2008年04月19日

“物語”を描く

“物語”を描く


“物語”を描く



どこに居ても、誰に逢っても、その時その場で見聞きし出逢ったものを繋いでイメージし、物語を創ってしまえるようになってきました。

一見無関係と思えることを、ある視点で繋いで語ってしまえるのです。関連づけて、鳥の目で“鳥瞰”して図に描くことができるのです。

自分の生き方に自信を持つには、自分が出逢い大切にしたい考えや出来事を、こうした物語として関連づけて語れるようにすることのように思います。

先日、取材を受けました。地元富士見市を含む郷土を愛する情報誌です。
どう分かってもらうかを考え、一枚の手書きの鳥瞰図をメモ(面メモ)にまとめ、それを示しながら想いを話をさせていただきました。

繋いだ想いが、こうイメージして鳥瞰図となり、それが記事となっていくこと、とても楽しみです♪

 

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/memo3.html 鳥瞰メモ:温泉人(おふろうど)

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51291329.html 「温泉人(おふろうど)ライフ」〜湯煙の向こうに自分が見える〜

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51156949.html 海綿のように吸い取って“メモ”:温泉人(おふろうど)



ofuroudo at 00:15│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔