団塊世代やシニアの資産運用 株優待券

団塊世代やシニアの方もやっていらっしゃる株取引、ハイリスクですが色々な楽しみもあります。株を持つと株主優待券というのが貰えるので、それを目当てに株式投資をするという個人投資家もいます。

株主優待券というのは、その株式会社の株券を所有している(その株式会社に投資して資金を提供している)ことへのお礼として贈られる様々なサービスを受けられる権利です。

年に数回というところもあれば、株主優待券がないというところもあります。株式会社の業種、取扱いサービスによって株主優待券の内容が異なる点も魅力でしょう。例えば、東京ディズニーランドでおなじみのオリエンタルランドの株主優待制度は、年二回の株主用パスポート(東京ディズニーランド、東京ディズニーシーどちらかで使える1dayパスポート)です。

日本マクドナルドホールディングス株式会社の株主優待券は、マクドナルドの優待食事券になっています。エイベックス・グループ・ホールディングス(株) の株主優待は、「a−nation」チケットの優先予約制度や割引制度、300株以上の所有で、株主限定CD、500株以上の所有で株主限定CDと株主限定DVDの進呈などです。

JAL、ANA、JRなどの交通機関の株主優待券は、国内運賃の割引券となっており、金券ショップなどでもよく取引されています。それ以外にも、地方の特産品や郵便局のふるさと小包ギフト券、デパートの商品券、図書カードなど、必ずしもその株式会社の取扱い品やサービスと関わりがない株主優待内容のところも多いです。

株主優待券のみを目的にするというのは、あまり効率のいい投資とはいえないかもしれません。でも、配当利回りが同じくらいで、その株式会社に対する信頼性も同程度なら、魅力的な株主優待券がもらえる株を購入したくなりますよね。

団塊世代やシニアの情報 株取引と株主優待券について

団塊世代の投資 株取引のリスク

団塊世代やシニアの方もよく耳にされると思いますが、株式投資はハイリスクハイリターンな投資方法といわれます。では、具体的に、株式投資のリスクとはどんなものなのでしょうか。

株式投資のリスクとして、最もわかりやすい例がライブドアの株券でしょう。人気株があっという間に紙くず同然になってしまうのですから、それだけ聞くと株式投資は怖いと思ってしまいますよね。

株式投資の最大のリスクが、こういった値下がりリスクや倒産リスクでしょう。ただ、慎重に購入する銘柄を選びさえすれば、ある程度は回避できるリスクでもあります。

また、取引の活発ではない発行数の少ない株券の場合には、流動性リスクもあるといわれています。流動性リスクとは、株券を現金化したい時になかなか現金化できず(購入希望者がいないためなど)、希望価格で売れないというリスクです。

株式投資のリスクは、キャピタルゲインだけでなく、インカムゲインである配当金にもあります。想定していたような利益が出なかったために、配当利回りが下がってしまったり、無配当で終わってしまうことも少なくありません。

それ以外のリスクとしては、信用リスクやインフレリスクなども考えた方がいいと思います。信用リスクは、株券を発行している株式会社の契約不履行により、得られるはずの利益がふいになったり、投資元本が償還されないなどのリスクです。

インフレリスクは、物価上昇率(インフレ率)が配当利回りを上回ってしまった際に発生する投資元本の目減りのことをいいます。株式投資のリスクを少しでも減らすためには、慎重に投資する銘柄を見極めることと、投資対象を分散することが大切だと思います。

それと、団塊世代やシニアの皆さんは十分お分かりだと思いますが、余剰資金の一部しか投資しないこと、また自分でしっかり勉強することなどが重要です。

団塊世代の株式投資 株取引の仕組み

団塊世代やシニアの投資 株取引

団塊世代やシニアの皆さんも同様ですが、銀行の金利がほとんどつかない昨今、余剰資金を投資によって増やしたいと考える方も少なくありません。

FX投資や不動産投資など、投資にも色々ありますが、株式投資には他の投資方法にはない魅力があるため、株式投資のみを行っている投資家も多いのです。

そこで、株式投資の仕組みについてお話していきます。まず、株式投資というのは、株式会社が発券している(実際には電子化されていますが)株券を対象とする投資方法です。

株式投資の利益の上げ方には二通りあるのですが、株券そのものの直接売買によって差益を得る(キャピタルゲイン)というのが、一般的な株式投資のイメージでしょう。
株式投資では、株券を所有することで、その株式会社からの「配当金」「株主優待」を受けるという利益の上げ方もあり、インカムゲインと呼ばれています。

株式会社は、決まった時期に決まった割合で、利益の一部を株主に対して還元することになっており、それが配当金なのです。配当利率(配当利回りと表現することも)は、その株式会社によって違います。

配当利率が高い方が投資対象として魅力的なのはいうまでもありませんが、業績が急激に悪化して利益が出ないと、配当金はもらえませんので注意が必要でしょう。株主優待は、株券を所有していることへのお礼として、その企業が取り扱っている商品やサービスなどを提供してもらえるというものです。

株主優待がない株式会社もありますし、その頻度や内容についてはそれぞれの株式会社が独自に決めています。最近では、リスクの高い株券の直接売買よりも、配当金や株主優待といった、より確実性の高い投資方法を選択する個人投資家も増えているみたいです。

団塊世代やシニアの皆さんも、興味があれば株式投資を考えてみられたらいかがでしょうか。

団塊世代の投資 株式投資

団塊世代の投資 株のインターネット取引

団塊世代の皆さんで株取引をやられている方もいらっしゃると思います。では、株初心者の方のために、株取引をするには何が必要なのか考えて見ましょう。

株取引の方法としては、証券会社に行って直接売買する店頭取引や電話によるオペレーター取り次ぎの取引もありますが、現在の主流は何といってもネットトレードです。

団塊世代の皆さんの中では、不得意な方も多いでしょうが、ネットトレードなら自宅や外出先でも手軽に株取引が行えますし、株式売買手数料が安くて済むという利点もあります。
当然ですが、ネットでの株取引にはネット環境が必要になります。

株価チャートなどを閲覧したり、証券会社が提供しているツールといったサービスを快適に使用するためには、Windows2000以降のOSを搭載したパソコンがオススメです。

それに、ブロードバンド回線は必要不可欠でしょう。安定した接続環境を維持できなければ、株取引が途中で中断してしまいます。
また、通信速度が遅いと、思い通りのタイミングで株取引ができない恐れがありますから、ネット環境の整備には細心の注意を払ってください。

証券会社に株取引口座を開設する際、併せてネット銀行の口座も開設しておくと、資金の送金に便利です。証券会社に株取引用の口座を開設し、その口座に資金を入金すれば、株取引そのものはいつでも行うことができます。

もちろん、トレードのためのツールをパソコンにダウンロードしたり、そのツールの使い方に慣れたりする手間は発生します。それに、いきなり資金を投入して株取引をするよりも、シュミレーションなどを行って株取引に慣れる努力をした方が無意味な損失を防ぐことができるでしょう。

団塊世代の皆さんも、一度株のネット取引を考えてみられたらいかがでしょう。

団塊世代の健康 血糖値を下げる薬

団塊世代の健康 高血糖

血糖値を下げる薬は、「血糖降下薬」と呼ばれています。それでは、高い血糖値を下げる薬には一体どういったものがあるのでしょう。
まず、血糖値を下げる薬の主な役割は、糖質の吸収を妨げたり、糖の代謝を促したり、インスリンの働きを高める事などです。その時々の血糖値の状況によって、使用する薬は異なりますが、大きく分けて4つの薬に分けられます。

・α−グルコシダーゼ阻害薬
グルコバイ、ボグリボース(ベイスン)薬などです。食後でなく、食前に服用する薬で、血糖降下薬の中では最も弱い薬になります。食物繊維と同じような働きがある為、糖の吸収を遅くして食後の血糖値上昇を防いでくれます。

・インスリン抵抗性改善薬
アクトス薬などです。食前か食後に、1日1回服用する薬です。直接インスリンに働きかける作用がある為、血糖値を下げる効果があります。

・スルフォニル尿素薬
アマリール、パミルコン、オイグルコン、ダイアグリコ薬などです。服用初期は1日1錠で効果が期待出来るのですが、徐々に効き目が悪くなり、量が増えていきます。脾臓に働きかけて、インスリンを分泌させる効果があります。
・ビグアナイド薬
メルビン、グリコラン、ジベトスB薬などです。最近では、あまり処方されていない薬です。食欲を減退させる為に、肥満の高血糖の場合に効果があります。
薬には副作用がつきものですので、可能であれば適度な運動と食事療法を上手に取り入れ、徐々に弱い薬へ移行出来るように努める事が大切です。

団塊世代の健康 血糖値を下げる薬
団塊世代の投資 保険
My Yahoo!に追加
アフィリエイト初心者の方へ無料配布
●初心者の方へ特別に無料配布します!
アフィリエイト現金自動回収機2007年版
アフィリエイト現金自動回収機2007年版