2010年04月01日

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また出逢えました。オープンマインドな素敵なお二人の歌と演奏に、信頼感の大人の魅力が溢れました。

自分を信じている心地よさ、自分を思うがままに表現する自然体、そして心を掴む優しさと強さが溢れるのが伝わってくるのです。

この場を継続して表現者に提供してくれているRAMLAの関係者の献身的運営力、思いを精一杯伝える演奏者の笑顔、そして楽しみに集まる観客笑顔が、ステンドグラスの品格の空間を最高に演出してくれているのです。

飯田橋、ここは千代田区、新宿区、文京区の3区の境にあることが、自然と多くの人から注目を浴びてくることでしょう。

ここラムラ区境ホールに、コミュニティーとして築いて来た多くの人の想いが、これから花開く時期になってくると確信するのです。

オープンマインドな人が、ここ飯田橋ラムラ区境ホール、ステンドグラスに似合います。

 

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51697100.html 稲里ひろみ(Vo)、菊地康正(ts.fl) :ラムラ区境ホールライブ:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

http://hiromi.from.tv/ 稲里ひろみ オフィシャルサイト

http://www.kose-sax-flute.jp/ 菊地康正 オフィシャルサイト

http://angel.ap.teacup.com/kose/392.html 「楽しい飯田橋ライブ!」音楽エッセイサックス、フルート奏者KOSE(菊地康正)の当日の日記より

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/ramla.html ラムラコーナー:温泉人(おふろうど)  



ofuroudo at 00:15│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 菊地康正   2010年04月03日 10:47
5 ブログにコメント有り難うございました。やはり、長年の味が伝わるのは、熟年同士かも、いや若い人も良いといってくれました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
2. Posted by 温泉人(おふろうど)   2010年04月04日 06:23
菊地康正さん
“人として”が中心にしっかりあって、その価値観、人柄が演奏の響きにも、演奏姿勢にも、笑顔にも全てに感じられて、その上に演奏技術の巧みさが光っています。
菊池さんのこうした全てが、後進の若手に伝わっていくことを大いに期待します。とても賛同しました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔