2009年06月25日

第21回作品展(2009年)神楽坂「切り絵かっぱ会」

第21回作品展(2009年)神楽坂「切り絵かっぱ会」

神楽坂「切り絵かっぱ会」作品展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神楽坂「切り絵かっぱ会」作品展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神楽坂「切り絵かっぱ会」作品展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神楽坂「切り絵かっぱ会」作品展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神楽坂「切り絵かっぱ会」作品展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神楽坂「切り絵かっぱ会」作品展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


みごとな「浮かぶ切り絵」が、ラムラ・エントランスホールに展示されました。

影絵は、切り取って絵を描くため、もともと白い部分と黒い部分とに分けられ、組み合わされて、なんとも味のある作品です。

ところが、切り絵を浮かべて貼り、その浮いた影ができることで、より深みのある気配までが表現できているのです。

もう、この会が発足して毎年開催し、今回で21回になるとのこと。参加している一人一人が、自分のテーマを選び作品に仕上げて、展示していました。

神楽坂の街角の光景、日本人のしぐさや表情、海外も含めた旅先での一コマなど、気配が伝わってくる雰囲気のある作品です。

江戸っ子の心意気を感じました。



ofuroudo at 00:17│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔