2007年05月16日

ラムラライブ・ユミカ

2a64b4de.jpgラムラライブ・ユミカ

他界した友人に宛てた“かげろう”、この曲を大切なものとして歌うユミカ、その想い、歌う意味が素直に伝わってくるのです。 有限ないのち、だから今納得できる元気な生き方したいですね。

自分の体験で感じ、伝えたい大事なもの、それを伝える生き方、これからも続けることでしょう。 パーカッション、キーボードの皆と一体感あふれる笑顔のステージが、印象的です。

これからも、大切と感じる生き方、メッセージ伝えていってほしいです。

ここラムラ区境ホールは、他にはない品格と幅広い層の人が通り掛るところに思えるのです。この場でのライブは、これからの広がりを占う大切な場と思えるのです。

コミュニティーとして育てられるアーティストこそ、新しい生き方と考えるのです。コミュニティー、“場”には、自立した市民が集うところと思えるからです。自立そして自律を・・・、やわらかく感じる場になっていくと確信するからです。

皆の、これからの発展を願っています。

 

http://www.ramla.gr.jp/event.html#green Green Field Tuesday Live

http://yaplog.jp/yumika0112/ ユミカBlog

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/ramla.html ラムラコーナー:温泉人(おふろうど)



ofuroudo at 00:05│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 旅心   2007年05月15日 21:02
どんな時も友達を思う気持ちは優しく、そして暖かいものであると思います。それを自分の言葉で表現する・・・。素晴らしいことだと思います。
2. Posted by 温泉人(おふろうど)   2007年05月17日 23:09
旅心さんは、とても温かい人ですね。まっすぐ物事を捉えられる、素晴らしい感性を持った人とコメントを通して感じます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔