2008年09月16日

父母

父母

温泉人(おふろうど)の父母

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉人(おふろうど)の父母

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉人(おふろうど)と母

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉人(おふろうど)と父

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉人(おふろうど)の父

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉人(おふろうど)の父母

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年9月末に83歳になる父、そして敬老の日に79歳になった母です。このたび山形に帰省し、大きく実った大瓢箪とともに、元気な顔を見せてくれました。

父も母も、進歩的で好奇心旺盛です。温泉人(おふろうど)は、この父母の元に生まれたのです。私が誕生した当時との若かりし頃の父母が、互いに赤ん坊を抱いている姿を撮り合った写真が、アルバムに貼ってあります。

人生行路には、大風が吹き、大波が荒れることもあること、それでもどんな時でも支え合って明るく乗り越えてきた二人です。

身近で、得難い人生の大先輩として、その生き様を実践する姿から、多くを教わってきました。そしてこれからも。

とてもかないませんが、何か一つでも新しいことで父母を越えたいと思います。ほんの少しだけですが・・・。そうすることが、二人への恩返しと思えるのです・・・。

「ずねんと!(自然に!)」

 

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/titi_hatake.html 父のフィールド オブ ドリーム(春):温泉人(おふろうど)

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/off-road.htm 田んぼに立って思うこと:温泉人(おふろうど)

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/model.htm あるがまま:温泉人(おふろうど)で〜す♪

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zinen.html 「ずねんと!(自然に!)」:温泉人(おふろうど)

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51412852.html 稲穂の中、山形より新幹線で♪ :温泉人(おふろうど)

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51414217.html 車窓から:温泉人(おふろうど)



ofuroudo at 21:28│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by 工坊   2008年09月17日 09:10
ご両親の明るい姿に感無量です。いつまでもお元気で。同居している私の両親も丁度一つ上の年回り。大分記憶力が乏しくなってはきましたが、毎日元気に暮らしています。自分が歳を重ねていくにしたがって、両親に対する感じ方も変わってくるものだとつくづく思います。貴殿の心根が伝わってくるようです。
2. Posted by 温泉人(おふろうど)   2008年09月17日 22:41
工坊さん、有難うございます。工坊さんのご両親も元気で、何より嬉しく思います。工坊さんは同居、温泉人(おふろうど)とは別居との違いはありますが、「自分の身体は、まず自分で守ろう」と自己管理の名人と思われます。そして、我々が歳を重ねるに従って感じるのは、人生行路を楽しんで生きてきた人生の大先輩が、身近に手本を示してくれているということですね。感謝です!
3. Posted by Com「想」   2008年09月18日 00:44
なんて仲が良いのでしょう。びっくりしました!
しっかりやさしく握り合う手に夫婦の愛を感じました。”どんな時でも支え合って明るく乗り越えてきた御二人ならではの愛情表現に思えました。
温泉人さんは、その愛情たっぷりの手で育まれたのですね。だから愛情に溢れている温泉人さんご夫妻なんだ!と納得してしまいました。
私の父は早くに他界したので年を積み重ねた夫婦の姿を見ることはできないと思っていましたが、温泉人さんのご両親をblogで拝見してたまらなく嬉しくなりました!
私にとって未知の世界ですが、良いイメージがもてました。温泉人さんご両親、ご夫妻に深く感謝します。ありがとうございました!
4. Posted by 温泉人(おふろうど)   2008年09月18日 23:36
Com「想」さん、実は私自身も両親の互いに支えあう姿に、将来の夫婦のあり方を学んでいます。ここまで出来るんだなあと、人生の大先輩として父と母の生き様を受け止めているのです。
「やっていいことを、最大にやる!」、どこまでも可能なんだと、身近な人生の大先輩から勇気をもらっています。
もらった勇気を、少しでもこれからの自分の生き方、これからの伝えたいことに表現して行きたいと思うのです。
少しでも、恩返しができるように!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔