帰化申請の相談は神戸のOFFICELEEへ

帰化とは?

帰化とは有している国籍を放棄、または離脱して他国の国籍を取得することを言います。国籍とは人が特定の国家の構成員である資格ないし地位をいいます。
その国の国籍を有するものが自国人であり、そうでないものは外国人になります。
日本国籍取得の方法は色々ありますが、通常外国人の方が日本国籍を取得する場合は下記の図にある普通帰化を言います。帰化には3種類あります。

1.大帰化
2.簡易帰化
3.普通帰化←通常はこちら

特別永住者の場合は書類が簡易的にすみます。
大帰化は未だに認められた事例はありません。
大帰化とは、日本に特別の功労があるような外国人に対して認められるもので、特に要件というのはありません。 簡易帰化とはある一定の要件を満たしているが為、普通帰化の要件における居住の年数の要件や能力要件が緩和されます。


帰化申請のご相談はこちらへ
ビザ申請、在留資格はこちらへ


神戸市で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市北区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市須磨区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市垂水区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市兵庫区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市長田区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市灘区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市東灘区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市西区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市中央区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
帰化申請の許可や条件・手続きなら
帰化申請のご質問や手続きなら
帰化申請の手続きの流れ
帰化申請の必要書類
帰化申請 メリット
帰化申請 お客様の声
帰化申請の費用
行政書士事務所・プロフィール
韓国での登録や戸籍などがない場合
どうしても子供に(帰化)日本国籍を取得させたい
帰化申請後の注意点はこちら
帰化申請して許可が下りるまでの期間
帰化申請をご自身の力で
帰化と永住の違いはこちら
帰化申請の注意点はこちら
帰化申請と借金の問題はこちら
帰化申請と離婚はこちら
帰化申請の不許可はこちら
帰化申請 オーバーステイはこちら
帰化申請 財産はこちら
帰化申請 交通違反はこちら
帰化申請 氏名はこちら
帰化とは?
簡易帰化とは?
住所要件
生計要件
素行要件
能力要件はこちら
化申請 流れはこちら
帰化申請 手続きはこちら
帰化申請-在日韓国人行政書士OFFICELEE
ビザ申請-在日韓国人行政書士OFFICELEE

帰化申請必要書類

帰化許可申請書

帰化の動機書

履歴書

自宅付近の略図

外国人登録カードのコピー

外国人閉鎖原票記載事項証明書

国籍証明書 宣誓書

生計の概要

事業の概要

親族の概要

在勤・給与証明書

新旧パスポート

運転記録証明書

戸籍届出書記載事項証明書 (婚姻届・出生届等)

源泉徴収票

各種納税証明書(消費税・法人税・事業税・市県民税等)

確定申告書一式の写し

卒業証書又は卒業証明書

運転免許証のコピー

ローン返済明細書

許認可・資格等証明書

会社登記簿謄本

不動産登記簿謄本


帰化申請のご相談はこちらへ
ビザ申請、在留資格はこちらへ



神戸市で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市北区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市須磨区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市垂水区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市兵庫区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市長田区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市灘区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市東灘区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市西区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
神戸市中央区で帰化申請の手続きをお考えの方はこちら
帰化申請の許可や条件・手続きなら
帰化申請のご質問や手続きなら
帰化申請の手続きの流れ
帰化申請の必要書類
帰化申請 メリット
帰化申請 お客様の声
帰化申請の費用
行政書士事務所・プロフィール
韓国での登録や戸籍などがない場合
どうしても子供に(帰化)日本国籍を取得させたい
帰化申請後の注意点はこちら
帰化申請して許可が下りるまでの期間
帰化申請をご自身の力で
帰化と永住の違いはこちら
帰化申請の注意点はこちら
帰化申請と借金の問題はこちら
帰化申請と離婚はこちら
帰化申請の不許可はこちら
帰化申請 オーバーステイはこちら
帰化申請 財産はこちら
帰化申請 交通違反はこちら
帰化申請 氏名はこちら
帰化とは?
簡易帰化とは?
住所要件
生計要件
素行要件
能力要件はこちら
化申請 流れはこちら
帰化申請 手続きはこちら
帰化申請-在日韓国人行政書士OFFICELEE
ビザ申請-在日韓国人行政書士OFFICELEE
OFFICE LEEが選ばれる理由
相談料無料!面談でのご相談

営業時間外も土曜日、日曜日でもご相談受けます。
0120-723-567
営業時間外、土曜、日曜は携帯にお願いします。
080-4022-7577
 
お問い合わせの場合は専用フォームからどうぞ。

3カ国後に対応!英語・韓国語もOK

日本語だけでなく、韓国語、英語にも対応できますので、お気軽にご相談ください。

アフターフォローも充実 何度でも無料で再申請します!

OFFICE LEEは困っている外国人の味方です。帰化以外でも相談できることはお話しください。

全国対応の強み!日本全国どこへでも!

主な活動拠点は近畿圏ですが、おかげさまで九州の方や東京からもご依頼をいただくことが増えてきました。近畿圏以外でもお気軽にご相談ください。