2006年07月30日

検索エンジン登録と相互リンクの力

なぜ検索エンジン登録、相互リンクがSEO対策に有効なのか?

検索エンジンの考え方の一つとして、たくさんのサイトから評価される
サイトは価値の高いサイトだという考え方があります。


私たちの日常でもそうですね。多くの人から推薦されている商品は、
評価が高くなりがちです。それと同じような考え方です。

そこで、SEO対策的に重要なのは、多くの人から推薦される。
つまり外部からリンクされるということなのです。


もちろん、自分のサイトがもともと有名なサイトならそのままたくさんの
サイトからリンクを張られて自然と上位表示されることでしょう。

でも実際は無名のサイトでそれは難しいことですよね。

そこで、

・様々な検索エンジンの登録
・相互リンク

という、無名のサイトでもできる作業を通して、外部からリンクを
張るようにするのです。

検索エンジンもどのページが相互リンクか、どのページが検索エンジン
かまでは現段階では判別できないようなので、非常に価値の高い戦略となります。

ただ、この方法は大分一般的に広まってきました。


そうすると、同じようなことをやる人が増えてきます。
こうなると、無差別に大量の検索エンジン登録や相互リンクをすると、
逆にスパムと判断される可能性が高くなります。

特に検索エンジンは業者などで10000件登録などのサービスがありますが、
逆効果になる可能性もあります。

みんなが同じことをやればやるほど、検索エンジンはそれを察知して、
スパムと判定する可能性が出てくるのです。

では、どうやって対策すればいいのか?

それは、自分で相互リンク先や、検索エンジンを価値のあるページのみ選んで登録することです。
そうすれば他と同じようなページ構成にはなりませんので、スパムになる可能性を低くできます。

この価値あるページを判断する基準がグーグルページランクです。

ですので、グーグルページランクのランクが高いサイトを中心的に相互リンクしていったり、
ランクが高いサイトにリンクをすることが実は一番効率的なSEO対策になるかもしれません。

『ページランクの高いサイトを勝手に探してくれるツール』
⇒ http://www.internetmarketing.jp/seopageranker/ip/



Posted by officeplando at 10:26│TrackBack(0) ■儲けのアンテナを張り巡らせておくべき重要事項 | ■儲けのアンテナを張り巡らせておくべき重要事項

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/officeplando/50645931