8df6880c.jpg視覚障害者パソコン講座が、11月14日から始まっています。昨年尾西市で行ったものですが、今年は一宮市と合併したため、一宮市尾西庁舎での開催となりました。といっても、実際にレッスンを行った場所はなんとバスです。『ITバスまいるか号』といって、バスの中にパソコンがセットされているんです。しかも視覚障害者用の読み上げソフトも組み込まれ、インターネットもバッチリなんです。要するに移動パソコン教室というわけですね。(^^)
バスの中1なんといっても視力に障害のある方々ですから、パソコンに向かっていても画面は見えません。もちろん音声読み上げソフトに画面を読み上げさせるのですが、画面のイメージまではなかなか伝えてはくれません。そこで、マンツーマンでアシスタントが付き、一つずつ画面の状況を解説していきます。
バスの中2このアシスタントを主に担当してくれているのがPCマスターさんたちです。PCマスターさんは、普段使うことのない読み上げソフト「PCトーカー」や視覚障害者用メールソフト「マイメール供廚筌屮薀Ε供屮泪ぅ縫紂璽后廚鯢死で勉強して、この仕事にあたっています。



今年も筆者はアシスタントとして参加していますが、受講生さんのどなたもが熱心で本当に頭が下がる思いです。受講生の中には、受講前から「家族がパソコンはやっていても、私には永久に無縁だと思っていた。自分がパソコンを操作できるようになるなんて夢みたい」と参加できることを喜んでくださっていました。そんな方の期待に、応えてあげなくちゃ!と大きな責任も感じます。

講座は8回だけですから、操作がバッチリできるようになるということは無理だと思います。私たちのできることは微力ですが、今後視覚障害のある方でも、前向きにパソコンに取り組むきっかけになってくれるといいなと思います。

まだまだ2回が終わったばかり。講座は1月中旬まで続きます。月曜日の午後にお出かけになったら、一宮市役所尾西庁舎前をのぞいてみてください。バスが止まっていると思います。その中で私たちがパソコンのレッスンをしているのですよ。(^_^)ノ

 コメント一覧 (1)

    • 1. A
    • 2006年01月21日 00:23
    • 詳しい情報ありがとうございます。
      このHP印刷してうちの市の職員にも見せてみます。
      ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字