末に勉強をするために設定されていますが、誰でも受講可能です。

3)メリット:既に勉強を進めている方、受験前の方には復習を兼ねて確認で受講し、受験もカリフォルニアでしてから帰国。或いは、これからの方は集中して勉強・受験。
**英語力をつけることもできます。また、アメリカのCPAを目指す方々とお知り合いになるチャンスです。

4)費用:$2095 (学生は$1695)
*FAR($695) 他3科目(各$596)
**フライトや滞在先などはご自分で手配頂くことになりますが、ご希望がございましたら、手配をさせていただきますので、ご連絡下さい。

5)選択:1科目から受講できます。
6月:FAR(日曜日4回)・REG(土曜日3回)
7月:AUD(日曜日3回)・BEC(土曜日2回)

講座の詳細は下記URLでご確認ください。週末だけの講義ですが、受験をして帰国する方々には次の授業までが復習、受験のための勉強時間です。語学研修と違い、楽しい旅行などはプランされていません。7月1日から9日まではお休みです。ご自分で息抜きの観光を入れることも可能です。Rogerが直接教えているサンノゼ会場を選択されてもサンフランシスコまでは電車で1時間。気分転換は勿論あなた次第!となります。
http://www.rogercpareview.com/accelerated-review.cfm

6)お問い合わせ:興味のある方、お申し込みをされる方はOffice Americaへご連絡下さい。詳細をご案内させていただきます。
e-mail: request@applycpa.com

* Rogerの英語について行けるかどうか?ご心配な方はこちらのLive Reviewから講義内容をご覧いただけます。
http://www.rogercpareview.com/live-cpa-review/

慣れると英語力はついてきます。英語の勉強のために会計を選択することも良いかもしれません。CPAの勉強は週末だけ、英語の勉強もしたい!と言う方はオフィスアメリカのプログラムをご案内できます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000274148.html


officeamerica at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月01日

災害でUSCPA受験延期が必要な方へのNASBAの特別対応

NASBA's Candidate Care

この度の東日本の災害(地震、津波、原発)でCPA受験に影響のあった方々に対して、NASBAがNTS有効期限など考慮していただけることになりました。

今回の災害でご自身やご家族が被害にあわれ受験どころでは無い方々も少なくないと思います。或いは、勤務先の会社やお仕事に何らかの影響があり、休みを取ってアメリカへ受験に行ける状況で無い方々も決して少なくないと思います。

次のような状況が考えられるところです。
1.4・5月受験の予約をしているけれども、変更をすると手数料が発生する。
2.4・5月に受験をしなければNTSの有効期限が切れてしまうが、それどころでは無い。
3.今回のTesting Windowで受験をしなければ、合格していた科目が18カ月を過ぎ、再度受験が必要となる。けれども、受験どころではない。

Roger CPA ReviewとOffice AmericaでNASBAに検討を依頼したところ、特別対応をしていただけることになりました。

各受験者が個別にメールで連絡をすることになります。
連絡先メールアドレスは candidatecare@nasba.org です。


ご自分で状況を説明頂くことで、何らかの対応をしていただけます。メールで状況を説明すると同時にご希望を説明されることをお勧めします。また、その中には、下記の項目を分かる範囲でメール内に入れることをお勧めします。
ご自身の名前、誕生日、連絡先、メールアドレス、受検州、NTSのSection IDやPrometric Confirmation Numberと受験地など。(分かる範囲で結構です)

NASBAの対応は状況によって違ってくると思われます。

今回の災害のために、USCPA受験への影響として考えられる主な状況は上記3点ですが、それ以外でも今回の災害の影響でCPA受験に影響が出た場合、ご自身で状況を説明し、依頼をしてみてください。NASBAは喜んで対応してくださるそうです。

オフィスアメリカではご希望がありましたら、無料で対応をさせていただきます。或いは、英語で上手く状況を説明できないなどありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。問い合わせは request@applycpa.com です。

これを読まれた皆様にお願いがあります。
1人でも多くの方々にこのNASBAの“Candidate Care”のことを伝えたいと思います。お友達や同じ学校で勉強をされている方々へお伝え下さい。このメルマガを読まれていない方々やそういう環境に無い方々へもお伝えいただきたく思います。

オフィスアメリカ
中川 真由美
http://www.applycpa.com
e-mail:officeamerica@applycpa.com

officeamerica at 05:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USCPA受験 | USCPA手続き

2010年10月22日

USCPA交流会 (プチ・X’mas Party) ご案内

下記の日程でUSCPAの交流会を開催します。12月です、少しだけX’mas の気分も楽しみながら、1年間の勉強から解放されてはいかがでしょうか。

どちらの学校に在籍された・されているのは関係ありません。USCPAに興味のある方、再度勉強開始を検討中の方、既に受験を開始している方、苦戦をされている方、合格されて夢に向かって進んでいる方・・・もちろん、お友達、ご家族も。誰でもご参加下さい。Welcome、Everyone!!

タイトル:USCPA交流会 (プチ・X’mas Party)
日時:12月5日(日曜日)午後1時〜(2時間)
場所:ホテルグランヴィア大阪 http://www.granvia-osaka.jp/guide/map.html
費用:5,500円
定員:30名
お申込み・お問い合わせ:オフィスアメリカ request@applycpa.com
お申込みはオフィスアメリカへメールでご連絡下さい。
 (お名前、メールアドレスをお知らせください。)  

主催:Office America(オフィスアメリカ)
Roger CPA Review

USCPAの勉強は一人でコツコツとすることになり、周りの理解と本人の強い意志が不可欠です。どこの学校で勉強をされていても、一人で過去問に取り組み、受験会場でも"あなただけ“という自分を信じて頑張る!これが合格につながる試験です。辛いことも同じ目標を目指している仲間ですから、理解することができます。75%を超えれば全員でも合格の試験ですから、お互いに情報交換をしながら、"来年,頑張ろう!“と刺激になれば良いと思います。
勉強方法や就職活動の情報もオフィスアメリカから提供したいと考えています。
多くの方の参加をお待ちしています。

===========================
オフィスアメリカ  中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000274148.html


officeamerica at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USCPA勉強 | USCPA受験

2010年08月31日

AICPA: 2011年新画面発表!

2011年新試験で採用される画面や出題を確認できます。
Tutorial はSampleを試しましょう。

2011年から試験が新しくなることで年内に試験を終えよう!と無理をされている方々、残り2科目は来年になるけど・・・と不安に感じている方々、2011年から実施される試験のサンプルが発表となりました。

AICPAが会議で約束をした通り、新しいサンプルは日本の皆さんも心配なくインストールできます!

インストールは下記から可能です。
従来はSimulationのサンプルに入ることができませんでしたが、この新しいものから改善が加えられ、皆さんのPCで問題なく入ることができます。(試しましたので、大丈夫だと思います。)もちろん、BECのWritten Communicationのサンプルも有ります。練習をして画面に慣れてください。

http://apps.aicpa.org/CBTeSampleTest/SampleTestInstPreMet.html

関連サイトの初めから進めていきたい方はこちらからになります。

http://www.aicpa.org/BECOMEACPA/CPAEXAM/FORCANDIDATES/Pages/ForCandidates.aspx

左にあるFor Candidatesの中のTutorial and Samplesを選択して下さい。
Tutorialで新しい試験用画面の新しい機能を確認することができます。

2010年の受験を受ける方も同様に上記URLから入って2011年TutorialやSampleに入ることができます。

これをご覧になると、2011年への試験に対する不安が消えるのではないでしょうか。
AICPAの情報です、有意義に使用しましょう!

==========================¬=
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000274148.html
===========================


officeamerica at 04:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USCPA受験 | USCPA勉強

2010年08月23日

AICPA/NASBA会議(in Tokyo 7/16) No.3

メルマガを購読頂いている方々にはご紹介をしている内容となりますが、ブログで改めて紹介をします。

先月の会議から1カ月が過ぎるとあの会議の時の新鮮さとワクワク感が薄らいできたようにも感じます。ただ、日本受験に向けて着々と準備がされているのは間違いありません。

最近のお問い合わせに"2011年の日本で受験”を前提にプランを決められている方が増えてきましたので、考え方として紹介をします。(個人の意見です、ご参考として検討ください。)

日本での試験に関しては2011年まだ様子を見ながら進めていくこともあることから、当初は試験結果の発表もアメリカで受験する場合と比べると時間がかかるようです

各学校も日本で受験開始に向けて宣伝やプログラムも進んでいるようですが、日本での受験を待つ理由は、渡航のために仕事を休まなければならない!ということを避けることが大きなメリットになりますが、それ以外は殆ど変わらないと思います。

日本国内での受験では、渡航費が必要ないですが、国内の4か所しか受験できません。また、Surchargeが発生します。今と同様に、高価な投資となります。

出題方法や受験資格などが日本の方に向けて特別に変更となるわけではありません。4科目合格までには18カ月という期間が限られていることも変わりません。

繰り返しになりますが、日本で受験ができるからUSCPAの勉強をされる方、そのつもりで準備を始めている方が決して少なくないようですが、
1.従来と変わるのは仕事を長期間休まないでも受験ができるということです。
2.渡航費に変わるサーチャージがあります(金額は紹介されていませんが)、受験料以外の出費が無くなるわけではありません。

日本で試験が受けられるから受験を検討するのでなく、“USCPAが今後世界的に認められる資格として発展することを考えて、頑張って合格をする!ことを目指し、勉強。受験の準備ができたときに、手続きをした結果、受験会場の選択にアメリカまで行くのか、日本で受験をするのか選択をする”という流れで考える方が良いのではないでしょうか?

お持ちの英語力を生かした世界的に活躍のできる仕事となると思われますUSCPAに挑戦をしてみませんか!


==========================?=
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000274148.html
===========================

2010年08月01日

AICPA /NASBA 会議(In Tokyo 7/16) No.2

日本での受験が実施されるのを待つ必要は無いと思います!

各学校が様々な情報を出しているようですので、結構皆さん内容を把握されていると思いますが、簡単にまとめてみました。日本で受験ができるからと言って、何も試験自体は変わりません。たとえ、受験者数が増えることがあっても、合格75%というものは変わりません。振り回されずにご自分の計画通り受験を進めましょう。

日本での試験実施に関して:
1.理由:海外からの受験者が増えたことと、大きな理由は“グローバルエコノミー”。

2.日程:確定していないが、早くて提供する方向で契約等が進んでいる。
*1月2月の受験は無いようです。

3.試験会場:東京(2)、横浜(1)、大阪(1)と計4か所
試験月:当初は動きを見るために各Windowのうち1か月、受験科目は1科目の予定(アメリカで受験するように、4科目全てを2カ月間で提供するには状況の把握ができてから。)どの科目が受験できるかその月ごとに事前に指定があるようです。詳細はこれからです。

4.受験者の条件:その一つとして、観光ビザの方は受験できない。また、日本人か日本に住むアメリカ人の受験が原則として可能となる予定。(詳細を詰めていくことと思います。)

5.手続き
1)受験州を選択・申し込み(従来と同様)
2)試験会場として、日本国内を選択
  *現在のグアムのように追加料金がかかる予定(金額未定)

6.合格後の対応
1)“International”で受験すると合格者はInternationalのリストに載る
2)3年以内にライセンスをとる。(各州のライセンス取得条件を満たすこと)
  *取れない場合、合格者リストから削除。ただし、合格者としてのスコアーが消えることはない。

*USCPAとしてのレベルを維持するために、現在のように合格者が簡単にLicenseを取得したり、名刺に書けるような状況をなくすため。

従来と考え方は変わりません。次の点が少し違う認識となります。
1)合格後に3年間は合格者のリストが作成され、誰でも確認できるようになること。
2)3年以内にLicenseを取得するための条件を満たすことができなければ、合格者リストから削除されます。ただし、合格!という結果は永久に残ります。ですから、現状と変わりません。現状と同様に合格者としての証明は受験州に依頼をすれば入手できます。

つまり、USCPA受験者で会計の専門家として、本格的に会計士等を目指す方々は実務経験をつけて堂々と名刺に“USCPA”と書けるということですが、実務経験の無く合格だけで”USCPA”と名乗ることはできない!ということを明確にすることです。

可能性は別として、International CPA License Holdersということになります。10年後、20年後には素晴らしい資格として発展することと思います、また、そうなるのもこれから受験をされる皆様次第と思います。

==========================¬=
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000274148.html
===========================





officeamerica at 01:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USCPA受験 | USCPA資格

2010年07月18日

AICPA /NASBA 会議(In Tokyo 7/16)

AICPA / NASBA会議:
金曜日に会議がありました。やっと日本での受験が開始となります。(2011年の新しく変更となり試験以上に盛り上がった議題でした。)

AICPAやNASBAの代表が日本の全USCPAを提供している学校を集めて会議をしたのはこれが初めてです。また、日本国内の学校の代表が集まったこと自体も初めてということです。

日本で試験を実施することになる場合の関係者が集まった!という感じでした。中川もRoger CPA Reveiwのスタッフとともに出席しました。Rogerのプログラムを使っていただいている大原学園ともに。各学校の温度差などを肌で感じ、大変有意義な会議でした。

何月何日にスタートとできるまでの100%準備ができている訳ではありません。ただ、間違いなく受験ができるようになります。また、USCPAの試験・資格としての位置づけが明確になってくるように感じます。

勉強をされている方々は今まで通り勉強をされたので間違いはありません。日本で受験ができることが理由で試験が何らかの変更をするわけではありません。

詳細は、今週(7/23)発行のメルマガで整理をしてご紹介させていただきます。

===========================
オフィスアメリカ  中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000274148.html
===========================

officeamerica at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)USCPA資格 | USCPA受験

2010年05月19日

“Rogerと語る立食パーティー”のご案内 


2011年1月からUSCPAの試験が一部変わります。
Mr. Roger Philipp, CPAが最新の情報を持って来日します。


Rogerはカリフォルニアを中心に“Roger CPA Review”を展開していることから、AICPAの会議にもちろん出席をされています。現在公表できる最新情報を皆様にご紹介します。Rogerのプログラムを勉強されている方はもちろん、どなたでも参加下さい

カジュアルな雰囲気で、Rogerと自由にお話いただき、出席者同士が情報交換するなど楽しいひと時を過ごして頂きたいと考えています。Rogerの熱い講義で勉強をしている方々もRogerと自由にお話をしていただけるチャンスです。英語でコミュニケーションは少し・・・とお考えの方、ご心配なく。必要な通訳は致します。

内容:皆さんの興味のある下記の内容をお話いただきながらの立食パーティー
1.2011年のUSCPA試験と勉強方法
2.IFRSとUSGAAPに関して
3.アメリカでのIFRSなど


会場:
■ 大阪:6月7日(月) 7時〜
     ホテルグランヴィア大阪 (JR大阪駅すぐ)
     http://www.granvia-osaka.jp/guide/map.html

■ 東京:6月9日(水) 7時〜
     第一ホテルアネックス (新橋駅から3分)
     http://www.hankyu-hotel.com/cgi-bin2/cms2/access.cgi?hid=06dhannex

お食事代:6,000円

お申込み方法:ご出席ご希望の方は次へメールでご連絡ください。
  request@applycpa.com
      *メールの中に、お名前、ご希望会場、連絡先やメールアドレスをご記入ください。
      後日、詳細をお知らせ致します。
(お食事の準備のためにご出席の方の人数を把握したいと思います。)

1人でも多くの方のご参加を楽しみにしております。

===========================
オフィスアメリカ  中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000274148.html
===========================