「レオンとメリー」シリーズ
Melie_22

フランスの全国ネットTV局フランス3で2007年から放映されている、パペットアニメーションシリーズ「レオンとメリー」シリーズ(4作)。日本でもNHK BSで放映され、好評を得た。
ハチミツ売りに育てられたクマの子・レオンと森の王国の王女メリーの冒険ファンタジー。
ヨーロッパの四季を彩る祭り、中世の民間伝承やコント(短い物語、寸劇)、美しい図案をベースに現代社会に暮らすこどもを取り巻く家族関係を描く。こどもから青年へ、生みの親から育ての親へなどの“通過・移行”をテーマとした、脚本家アントワーヌ・ランショーのオリジナル企画を、こども心を大切にするアニメーション作家グランジョンがパペットで仕上げた。
エデュテイメントを得意とする、フランスのアニメーションスタジオ、Folimage(フォリマージュ)の真骨頂。

タイトルロゴ_レオン

原題:L'Hiver de Leon
英題:Leon in the Wintertime
2007年、27分、フランス/カナダ合作
フランス語(日本語吹き替え版)
立体(パペット)
Leon in Wintertime_3


◆脚本:Antoine Lanciaux (アントワーヌ・ランシヨー)/脚本開発協力:Association Beaumarchais
◆監督: Pierre-Luc Granjon(ピエールリュック・グランジョン)、Pascal le Notre(パスカル・ルノートル)
◆アートディレクター:Samuel Ribeyron、Antoine Lanciaux、Pierre-Luc Granjon
◆グラフィックス:Samuel Ribeyron
◆コンポジティング:Christophe Gautry
◆音楽、サウンドデザイン:Normand Roger(ノーマン・ロジェ)/音楽協力:Denis Chartrand TBC
◆音楽編集:Judith Gruber-Stitzer
◆録音:Serge Boivin、Jean-Paul Vialard
◆撮影監督:Sara Sponga
◆キャラクターデザイン:Pierre-Luc Granjon
◆パペット制作スーパーバイザー:Francois Cadot, Nicolas Herisson
◆パペット・アニメーター:Helene Ducrocq
◆アニメーション・スーパーバイザー:Marjolaine Parot
◆アニメーション:Chaitane Conversat、Laetitia Dupont、Francois Lignier, Francoise Grumeau、Pierre-Luc Granjon
◆ストーリーボード:Antoine Lanciaux、Pierre-Luc Granjon
◆合成・スペシャルエフェクト・スーパーバイザー:Christophe Gautry
◆タイトル制作:Christophe Gautry、Samuel Ribeyron
◆編集:Herve Guichard
◆オンライン編集:Denis Gathelier
◆プロデューサー:Emmanuel Bernard、Pascal Le Notre (Folimage)、 Marie-Josee Corbeil、Christine Cote (Subsequence)
◆共同プロデューサー:Laurence Begeot、Francois Deplanck (TPS Jeunesse)、Rene Chenier、Marc Bertrand(National Film Board of Canada)
◆制作:Folimage、TPS Teleoon、Subsequence、National Film Board of Canada/フランス、カナダ

日本語版
◆音響監督:西村朋紘
◆プロデューサー:伊藤裕美(オフィスH)
◆音響プロデューサー:福島央俐音(ウォーターオリオン)
◆音声編集エンジニア:熊倉亨(オムニバスプロモーション)
◆ビデオ編集:川元卓央(ゲンビデオワークス)
◆声の出演:松山鷹志(語り部ボニファシオ)、樋口あかり(レオン)、森樹理(メリー)、上別府仁資(オーガ、バルタザールヴィル王)、中野工(ハンニバル、レオンの父)、成田佳恵(レオンの母)、浜町知大(ヘリソン)、渡邊幸代(少年)

Leon in Wintertime_5_lac


◆あらすじ:
ヨーロッパの森では、少女を食べるという、冬の守オーガが恐れられている。ハチミツ売りの夫婦に育てられた孤児レオンはクマの正体に悩み家でする。オーガの風説を広める語り部のボニファシオがレオンを騙して見せ物にする。王女メリーはオーガ退治を試みるが、オーガに捉えられる。レオンは、吹雪の中、見せ物にされていたゾウと金のリンゴを持つハリネズミと一緒にメリーを助けに行くのだが、ボニファシオが、レオンの前に立ちふさがる・・・。
「メリーとレオン」シリーズ脚本家のプロダクションノート>>

◆受賞など:
2008年
Alliance pour l'Enfance et la Television、グランプリ(カナダ)
Senat、テレビ部門Laurier Jeunesse賞(フランス)
Gemini Award、テレビ番組部門最優秀演出賞(カナダ)
Prix ONF、最優秀アニメーション賞(カナダ)
SICAF、審査員特別賞(韓国)
他20以上の国際映画祭でノミネート

◆監督の略歴:
Pascal le Notre(パスカル・ルノートル)
img-lenotreフランスのアニメーション制作会社Folimage(フォリマージュ)の共同創立者。
ストップモーション・アニメーションのスペシャリスト。代表作に「Hilltop Hospital(マシューせんせい 〜ゆかいなヒルトップ病院〜)」、「Mon Ane(仮題 かわいいロバ)」、「レオンとメリー」シリーズなど。フォリマージュでは、テレビシリーズと短編制作部門を率いた。
2011年Foliascope(フォリスコープ)を設立し、新たなアニメーション制作の道を歩み出す。

Pierre-Luc Granjon(ピエールリュック・グランジョン)
img-granjonFolimage(フォリマージュ)の大ヒットシリーズ「Hilltop Hospital(ヒルトップホスピタル)」で39作の制作に参加。
自主企画の短編アニメーション「Petite escapade」(2001年)、「Chateau-Renault」(2002年)を監督する。カットアウト・アニメーションの「L'enfant sans bouche」(2005年)ではSan Gio Festival(2005年)の最優秀アニメーション賞受賞。「The White Wolf/Le Loup blanc」(2006年)は、SICAF(韓国)のグランプリ受賞。
「レオンとメリー」シリーズは、「冬のレオン」「春のメリー」「夏のボニファシオ」がフランス3で放映され、大好評を得る。2012年にはシリーズ完結となる「L'Automne de Pougne(秋のハリネズミ)」が完成、放映予定である。
Pierre-Luc Granjonのブログ>>

◆関連HP:
NFBのHP>> 
フォリマージュについて>>

◆クレジット、コピーライト:(c) Folimage, TPS Teletoon, Subsequence, National Film Board of Canada

タイトルロゴ_メリー

原題:Le Printemps de Melie
英題:Molly in Springtime
2009年、27分、フランス/カナダ合作
フランス語(日本語吹き替え版)
立体(パペット)



◆脚本:Antoine Lanciaux (アントワーヌ・ランシヨー)
◆監督: Pierre-Luc Granjon(ピエールリュック・グランジョン)
◆アートディレクター:Samuel Ribeyron、Antoine Lanciaux、Pierre-Luc Granjon
◆グラフィックス:Samuel Ribeyron
◆音楽:Normand Roger(ノーマン・ロジェ)、Denis Chartrand、Pierre-Yves Drapeau
◆サウンドデザイン:Normand Roger、Pierre Yves Drapeau
◆録音:Loic Burkhardt
◆撮影監督:Sara Sponga
◆キャラクターデザイン:Pierre-Luc Granjon
◆パペット制作:Francois Cadot
◆アニメーション・スーパーバイザー:Marjolaine Parot
◆アニメーション:Chaitane Conversat、Francois Lignier、Lorelei Palies、Pierre-Luc Granjon
◆ストーリーボード:Antoine Lanciaux、Pierre-Luc Granjon
◆合成・スペシャルエフェクト・スーパーバイザー:Christophe Gautry
◆タイトル制作:Izu Troin
◆編集:Herve Guichard
◆オンライン編集:Denis Gathelier
◆ディジタル映像スペシャリスト:Sue Gourley、Pierre Plouffe
◆プロデューサー: Pascal Le Notre(Folimage)、Marie-Jos?e Corbeil、Christine Cote(Divertissement Subsequence)
◆共同プロデューサー: Marc Bertrand, Rene Chenier(National Film Board of Canada), Francois Deplanck、Sophie Boe(Piwi)
◆制作:Folimage、Piwi, Divertissement Subsequence Inc.、National Film Board of Canada/フランス、カナダ

日本語吹き替え版
◆演出:有原誠治
◆プロデューサー:伊藤裕美(オフィスH)
◆制作プロデューサー:福島央俐音(ウォーターオリオン)
◆音声編集エンジニア:水本大介
◆ビデオ編集、予告編:山本達也(P mons labo)
◆声の出演:松山鷹志(語り部ボニファシオ)、樋口あかり(レオン)、森樹理(メリー)、上別府仁資(バルタザールヴィル王)、佐々木健人(ハンニバル)、高橋良吉(ヘリソン)、五十嵐浩子(メロディー)、安芸けい子(レオンの母)、府川貴範(衛兵)

Melie_09


◆あらすじ:
冬の終わりを告げる花祭りでは、ハニーケーキに入った幸運のコインを当てた少女が花の女王となり、祭りの王を指名する。王女メリーが、今年の花の女王となり、ハチミツ売りの夫婦に育てられた熊の子レオンを王にしようとする。メリーと結婚したい、語り部のボニファシオが悪巧みを図り、街の人たちや王が病気になる。メリーはハリネズミのメロディーと共に治療に必要な花を求めて旅に出る。レオン、ゾウのハンニバル、ハリネズミのヘリソンはメリーたちを助けようと、ボニファシオに立ち向かう・・・。
「メリーとレオン」シリーズ脚本家のプロダクションノート>>

◆受賞など:
2010年
Alliance pour l'Enfance et la Television、グランプリ(カナダ)
Festival de Television Banff、最優秀こどもアニメーション(カナダ)
Animateka、最優秀短編アニメーションこども審査員賞(スロベニア)
アヌシー、ブリュッセルなどの国際映画祭でノミネート多数

◆監督の略歴:
Pierre-Luc Granjon(ピエールリュック・グランジョン)
img-granjonFolimage(フォリマージュ)の大ヒットシリーズ「Hilltop Hospital(ヒルトップホスピタル)」で39作の制作に参加。
自主企画の短編アニメーション「Petite escapade」(2001年)、「Chateau-Renault」(2002年)を監督する。カットアウト・アニメーションの「L'enfant sans bouche」(2005年)ではSan Gio Festival(2005年)の最優秀アニメーション賞受賞。「The White Wolf/Le Loup blanc」(2006年)は、SICAF(韓国)のグランプリ受賞。
「レオンとメリー」シリーズは、「冬のレオン」「春のメリー」「夏のボニファシオ」がフランス3で放映され、大好評を得る。2012年にはシリーズ完結となる「L'Automne de Pougne(秋のハリネズミ)」が完成、放映予定である。
Pierre-Luc Granjonのブログ>>

◆関連HP:
FolimageのHP>>
フォリマージュについて>>

人気ブログ「海から始まる!?」で論評されています。やっぱり見る視点が鋭い。発案した脚本家アントワーヌ・ランシヨーさんと監督のピエールリュック・グランジョンさん、そしてフォリマージュの制作意図を見抜いたコメントです>>

◆絵本とDVD
「レオンとメリー」シリーズは、フランス本国で絵本が発売されています。アニメーションの世界を美しく再現した、大型本です。
冬のレオン_絵本small
春のメリー_絵本small


また、DVD「1,2,3 Leon」と「4,5,6 Melie」も発売され、フランスのこどもたちに親しまれています。
冬のレオン_DVDsmall
春のメリー_DVDsmall



◆クレジット、コピーライト:(c) Folimage, Piwi, Divertissement Subsequence Inc., National Film Board of Canada

Melie_16