2008年12月25日

足跡

足跡

足跡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足跡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年(2008年)は皆様は、どんな足跡残せましたか? 温泉人(おふろうど)の今年の足跡を、以下に振り返ってみたいと思います。


春には温泉で育った、そして思い出(Camp)を多く作ってきた息子の結婚もあり、家族の絆を感じ、そして新しい家族が増えました。そして、いろいろな経験が、二人がそして我々親も成長させていただきました。

夏には、地元の高等学校のPTAの方々への講演を、埼玉「けんかつ まなびあいセミナー」市民講師として開催させていただく機会を得ました。

秋には地元富士見市で、四季折々に出逢えた田んぼのかえるやザリガニや草花たち、その写心展示と講演「富士見市で出逢える自然(じねん)」を開催し、市民人材バンク関係者や市民・近隣の方々に助けられて、無事にその役割を果たすことが出来ました。“どこまでも、温泉人(おふろうど)”を確信しました。

“志木・朝霞・新座・和光・富士見の郷土を愛する情報誌「ニュータイムス」”からの取材と記事掲載、そして連載「自然体の人間学」が始まりました。

また、一年を通して「自分らしく生きる」御支援をさせていただき、この役割を通して出逢った多くの方々に、多くの人生を学びました。

職場近くの東京大神宮に昼夜の参拝で知った行事や願い事、また靖国神社、神楽坂と、都心の人の暮らしにも間近に接することができました。

そして、通勤で乗り降りする飯田橋駅に隣接するRAMLA  では、自分の想いを演奏や歌で伝えようとする多くの表現者と出逢うことができました。

生まれ故郷の東北にも何度か出向き、「心の風景のデッサン」の光景や、新しい今を感じてきました。

なんと充実した出逢いの一年だったことでしょう。毎日かかさず書き残してきた日々の出逢い、Blog記事「温泉人(おふろうど)ライフ」も、今月で4周年となりました。

こうして、多くのこころ寄せて暮らすことが出来ました。出逢いの方々に、この場を借りてお礼申し上げます。感謝いたします!


http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/ofuroudo-tyoukannzu.htm

ofuroudo at 00:08│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔