2008年04月28日

自然から支えられて

自然から支えられて


自然から支えられて





自然から支えられて





自然から支えられて

 

 

いつも、どこにいても、寂しいということがありません。いつも、どこにいても、いっしょに生きているものがいる、そう思えるのです。

自然のなかにいて、じっとその中でいきものの気配が、いっしょに生きているものがすぐ側にいると感じるのです。

小さい頃に出逢った光景、水たまりや池や小川や海をじっと目を凝らして覗いていると、ごにょごにょと動く小さな生き物が見えるのです。見ようとすると見えるのです。

田んぼのあぜ道や空き地や野原に生えた草、そこには陽の光を受けながら育つ緑の草木が、ぐにゃぐにゃと生えているのです。小さな蕾や花を付け、小さないきもの達が葉っぱや茎や根元にいっしょに暮らしているのが見えるのです。見ようとすれば・・・・。

いつのころからでしょう、いつもそこにいるいきものが見えなくなったのは・・・、いつも見ようとすれば見えるのに・・・。




“在る”こと
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“在る”こと

 


http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/dessan.htm 「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)  

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/shyasin_tyoukanzu.html 写真(写心)鳥瞰図・・・“自然の声”




木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp

ofuroudo at 00:06│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by Com「想」   2008年05月03日 00:29
温泉人さんの記事を読んでいて思い出しました。
家のすぐそばにある小さな森が私の遊び場でした。猫やキジや虫たち、そこに住むあらゆる生きものと一緒にあたり前のように過ごしていました。森の一部が取り払われることになった時、大泣きしたのを憶えています。いのちがいっぱい詰まっていること知っていたから。いのちに上も下もないと気付いたのです。
共に生きてるものたちを感じられるから、私もどこにいても寂しくありません。会いたい時にいつでもすぐそこにいるんですから。
心の奥に仕舞い込んだものが出てきました。感謝します。ありがとうございました。
2. Posted by 温泉人(おふろうど)   2008年05月03日 11:51
Com「想」さん
きっとCom「想」さんの体験に、日々出会える身近な生き物との接点があったんだろうと思っていました。そして、ただあったのでなく、それをとても大事なことと今でもしっかり持ち続けて生きて行きたいという“強い想い”を感じていました。
そのことが、大切にしたい価値観となって心の中心に在り、すべての感覚や表現行動に繋がってきていると実感しました。
その想いが、誰にも壊すことの出来ない大切な安心の隠れ家として、きっとこれからもすぐそばに在り続けることと確信します!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔