2007年06月16日

年金問題の深遠

テレビも新聞も年金問題のニュースが連日載っている。
ところで、思い起こすに約2、3年程前、年金の「未納三兄弟」なるキャッチで、当時の大臣や福田当時官房長官までが年金を払っていなかったと大きな問題になった。政治家の年金未納問題は与野党を超えて広がり、責任を取るとの名目で要職の辞任も起こった。
ところが、昨今報道の年金問題から推測するに、実は払っていたけど社会保険庁のチョンボで記載漏れとなっていた政治家もいたのではと想像するのは私だけではないだろう。

さらに、昨今の年金問で気になるのは、名前と支払い期間が合っていれば問題ないという報道だ。名前の読み方を間違え、支払い期間を間違えるような社保庁なら、たとえ支払ったと記録にあっても、その金額が正しいかどうかに疑義を持つのが常識だ。名前と期間があっていても安心してはいけない、金額を確認しないと損をするリスクがどっこい残っている。


officekei1 at 10:17│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔