2007年07月09日

紙芝居と水アメ

★紙芝居と水アメ

9a593fd7




紙芝居屋がどこの公園にもきて、荷台の玉手箱の中で夢を売っていたころの話。
子供の目は、くぎづけになっている。どう物語は展開するのか興味深々の顔つきで!

この紙芝居屋の玉手箱から、話が飛び出し心を満たしてくれるのと、さらにもう一つ、必ず、水飴とメリケン粉でできた煎餅がつきもので、少々の食欲も刺激する。

このなかで、特に記憶にしっかり残っているものに、水飴をこねまわした思い出がある。飴、普通は固形で固いものといった既成概念であるが、透明な動きのある液体状といったところにおもしろさがあった。
割り箸を2本つかって、ブリキの四角い缶の中に入っている水飴をかき起こす。その箸を1本づつ両手で握り、先端にこんもりと付いた透明な水飴をぺろり。
この両手の割り箸を交互にまわす。透けて見えていた水飴も、次第に銀白色に輝いてくる。空気の粒が水飴中に捕らえられ、その細かな粒がこのような銀色とも言えるような光の散乱を起こすのだ。

そのキラキラと光る小さな粒々を、大切そうにじっと見つめている。そして、たまらずにペロリ!

銀白色の固まりは温かい舌の上で、たまらずに形を変えた。ゆっくりとゆったりと形をかえていった。

黒い瞳に映った銀白色の水飴は、空気とその光を閉じ込め多くの子供たちの心を占領したのだ。閉じ込められた空気は、語りかけようと賢明に小さな光のサインを放っているのかもしれない。
その小さな光のサインに、フッと気づく。なにげない優しい光の粒に、じっと立ち止まり、いつしかペロリ。

ありがとう光の粒達! ごちそうさまでした。

                    「心の風景のデッサン」より

 

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/50877608.html






心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・


まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

 昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 00:07│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by 工坊   2007年07月10日 06:57
 紙芝居屋さんには、随分お世話になりました。風邪を引いていても、祖母の背中に負ぶさって見たこともありました。五円玉ひとつでちょっとしたソースせんべいは買えたかな。と思います。その他にも、水飴、酢昆布、杏、りんごの砂糖の衣付け、結構メニューもあったような・・この紙芝居屋さんは拍子木の代わりに太鼓を鳴らしてきました。どーん。どーんというとすぐさま外に飛び出していったものです。菓子の中でも、今思えば発癌物質の塊のようなきらびやかな砂糖菓子を中に秘めたハマグリ。この内容物を食べ終わると、貝割合戦の開始です。手の痛さが今でも覚えているようです。懐かしいなぁ。紙芝居の代わりに、液晶ディスプレイ内蔵のケースを自転車に載せて、定年後は紙芝居ならぬパソコン芝居でも始めますか・・・・
2. Posted by たろべ〜です   2007年07月10日 21:52
紙芝居はいいですね。実はたろべも今地元の郷土資料館と連携して子供たちに紙芝居の製作を指導予定です。中身は子供たちが上手に絵を書いています。どんなストーリーになるか今から楽しみです。お盆までに完成するかな・・。
3. Posted by 温泉人(おふろうど)   2007年07月14日 23:14
従来の紙芝居、電子紙芝居、いろいろな形に変わって行っても、その中で伝えたい中身が・・・ですね。
でも、紙芝居で、と決めて、その伝えたいものを考えてみるのも楽しいですね。
工坊さんの伝えたいもの、たろべ〜さんの伝えたいもの、楽しみです♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔