2010年01月29日

先生:「心の風景のデッサン」

先生:「心の風景のデッサン」

大沼カツエ先生





大沼カツエ先生からの手紙





大沼カツエ先生からの手紙





大沼カツエ先生からの手紙

 

  

 

ラブhttp://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/50761428.html 大公孫樹(おおいちょう) :「心の風景のデッサン」より

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/dessan_oonuma.html(大沼先生) :温泉人(おふろうど)



佐藤サク先生からの手紙

佐藤サク先生
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/dessan_saku.html




s-dessan_saku1





s-dessan_saku2


http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51717759.html 「曲り屋の四季」:温泉人(おふろうど)

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/magariya_fuyu.html 曲り屋の四季:温泉人(おふろうど)



http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51873880.html 稲の花(田んぼ):温泉人(おふろうど)




なぜか今も心に浮かぶ光景が、きっとこれからも大切にしたい価値観なのだと、気がついたのが「心の風景のデッサン」をまとめたときでした。

完成したとき、幼稚園時の大沼先生、小学校1年時の佐藤サク先生に、直接に手渡しできたことが、とても嬉しかったのです。

小さい頃に出会った教育、先生は、大きく後の歩み方に影響を与えたと、自らの先生を通して実感しています。

「教育者は、人が人に教えるなんて出来ないんです。でも、そこに大切なものが在るところに連れて行くことは出来るのです」(佐藤サク先生)


いま温泉人(おふろうど)として、そこに在る大切なものを感じることが出来るようになりましたから・・・。


 

★田んぼ

田んぼの景色は、なぜか魅力的である。どこまでも広がって解放感にあふれ、小動物の宝庫。

小学校入学時に担任だった先生のおもしろい授業。お天気の良い時は、近くの田んぼに出て、畦道を歩く。とにかく、その時の光景をとても新鮮に思い出す。ワクワクしてそこで出会った生き物たちと、楽しそうに話したクラスの仲間たちの光景である。

また、幼年期に、父が休日ともなるとよく田んぼの小川に鮒捕りに連れていってくれた。大きな三日月型の網を自転車の荷台に括り付け、ハンドルには粉ミルクの缶にハリガネで把手をつけたものをぶら下げて出掛ける。父の自転車の後について、自分の子供用自転車で漕いでいく。

途中、農家の人を迎え入れる入口の趣、草に被われた縁を持つ小川、その川べりに立ちユラユラ揺れるスギモやマツモの陰にサッと動くものを覗き込む。足で川縁をドンと踏みならすと、鮒が数匹サッサッと驚いて隠れるのが見える。
自転車から網を取り出し、小川の川べりに網をさし入れる。そして裸足で泥に隠れた小魚を仕掛けた網の方に向かって追い立てるのである。そして、素早く網を引き上げると銀色の鱗が網の中の泥に混じって数匹飛び跳ねた。
泥の中の小動物は、魅力的。ゴニョゴニョとトンボのヤゴが動き回り、カサコソと網を目をゲンゴロウが固い甲羅を背負って走り回り、さらに目を凝らしてみるととにかく生き物とよべるような点の生き物などが動き回っているのだ。

思いも付かない小動物との出逢いは、自然の中はこんなにも多岐に渡っており、それが、足元の身近な所に共に生きている仲間であることを教えてくれた。

田んぼは、こんなに多くのこと気づかせてもらい、思い出の詰まった場所である。さまざまな生き物に出会ったところであり、小川の草むらにとまったホタルを追いかけた所であった。

                  「心の風景のデッサン」より

 

ラブhttp://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/50762228.html 田んぼ:「心の風景のデッサン」より

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/off-road.htm 田んぼに立って思うこと:温泉人(おふろうど)


http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/50997108.html 城下町・山形市に生まれた意味


http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/life.html 温泉人(おふろうど)のライフ

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51336088.html “人生のテーマ”を決めたその心:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

ラブhttp://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51875960.html 彩(いろどり):温泉人(おふろうど)



★城下町やまがた探索地図(「心の風景のデッサン」ポイント)
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント


温泉人(おふろうど)を育て、感性を育んだ城下町山形市です。

東北の北の民の暮らす地、どこからも山が臨める山形盆地での水と空気と人、城下町の堀を近く過ごした八幡石、京文化の幼稚園・もみじ公園、奇跡とも思える出 逢いの中で、いまこうして生きる温泉人(おふろうど)の感性が出来上がりました。

感謝です!<(_ _)>




3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813





69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html






“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅


自分らしさの発見・育成・表現
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
自分らしさの発見・育成・表現 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm

このコーナーは、当初「イノベータの条件」としてスタートし、改善プロジェクトメンバーと共有するために使っていました。これをベースに人生プロジェクトの作り方として「自分らしさの発見・育成・表現」にまとめなおし、ホームページに掲載したのです。そしてニュータイムスの連載として「自然体の人間学」へと進化・深化してきました。Blog記事の末文に掲載し続けたいと思います。




温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   



ofuroudo at 00:08│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔