2011年03月06日

不動産投資とローン

不動産投資とローンについてです。

日本経済の低迷により、
最近は超低金利の金融商品ばかりが用いられています。

中古車を購入する時のローンも
かなり金利が下がっています。

銀行などの金融機関に預金をしても、
利息はゼロに等しい状態です。

株価も不況で低迷中でもあり、
なかなか資産の運用が難しい時代になっています。

ただし、ローン融資を受ける点を考えれば低金利は嬉しい話ですので、
機会をうまく捉えたいものです。

ローンを利用した不動産投資に手をつけている人は、
不況の関係もあって増えているようです。

給料が少なく生活が厳しいサラリーマンなどは、
副業をなどをすることで会社以外の収入の道も模索しています。

まとまった資金がなければ不動産投資はできないという印象が
かつては強かったですが、近年では手持ちの資金を頭金にした
住宅ローンで不動産投資をすることも可能です。

給与所得者は収入が一定なので、
住宅ローンを組む際にはむしろ審査に通りやすいともいいます。

不動産を運用して収入を得ているため、
仕事は負担にならない程度で切り上げているという人もいるという話です。

サラリーマンの場合は、
よほどの資金がない限り不動産投資はローンなど
いわゆる借金を抱えての投資になるので、
かなりの覚悟も必要になります。

不動産投資は当然リスクもあり、
ローンの返済が滞り最悪、自己破産になる可能性もゼロではありません。

ローンを使って不動産投資をする場合、
できるだけリスクを排除できるよう情報の検討をきちんと行いましょう。
  

Posted by officeplando at 23:34TrackBack(0)