2011年01月18日

面接から採用まで

面接を通過すると、採用の道が開けます。

採用に至るまでは、
アルバイトでや転職活動では求人の情報を集め、
気に入った求人に応募して面接、採用という順番です。

転職先やアルバイト先を見つけるには、
採用を希望する会社の面接を受ける必要があるわけです。

ネット環境の普及に伴い、
この頃は求人情報をインターネットで集める人が増えています。

ネットには様々な情報があります。

採用されるための面接の仕方などのマニュアルや
面接に際しての注意点などの情報も多くあり大変便利になっています。

仕事を探している人が面接でどのような態度に出るべきかだけでなく、
企業側は面接ではどんなポイントを見るべきかなどの
講習もあるようです。

企業でも、どんな面接を行っていい人物を見つけ出せるかに
気を配っているわけです。

中には面接の際に面接官は応募者を緊張させないよう
気配りをするなどという内容もあります。

フィーリングで相手を見てしまわないよう、
会社の方も努力をしているのだということがわかるでしょう。

面接担当者の冷たく表面的なイメージと違います。

現在は採用側にもかなりの知識や経験が
問われる時代になってきていると言えるのではないでしょうか。

就職活動の面接では、
会社としても自社の求める条件に合う人材を採用したいと、
色々なアプローチを行っています。
  

Posted by officeplando at 02:57TrackBack(0)