アメリカのホスティング業者でドメインを登録してから、たった1週間でスパムが送られてくる。

whois情報から新規登録ドメインを引っ張ってきて、ボットで自動的にスパムメールを送りつけるんでしょう。

油断も隙もないですな。

皆さんもドメインを新規登録する時には、極力個人情報は載せないようにしましょうね。

だけどGメールがほとんどのスパムをブロックしてくれて助かります。

eメールは弊害が多く、コミュニケーションの手段としての役目をほぼ終えつつあると言えるでしょう。

個人間の通信はSMSやラインで十分だし、ビジネスの情報共有、連絡もCRMでいいと思います。

アメリカにあるホスティングサーバーを借りてMagentoのインストールを試しましたが、どうもうまくいかない。

ちなみにホスティング業者はここです。
 
アメリカにサイトがあるとは思えないくらいアクセスが早いです。

アメリカと日本は太平洋に太い海底ケーブルが何本も引かれているからでしょうが、おそらく中国=日本間より早いです。

これぐらい早くなると、もう距離とレイテンシーは関係ないですね。

まだ英語の壁はありますが、日本のホスティング業者はアメリカと勝負するという厳しい未来が待っているでしょう。

グローバルに展開するならアメリカにサイトを置いた方がヨーロッパや中南米と近いから早い、ということになりかねません。


ところで Magento2をインストールしたところ、MySQLとPHPのバージョンが合わないと言われてうまくいきません。

仕方がないので1.9にバージョンを落として試したところ、PHP fatal errorというのが出て、パーミッションを変えたり色々試したがうまくいかない。

しょうがないので1.8に落としたところ、やっとインストール成功。

しかし 1.8は2013年なので、ちょっと古すぎるのであっさりMagentoは諦めることにしました。

次に、Opencart2.2(最新版)をインストールしたところ、いとも簡単に成功。

ということでOpencartのレスポンシブ対応テーマ(無料)を検索したのでリンクを貼っておきます。

opencart

fastcomet

pavothemes

template.net

zercarts dot com

freshdesignweb

mafiashare

Magentoの時にはわんさかあったテンプレモンスターが全然出てきませんね。

それだけOpencartの方がマイナーということでしょう。

 

色々なサイトやこのライブドアブログでも、Adobeフラッシュプレイヤーがないと一部機能が使えないのですが、色々試しましたがマックのEl Capitanにはインストールできないみたいです。

まあどうでもいいか、Youtubeは問題なく見れるし、という気にさせるのはさすがアップルとしか言いようがない。 

マックブックAirにはフラッシュプレイヤーが使えようが使えまいがそれよりさらに使用するうえでの魅力があります。

ハードとソフトが調和していて、タッチパッドやキーボード操作がスムーズ、パソコン本体が軽くて持ち運びにぴったり。

僕はケータイとタブレットはアンドロイド、メインPCはWin8.1なので、別にアップル信者ではないのですけどね。


2つ目の話題は、Gmailのto doリストが結構使いやすいという話です。

今日やるべきことを to doリストにリストアップして、やったものを線引きする。
そして自分宛にメールで送る。
完了したものは 削除し、未了のものはコメント追加。

そうすればその日の履歴が残るし、リストは常に最新の状態。

シンプルだけど以外と使えることを発見しました。

今まで手帳やらgoogleカレンダーやら色々試しましたが、最も僕に合っているかも。 

このページのトップヘ

見出し画像
×