2009年06月13日

ASAMIバラードナイト(飯田橋ラムラ区境ホールライブ63)

ASAMIバラードナイト(飯田橋ラムラ区境ホールライブ63)

ASAMIバラードナイト(飯田橋ラムラ区境ホールライブ63)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ASAMIバラードナイト(飯田橋ラムラ区境ホールライブ63)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ASAMIバラードナイト(飯田橋ラムラ区境ホールライブ63)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ASAMIバラードナイト(飯田橋ラムラ区境ホールライブ63)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ASAMIバラードナイト(飯田橋ラムラ区境ホールライブ63)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ASAMIバラードナイト(飯田橋ラムラ区境ホールライブ63)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ASAMIバラードナイト(飯田橋ラムラ区境ホールライブ63)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、フルートの調べとともに、しっとりと、軽快に、お茶目に、歌とキーボード演奏がハーモニーを奏でていました(Vo.ASAMI   Key. 吉田宏志   Fl.西村菜美)。

ここラムラには、海外からの方が宿泊するユースホステルもあり、多くの外国の方も通ります。
フルートのボサノバの調べ、そしてバラードの歌に、立ち止まっていかれました。

ここ区境ホールが、素敵なホールであることを最も感じる場所(階段を上った、大きなステンドグラスの下)にご案内し聞いていただき、その満足そうな笑顔がかえってきたことが、何より嬉しく思いました。

間近に聞くテーブル席、階段に座布団を敷いていただき座る席、そしてステンドグラスの真下に立って全体を見回せる席と、それぞれの楽しみ方ができる、ラムラ区境ホールです。

オープンな通りにあって、雨風は吹き込まず、大きなステンドグラスに向いて演奏し歌うこころには、その想いをしっかりと受けとめようとする安心感があふれる、演奏者にとっても素敵なホールです。

何年か前に、ラムラのアーケードでのビアガーデンで、向かって吹く風に髪をたなびかせながら歌っているASAMIを思い出します。
そのASAMIは、ここ区境ホールでの定番「ASAMIバラードナイト」を引っ張るまでになりました。

多くの若い演奏者とともに区境ホールに立ち、毎回テーマを持って歌い続けるその姿に、歌うことが大好きで、そして想いを届けたいと願い行動する“強さ”も持ち合わせている人と、確信するのです。

 

 

http://www.nijinooto.com/discography/akari.html あかり(視聴コーナー):ASAMIオフィシャルサイトより

http://www.rak2.jp/hp/user/nami_fl/ フルーティスト 西村菜美 ウェブサイト

http://www.ramla.gr.jp/event.html#asami RAMLAイベント案内「ASAMIバラードナイト」

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/ramla.html ラムラコーナー:温泉人(おふろうど)  



ofuroudo at 00:01│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by ASAMI   2009年06月12日 02:00
昨日もお忙しい中、駆けつけて下さり、ありがとうございました!
心よりお礼申し上げます..
あっという間に、終ってしまった感じでしたが、心強いお二人に囲まれて、たくさんのお馴染みの皆様に囲まれて、初めて立ち止まって下さる方もいらして、とても嬉しく思いました♪
また次回に向け、準備に励みます♪
ありがとうございました!
2. Posted by 温泉人(おふろうど)   2009年06月12日 06:58
「ASAMIバラードナイト」、この時間帯、この場所、お人柄が、最も似合っている歌と演奏と感じています。

人として毎日を暮らす中でのテーマを大事にし、自然体で自分らしく過ごすための模索を繰り返し生きていく、そして同時代を共に生きている幅広い年代の方々との心の交流を求めて、このまたと無い場「ラムラ区境ホール」を大事にして歌い続ける・・・。

どうぞ、ご自分の感性を信じて、オープンマインドでお進みください。
これからも秘めた可能性が、準備し続けた分の花が開くことでしょう。それができる人と確信します♪
3. Posted by nami   2009年06月12日 19:23
おふろうどさん^^

こんなに詳しくライブレポしてくださって感激です!!

どうも昨日はありがとうございました^^

また近々お会いできるのを楽しみにしております。

ASAMIさんと共に、nami、よっしー…
sweet lifeをこれからもよろしくお願いします!!!
4. Posted by 温泉人(おふろうど)   2009年06月12日 19:49
namiさん、素敵なフルート演奏、聞きほれてしまいました♪

お人柄と合っているフルートと思います。
3オクターブ出せる幅広さと、ピッコロのようなかわいらしさ、軽快さを、ボサノバのリズムで繰り出すスタイルに、会場もさりげなく明るくなりました。

どうぞ、フルートとともに、ご自分の持ち味をご披露ください。
あるときは黒子として引き立て役として、あるときはスターとして・・・。

またラムラでお目にかかること、楽しみにしています♪
5. Posted by ペーター   2009年06月13日 02:03
5 昔、飯田橋から2駅の所に住んでいて、ラムラの集会場のあるサークルに参加していたので、よく行きましたが、今は、こんなイベントがあるとは・・・
サークルは、かつて朝鮮半島から強制連行されたおばあちゃん達に読み書きを教えるボランティア。
ヨガ教室で会った人に紹介してもらったものです。
その人はやがて地方に移住したので、いわば、引継ぎ・・・
おばあちゃん達、今はパチンコ経営等で財を成していますが、学校へ行っていないので、字の読み書きができない。
識字率100%のハズの日本で、このような方々がいることにショックを受けました。
小学生、中学生の教材を使って丁寧に教えます。
彼女達は、何十年も日本に住んでるので日本語は話すのはペラペラですが、未だに細かい発音が区別できず、その点も気を使います。例えば日本人が英語のRとLの区別ができないように、彼女らは「す」と「つ」の区別があいまいです。
(韓国語には「す」は「스」と「쓰」の2通りあり、後者が「つ」に似て聞こえるそうです。日本人には両方とも「す」に聞こえます。ややこしい・・・)
ニコニコ授業が進みながら、ある与党在日(帰化)政治家が自殺したニュースが伝わった時は、せきを切ったように、現在の日本は最高だが、戦前の日本はひどかったと、教科書に載っていない史実等も語っていただき、勉強になりました。
朝鮮半島の方々、気性が激しく、なんかラテン系で、恨みも激しいが、ちょっと親切にして壁がなくなると、アミーゴ、アミーゴ、ゼンゼン、モンダイアリマセーンという運びに相成る感じです。

6. Posted by 温泉人(おふろうど)   2009年06月13日 07:15
ベーターさん、飯田橋、そしてラムラ、都心の中心に位置していて、多くの外国の方々も通りかかるところです。
年々か前に、学生の音楽サークルに演奏の場をラムラが提供して、通りかかった温泉人(おふろうど)が写心で紹介したことが、今ではこんなに継続したコミュニティーになってきました。
人が出会う場、こんなオープンな場、そしてオープンマインドが広がっていけばいいなと、ちょっと“ほらね!”ってお手伝いしています。
どーぞ、ラムラ区境ホールに、またビアガーデン会場(もうすぐ)にもお立ち寄りください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔