2006年08月13日

「夏なのに秋の色」

「夏なのに秋の色」

s-DSCF4292



“表現者”としてご紹介した大森政美さん(日立・田尻浜)。大森さんの作品展が、先日喫茶店ケルンにて開催されました。ご紹介します。

☆動画像(日立・田尻浜)

☆「山があって、川があって、里があって、海があって」鳥瞰図を、頼んで描いていただいた方です。

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/oomori_masami_tenzikai.html(「夏なのに秋の色」展示)

温泉人(おふろうど)は、日立・田尻浜に2ヶ月住んだことがあって、この田尻浜の気配に圧倒されながら砂浜を散歩していたのです。その折に、大森さんの愛犬ハナちゃんとともに出会い、「いたいた!ここに居た!っていう人、それが大森政美さんでした。

愛犬ハナちゃんから、鼻や口をぺろぺろされて、その様子を見ていた海辺の住民の方々から「あら〜、ハナちゃんからこんなにされて・・」って、信頼され受け入れていただいたとっても大切な出来事だったのです。

それ以来、大森さんの主催する「ふるさと歩こう会」にも参加し、日立いきいき百年塾の市民教授にも登録させていただきました。もう、すっかりここ日立・田尻浜が、温泉人(おふろうど)の心のふるさとになってしまいました。

地元の民俗学についても、いろいろ教えていただきました。近くの大田尻浜にも連れて行っていただきました。この海岸にある鵜の島温泉旅館の原田さんにも繋がりました。

オカリナの野口さん星空散歩の前田さん工坊の田坂さんなど、皆さんをご紹介する中で“表現者”のお付き合いが始まりました。

日立でのカヨさんと出会い、その人柄・行動力にも助けられ、日立シビックセンター 天球劇場でのオカリナコンサートも2回実現することができました。

これには、現在日立郷土博物館の館長をされている志田諄一さんと奥さんの力をお借りし、日立に伝わる「九穴のアワビ」伝説にまつわるお話を、オカリナの形にしたコンサートでした。

地元のオカリナの演奏活動をしている村上千代子さんとその仲間の方々との出会いも、地元に根ざしたお付き合いに発展しています。

出会いに感謝です!

 

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/50666632.html(旅の振り返り)






12efcc62






心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

 昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅



温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 10:38│Comments(5)

この記事へのコメント

1. Posted by カヨ   2006年08月13日 17:02
先ほど、大森さんがいらっしゃいました。
ハナちゃんの写真をプレゼントしてもらいました!

週明けに休みを取りました。
自分へのご褒美に・・・です。
皆さんとの出会いのおかげで、自分を見つめ直すことができました。

今日、仕事が終わったら、1人で旅にでてきます。
どこに行くのかは未定です。
自然に、気の向くままに。。です。温泉人の影響ですね(笑)
2. Posted by 温泉人(おふろうど)   2006年08月13日 17:19
温泉人(おふろうど)です。
「自分へのご褒美に・・・」ですね、いいですね。
そうそう、「自然に、気の向くままに・・・」がいいですね。
大森さんの生き方が、この作品展にも表れていて、日立の開放的な雰囲気、素朴さ、人懐っこさ感じます。
どうぞ、カヨさん大森さんコンビで、自然体の生き方の提案、表現をしていただければと期待しています。こちらの各“表現者”も合流しますから・・・。
温泉人(おふろうど)
3. Posted by ASAMI   2006年08月13日 20:35
ASAMIです。
大森さまの「夏なのに秋の色」上記のお写真で拝見しました。
素晴らしい作品でした...
その感性に、感動いたしました...
いつの日か、愛犬ハナちゃんにもお会いしたいです!!
ASAMI
4. Posted by JUNZO   2006年08月14日 20:10
大森さんの作品あたたかいですね。
自然のものに心を添えて命を吹き込んでいるように感じます。
”自然を自然に受け入れられる生き方”をされているからですね。
ハナちゃんに哀愁感じます!
井上純三
5. Posted by 大森政美   2006年08月14日 20:12
皆さん、コメント有難うございます。自然を自然に受け入れられる生き方がこの年齢(58)になって出来てきたように思います。
 車に踏み潰された松ボックリを自然的に拾い自然に、目鼻を付けて見よう、そのようにだだ思って作った物が珍しがられたこと、私自身思いもよらぬ収穫でした。自然を素材とした作品は見る人に暖かさを与えられるということに気づきました。有難うございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔