2008年02月02日

“自然の子”

“自然の子”

“自然の子”
 

曲り屋の四季 

 

                         

地球上にいるすべての人は、自然の子に違いありません。
もともと完成しているものとして生まれ、自然の一部として生きているのです。

でも、技術や経済を中心として世の中のしくみしかけを作ってきた頃から、システムを動かすためにきちんとすること、システムに沿って生きるような行動様式を教育され、自らが自然の子であるという意識から、どんどん遠ざかって生きてきているのだと思います。

でも、自然の有り様は一見ぐにゃぐにゃのカタチだったり、一つとして同じものがない世界。なのに、すべてがあるがままに存在を許されて、その個の存在価値、違いを楽しみ違いがあってこそバランスがとれている。多様性があるのがあたりまえ、それが自然なのですから。

なぜか、触れ幅が大きく、普段ではどちらかの立場にしか立たないのが、不思議に両端に身を置く機会を得てここまで生きてきたのです。
温泉人(おふろうど)ならではの“立ち位置”(Com「想」さんより)にいるのでしょう。

そして温泉人(おふろうど)は、ここに気付いてしまったのです。本当のシステムって、限りなく自然の有り様に近づくことなのだと。限りあるいのちだからこそ、本来持って生まれた自然の子としての感覚をいとおしみ、本物が見える無理のない心、暖かい心でありたいと思うのです。

やっぱり、温泉で心と身体を暖め、積極的に自然の有り様を見つめ感じる生き方を、これからもずっとずっと継続して行こうと心に決めているのです

“この指止まれ!”です、“ほらね!”です、“オープン”ですから。

いつまでも“自然の子”って言っていただけるよう、これからも自然を、自分を信じて生きていきますから・・・。

                       温泉人(おふろうど)


 

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/model.htm あるがまま:温泉人(おふろうど)

http://comsou.jugem.jp/?eid=394 温泉人(おふろうど)“自然の子”:Com「想」Blogより

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/sizentai-tanbonite.html 自然体:Com「想」さん撮影

http://ofuroudo.jugem.jp/?eid=90 フォトエッセイスト

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/50805274.html 哲学堂公園のネコ:温泉人(おふろうど)の声が聞こえます♪

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/gyouzi.htm 自然に出逢う:温泉人(おふろうど)

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/tobu.html 飛ぶ

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/huzimisi_tyoukan_syasin_huyu.html 埼玉・富士見市近郊で出逢えた自然(じねん)冬温泉人(おふろうど)

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/shyasin_tyoukanzu.html 写真(写心)鳥瞰図:温泉人(おふろうど)

http://ofuroudo.jugem.jp/ 温泉人(おふろうど)Gallery

http://comsou.jugem.jp/?eid=459#comments 透き通る心:Com「想」Blog




木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp

ofuroudo at 00:07│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔