2006年06月17日

ラムラビアガーデン

dfe1b49a.jpgラムラビアガーデン

 イグナロのアコースティックユニットの演奏と歌です。

http://igunaro.bitter.jp/

 熱い想いを自分で感じ、自分で思い、自分で表現するお二人です。

 これから益々結晶化するために、大切と感じることを見つめることでしょう。

 期待したいお二人です。

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/ramla.html



ofuroudo at 00:04│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 小林英記   2006年06月18日 17:26
鈴木さんありがとうございます!
僕の中には鈴木さんが仰っていた、伝えたいテーマやメッセージが確実に存在しています。
それは僕が単にミュージシャンだからというまえに、僕が今日まで小林英記という1人の人間として触れ得たものを、僕が選んだ言葉や表現の仕方で、皆さんの心の奥底に問いかけてみたいのです。
まだまだこれからも、見て、聞いて、感じたものを自分自身の成長に歩みをそろえながら伝えてゆきたいと考えておりますので、また御指導、御鞭撻ほどよろしくおねがいします。
2. Posted by 温泉人(おふろうど)   2006年06月20日 20:05
小林英記さん、温泉人(おふろうど)です。
「ミュージシャンだからというまえに・・・」、そうですね、その通りと温泉人(おふろうど)も考えます。「僕が今日まで小林英記という1人の人間として触れ得たものを・・・」、この部分が小林さんの“根っこ”の部分ですね。誰にもできない、小林さんだけのオリジナル、自分の宝物です。
この部分に寄り添って、しっかりご自分の表現されてください。期待していますから・・・。
とても透明な明るさを持っている方だなあと、受け止めました。ご自分の生まれた地域、その自然と人との出会い、これからのいのちに寄り添うような価値観の変化に、素直に聞ける歌、詩を望みます。それが出来る方と思います。
楽しみにしていますから・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔