2020年03月28日




こんばんは~




夕方まで外出しておりましたが雨に変わってからぐっと寒くなりましたね





明日はこの雨が雪に変わるなんてことがあるんでしょうか・・・





春の雪・・・桜とのコントラストはある意味貴重で綺麗かもしれませんね





相当な寒暖差だと思われるので皆さまご体調にはくれぐれもお気を付けください







さて本日は外壁の続きです






サイディングの中でⅠ.窯業系サイディング Ⅱ.金属系サイディング はご紹介いたしましたので






Ⅲ.樹脂系サイディング Ⅳ.木質系サイディング のお話を





まずは樹脂系サイディングですが正式には「塩化ビニール樹脂」といいまして




プラスチックに似た素材で作られておりアメリカなどの欧米諸国では大きなニーズを持っています




特徴は当該・塩害・腐食に強く燃えにくい





そして耐用年数も長いのがメリットです






半面その質感が若干チープなこと




日本ではシェアが少なく施工業者自体が少ないことが




デメリットとして挙げられるでしょうか






次に木質系サイディング





こちらは前出の3つと異なり天然の木材を使用しています




木の種類や木目の個体差




素材が生きているのでそれぞれ違う顔をのぞかせます





オリジナリティ志向の強い方にお勧めです






メリット・デメリットは表裏一体




天然の木材がゆえに水や日に弱くメンテナンスも必要です






そこで全面に貼るのではなく風雨にさらされることの少ない



玄関の一部であったりデザインのアクセントとして取り入れるご提案もしています






それだけで唯一無二のオリジナリティを創出できるので





皆さまもご一考いかがでしょうか





これで①サイディングは終わりです





次回からは②モルタルのお話をしていきましょう~






ここまでお読みいただきありがとうございました~~







officeletter at 20:00コメント(0)

2020年03月27日



皆さまこんばんは



アドバイザーのカツマタです




今日は幕間で甲府オフィス日記をお送りいたします



-------------------------------------------------------------------------------------



お題・・・魔女の宅急便といえば~・・・





ぎ「あのひとの~ママに会うために




ぎ「今、ひとり~列車に乗ったの




ぎ「たそがれせまる街並や~車の流れ~横目で追い越して~




カ「ルージュの伝言~




ぎ「魔女の宅急便~




カ「魔女宅といったら~




ぎ「ん~ニシンのパエリア





・・・職場では先輩のぎーのですが年相応なアンサーでした(笑)




笑うと元気が出ますよね





笑顔になれた方、明日も一緒に頑張りましょう





officeletter at 20:00コメント(0)

2020年03月26日




皆さまこんばんは



アドバイザーのカツマタです





今日もポカポカ日和




最近になって出勤のときは信号待ちなど遠くの景色を見ながら



心にゆとりをもって運転するようにしています(よそ見運転は危ないですよ)





いつもの通勤路も視線を上げてみれば山桜が色づいて



すぐそこまで来た春の足音を聞くことができました





自粛の流れになっているお花見宴会などのイベントはある種の非日常です・・・



非日常のイベントは全力で楽しみつつ・・・





変わらない日常の中でこそ季節の移ろいや変化を楽しめる人になりたいです






さて本日は前回の続きを





皆さまは外壁と聞くと何を思い浮かべますか??





ボクは蔵がまだ現役で使われるような田舎で育ちましたので「塗り壁」に一番なじみがあります





大まかに①サイディング②モルタル③タイル④ALC(軽量気泡コンクリートパネル)の4つに分類できます



①~④のそれぞれもまた分類できるので次回以降順次ご説明してまいります・・・





今日は①サイディングについて・・・下記のように分類できますのでⅠ.Ⅱをご説明します




Ⅰ.窯業系サイディング Ⅱ.金属系サイディング Ⅲ.樹脂系サイディング Ⅳ.木質系サイディング




Ⅰは現在の主流で色柄も豊富でデザインの選択肢が多いにもかかわらず


比較的コストを抑えられ施工が容易であることからハウスメーカーの企画住宅などに多く見られます




デメリットは①熱と水をため込みやすく防水機能が低いこと②シーリングのメンテナンスが必要なこと・・・





このデメリットを改善した機能性の高いものも出てきておりますがその分値段も高くなる傾向があります






Ⅱはそのスタイリッシュさと断熱・耐震・対凍害性に優れメンテナンスの容易さから人気を伸ばしてきており



分譲地で目を引く建物の外壁なんかにはこちらが使われていることが多い印象です





デメリットは①塩害に弱いこと②メンテナンス期間は長い(15年程度)が定期的なクリーニングが必要なこと・・・





①は潮風が当たるような地域では注意が必要ですが内陸部なら問題なさそうです



②は半年に1回ほど汚れやさびがつくのを防ぐために水洗いによるクリーニングが推奨されます






どちらがいい悪いではなく建てられる方のニーズに応じたものを選んでいただくことが大切です





生活に応じたニーズの掘り起しもアドバイザーの仕事





次回は Ⅲ.樹脂系サイディング Ⅳ.木質系サイディング についてご説明してまいります






ここまでお読みいただきありがとうございました







officeletter at 21:11コメント(0)
ギャラリー
  • 富山旅ラスト 。
  • 富山旅4 。
  • 富山旅4 。
  • 富山旅3 。
  • 富山旅3 。
  • 富山旅3 。
  • R+houseの「アトリエ建築家」
  • 京都の事
  • 富山旅2 。
  • ライブドアブログ