2007年06月17日

年金問題と、その解決策

年金問題につい話が行ってしまう。
安倍総理は歴代厚生省の大臣などの責任を問いたいようであり、まるでその態度は自民党ではない別の政党が当時の政権与党であったかのような口ぶりにさえ見える。

自民党が政権与党であったことが今回の年金問題の原因であことは間違いない。正確に言えば、1党独裁が長年続いたことが原因である。社保庁が年金をいいかげんに扱っていたことは長年にわたる実態であり、総理大臣をはじめ閣僚を擁していた与党、つまり自民党が知らないハズはない。自民党が長年にわたり、役所ともたれあっていた結果生じた問題であるとみるべきなのだ。
社保庁を慌てて解体しても再発防止にはならない。与党と霞ヶ関の政管癒着を断たなければ、同じことが役所を変えて繰り返されると断言する。

政権交代が起これば、癒着の実態が世間に明らかにされる。すると処罰されるべきものには司法の手が下る(と信じたい)。少なくとも社会的制裁は加えられるだろう。さらに司直の手による裁きや社会的制裁を間近に見れば、政権交代後の与党(それが民主党か共産党かはたまた新たな党かはわからないが)も、襟を正して政権運営にあたる努力をはじめるだろう。民主主義社会の政治は、そうすることでやっと健全化の可能性を持つ。

さて、社保庁だけが劣悪な役人で満ち満ちていたわけではない。どの役所も似たり寄ったりだ。社保庁長官だけが高額で天下りを繰り返した訳ではない。霞ヶ関の役人は全員同じことをやっている。
そもそも年金問題は、国民全員に関わる問題だったから大炎上したのだが、役人の怠慢が引き起こした問題は、薬害エイズや古くは水俣病にも見て取れる。では薬害エイズなどが今回の年金問題ほどの大問題化にならなかった理由はどこにあったのか?それは、国民の多くは被害者ではなかったからだ。しかし、今回の年金問題は、年寄りから若きフリーターまで日本全国津々浦々に被害者(被害者予備軍)が点在する。

こうしてみると、年金問題の責任は、「主犯」としては厚生省と社保庁であり、「共犯」は与党自民党である。しかしそれだけではない。その自民党を選んだ有権者もと言えるし、他人事には傍観者を決め込む多くの国民も含まれるのだ。

民主主義国家で1党独裁が何十年も続いているのは日本だけだ。(「談合も日本のお家芸だね」とはアメリカの友人の言葉だが、談合も与党が替わらなければ撲滅は難しい。)
年金問題の根本的な解決策は、与党政治家と官僚の癒着を絶つことであり、それはとりもなおさず1党独裁から脱却して、わずかでも民主主義らしい社会の健全性を育てる努力を国民一人ひとりがすることと言い換えてもいいだろう。

officekei1 at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月16日

年金問題の深遠

テレビも新聞も年金問題のニュースが連日載っている。
ところで、思い起こすに約2、3年程前、年金の「未納三兄弟」なるキャッチで、当時の大臣や福田当時官房長官までが年金を払っていなかったと大きな問題になった。政治家の年金未納問題は与野党を超えて広がり、責任を取るとの名目で要職の辞任も起こった。
ところが、昨今報道の年金問題から推測するに、実は払っていたけど社会保険庁のチョンボで記載漏れとなっていた政治家もいたのではと想像するのは私だけではないだろう。

さらに、昨今の年金問で気になるのは、名前と支払い期間が合っていれば問題ないという報道だ。名前の読み方を間違え、支払い期間を間違えるような社保庁なら、たとえ支払ったと記録にあっても、その金額が正しいかどうかに疑義を持つのが常識だ。名前と期間があっていても安心してはいけない、金額を確認しないと損をするリスクがどっこい残っている。


officekei1 at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月08日

ニート対策と「過進国-日本」

「ニート」という言葉が市民権を得て、様々なニュースや新聞で取り上げられ続けている。

「ニート」は、やる気がなく現実逃避型の若者というのが世間の一般的解釈であり、実は私もそのひとりであった。
ところで、その誤解を解いてくれる人物と先日出会った。二神能基 (ふたがみ・のうき) 氏である。NPO「ニュースタート事務局」の代表としてニート問題に長年取り組んでいる。千葉県で約100人のニートに共同生活の場を提供し、その活動は海外にも展開している。

二神氏の実体験に裏打ちされた言葉は、実に説得力のあるものだった。貧しい日本の時代に形成された、「テレビが欲しい」、「クルマを買いたい」、「マイホームを持ちたい」という物欲中心の価値観から、別の価値観の転換期に今はあるのだ。

物欲中心の「古い」価値観に立脚して「自分は正しい」という姿勢で、働かないニートを更正してあげる、と考えていては問題は解決しない。ニートは、物欲が団塊の世代より圧倒的に低く、代わりに、誰かの役に立ちたいという思いは驚くほど強いという。
二神氏の著書「希望のニート 現場からのメッセージ」(東洋経済新報社)に詳しくは書かれているが、ニートに対する自分の勝手な誤解を気づかせてくれた。

スピードを追求してきた日本の近代社会だが、二神氏は「スロー」な社会の登場に言及している。それは「スローコミュニケーション」であり「スローライフ」だ。

ノーベル賞学者の野依博士は「現在の日本は、もはや先進国(Developed country)ではなく、過進国(Over-developed country)だ」と表現して、進みすぎた過進国日本のひずみをなくしていくことが重要だと述べていた。

ニート問題の解決の先には、ひょっとすると日本を「過進国」から健全に脱出させる秘訣が隠されているのかもしれない。
希望のニート 現場からのメッセージ


officekei1 at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月06日

村上ファンドが教えるモノ

村上ファンド代表の村上氏のインサイダー疑惑は、ついに逮捕に転じた。

昨日ブログを書いた後に、村上氏が記者会見をしていたが、自分の罪を認める人間が、これほど偉そうにそしてよくしゃべる姿は、なかなか見たことがなかった。ただこれでメディアは、得意の「手のひら返し」で村上バッシングを始めるに違いない。

その一方で、村上ファンドは良い事ももたらしたことを言っておきたい。それは、株主の存在すら忘れていた無知な旧石器時代の社長達の目を開かせたことである。ここ1,2年の間に「株主価値」というメッセージを掲げるようになった企業は数多い。学習効果はあるようだ。

それに反して、学習効果のない人たちがいる。それは、手のひらを返すかの態度で村上ファンドを糾弾するマスコミだ。つまりテレビや新聞だ。また、日本で最も国際競争力のない業界がマスコミでもある。
私は、日本のメーカー出身者でアメリカ企業で活躍しているひとを何人も知っているし、日本人でハイテク開発者としてシリコンバレーで活躍しているエンジニアも少なくない。
ところが、NHK出身者でCNNにヘッドハントされたという人を聞いたことはないし、読売新聞社出身でワシントンポストに転職した人を知らない。

日本という「地方」では通用しても、「世界」には通用しないのが日本のマスコミの実力である。このレベルでは本当の「報道」などはできず、政府に操られる危険性だけが増す。
ではメディアを進化させるにはどうしたらいいのか。それは、読み手である我々が進化することである。株主が社長を成長させるように。


officekei1 at 08:41|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年06月05日

立花隆氏の予測と村上ファンド

本日のニュースでは、村上ファンドの村上世彰(よしあき)氏のインサイダー取引問題が大きく報じられている。ワールドカップサッカーの開幕までは当面、この話題でワイドショーは盛り上がるだろう。

ところで、先月に発売された立花隆氏の著書「滅びゆく国家」は、まさにニッポン放送株とホリエモンそして、村上世彰氏とのこのインサイダー関係をいち早く指摘していた。私は先週この本を買って読んで、今週になっての村上氏のインサイダー騒動だから、インパクトが強烈となった。

田中角栄のロッキード疑獄事件をスッパ抜き、イマ太閤の絶頂にあった田中角栄総理を権力の座から引きずりり下ろした立花隆氏だが、近年は政治ネタからは距離を置き、科学技術などへ興味は移っていた風だった。
著書「滅びゆく国家」は、彼がwebで連載していたものをまとめ上げたものだが、小泉首相、イラク問題などにも言及して、なかなか面白く仕上がっている。
ただ、検察はホリエモンと村上氏というオモテの役者だけの逮捕で終わるのか、それとも政治家や闇社会も含んだ、「本当の主役」にまで手をつける気があるのだろうか。今後の検察のやる気に注目したい。

officekei1 at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年10月07日

ダビンチは天才か、単なる偏屈か?

先日、六本木にレオナル・ド・ダビンチ展(http://www.leonardodavinci.jp/)を見に行った。

「レスター手稿」とよばれるダビンチの天文学的、流体工学的、航空力学的アイデアを記した手書きのオリジナルが、まことに薄暗い部屋に展示されている。

現代の科学を予見するようなダビンチのアイデアが満載なのだが、私が驚いた点は2つあった。

一つ目は、「レスター手稿」はいわゆる鏡面文字といわれる、鏡に映して初めて判読できる文字で書かれていることだ。
オリジナルを普通に読もうとしても、まったく読めない。したがって展示物のヨコに鏡が設置されている。
ダビンチは、他人から自分のアイデアを見られないようにこの鏡面文字を使ってさまざまなアイデアを書き綴っている。しかし、現物をみると、アイデアの凄さよりも、鏡面文字を使わなければいけないほど、ダビンチは世間を信用していなかったことに気づく。アイデアを出す苦労より、それを鏡面文字に書く苦労の方が大変だったのではと考えてしまう。

二つ目は、展示室の暗さだ。本当に暗い。これはレスター手稿に使った文字がイカの墨で書かれていることに起因している。強い光を当てると、このイカの墨で書かれた文字がどんどん消えていくとのことだった。するといずれはこの「レスター手稿」は白紙に戻るということか?さらに、もう日本では展示をしないだろうとのうわさも聞く。
ちなにみ、「レスター手稿」はそのとき時の権力者や大富豪が所有してきた。いまはマイクロソフトのビル・ゲイツが所有している。なるほど、大富豪だ。展示場はバブルの遺産的六本木ヒルズである。これは何かのめぐり合わせか。

さて、斬新なアイデアが泉のごとく湧き出るダビンチも、その生きた時代では決して裕福な生活を送っていたわけではない。天才は死んでからやっと認められる。
時代にない新たなものを生み出すことは、いまも、400年以上前も、同様に大変なことである。



officekei1 at 10:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月30日

数字のマジック--宝くじは当たるのか?

明日から10月。少し気が早いが、年末ジャンボ宝<じを思い出した。年末ジャンボで1億円以上が当たる宝くじ数は、約100枚とのこと。

「すごい、毎年100人も億万長者になれるんだ!」と思う人も多いでしょう。言い換えると、「100人も!」と思う人が宝くじを買うわけです。「100本もあれば、そのうちのひとつぐらいは自分に当たるだろう。。」この期待感が、多くの人を宝くじ売り場に向かわせます。
私はいまだに宝くじを買ったことがありません。それは自分の運を使い果たしてしまうようでいやだ、という理由からです。

ところで突然ですが、「あなたは、今年、交通事故で死にますか?」と聞かれたら、どう答えますか?「えっ! そんなことにはならないですよ、絶対に!」こう答える人がほとんどでしょう。このブログを読んでいる人も「自分が交通事故なんかに会うわけはない!」と強く思っているはずですし、宝くじを買う人も交通事故に会うなどとは思いません。

さて、日本は年間で約1万人近くの人が交通事故で亡くなっていたことをご存知でしょうか。近年は自動車のエアーバッグなど安全性能がアップしたおかげで、交通事故の死者数は8千人から7千人と減っては来ていますが、それでも凄い数です。

ここから数字のトリックについて話しましょう。わかりやすくするために、日本で年間1万人が交通事故で死亡するとして、一方、年末ジャンボ宝くじで1億円以上をゲットする人数は約100人。

このことは、年末ジャンボ宝くじで1億円以上をゲットする人は、1年間で交通事故で100回死んでしまうことと同じ確率であることを意味しています。こうしてみると、いかに宝くじは当たらないかが、実感出来るはずです。
多いと思っていた「100人」と言う数字が、本当はいかに低い確率でしかないか。

数字のトリックに陥らないためには、身近なものと比較することを奨めます。これを重ねていると、仕事をしていても、数字のトリックに陥らなくなります。


officekei1 at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月29日

ソニーは復活するか?---マスコミの読み方3

ソニーの赤字転落予想がマスコミで報道されている。

デジタル・ドリーム・キッズをうたい上げ、ダボス会議で議長も務めた出井氏が、業績不振の責任を取り社長を降板。ストリンガー氏が登場したが、ソニー再建は簡単ではないぞ、といった論調だ。

ところで国際的な土俵で戦っているソニーの行く末を、したり顔で論じている日本のマスコミは、残念ながら国際競争力はまったく持ち合わせてはいない。日本市場だけしか知らず、国際競争の厳しさを体験することもなく、大企業病に陥っている日本のマスコミにとやかく言われたくはないぞ、とストリンガー氏、中鉢氏は思っているに違いない。

そもそも、1980年代初頭、ベーター vs. VHS戦争といわれた家庭用ビデオの規格競争でソニーが破れたときにもマスコミはこぞって、「ソニー神話崩壊!」を連日報道し「ソニーは潰れる」と書きたてていた。当時私は、ソニーのライバル企業 松下電器でビデオ製品を開発していた。ソニーの底力をそのとき私は体験していた。

さてその後、神話崩壊とマスコミからレッテルを貼られたソニーは「8ミリビデオ」という新製品を生み出し、ビデオ市場での復活を成し遂げた。予想が外れてすみませんと言ったマスコミは、1社もなかった。

私のアメリカの友人は、「日本のマスコミは、どこも同じことしか言わない。しかも連中は勉強をしていない」と核心をついたコメントを六本木の飲み屋でビールを飲みながら述べた。
マスコミの先にある視聴者や読者は、自分自身で勉強していないと、コトの本質を見失う危険性にさらされる。さらされる危険度は、アスベストと同程度と重大に考えておくべきだ。
重要なことは、赤字になったときにこそ、企業の本質は見えてくるというである。黒字の時には隠されていた本当の姿が現れる。ソニーは今までなんども逆境を乗り越えてきた。
私は、ソニーの復活を見守りたい。


officekei1 at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)