2011年02月20日

いのち

いのち


FB4
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/2291266207754308

いのち
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51822324.html

いのち、その在り様について「枯れ草の根元には、新しいいのちが宿っているんだよ」、テンペラ画で自然を描く波暮旅二画伯から多くのことをまなびました。

太陽の日差しを浴びて、凛として在る枯れ草の根元には、しっかり新しいいのちが芽生えていました。

いのち、その有限なこと、でも、いのちが繋がって行くこと、想いが繋がって生き続けて行くことを学びました。

ありがとうございました。想いをしっかり引き継ぎます!

⇒波暮旅二さんからの手紙(無常について) 
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51968221.html

鳥は空を飛んで、地上を見渡します。同時に、地上に住んで多くのいきものたちと楽しんで暮らしています。この光景の中に身を置いて、感じる生き方の中にいて、この一見当たり前なことが良くわかるのです。
地上で暮らすいきものたち、ひとつひとつ“限りあるいのち”を持った、すべてのいきものたち。
今ここに生きていること、それが何よりいとおしく、大切に思えるのです。
今ここに生きていること、それが何より嬉しいのですから・・・。多くのいきものたちとともに、この地上に時間を共有して、今こうしていきていること、何よりもいとおしく思えるのですから・・・。
それがいいのです、“在る”ことでいいのです。自然はそうなっているのです、私たちも、自然の一部、“限りあるいのち”を持つすべてのいきものの仲間なのですから・・・。





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち





いのち



 

 

いのち

 

 

 

 

「枯れ草の根元には、新しいいのちが宿っているんだよ」


テンペラ画で、いのち、その在り様について描く波暮旅二画伯が、先日75歳で旅立ちました。


まだまだ、多くのことを学ばさせていただきたかった。


太陽の日差しを浴びて、凛として在る枯れ草の根元には、しっかり新しいいのちが芽生えていました。

いのち、その有限なこと、でも、いのちが繋がって行くこと、想いが繋がって生き続けて行くことを学びました。


ありがとうございました。想いをしっかり引き継ぎます!


                                              温泉人(おふろうど) 

 
日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   





 

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51808662.html 自然の在り様を描く :波暮旅二 画伯(テンペラ画):Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51810732.html 寒立馬(かんだちめ))Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

 

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51333757.html 波暮旅二画伯の想いBlog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/50938431.html 波暮旅二展:温泉人(おふろうど)

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/haguretabizi-ten.html 波暮旅二展

http://comsou.jugem.jp/?eid=123 Com「想」Blogより

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/haguretabizi-kaigaten.html 波暮旅二 絵画展にて(2004年5月 千葉・鴨川市にて)

 

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51390003.html 心に響くことば:温泉人(おふろうど)

http://ofuroudo.jugem.jp/?eid=94 藁ぼっち:温泉人(おふろうど)Gallery

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/warabotti-sizenn-kyousei.htm “藁ぼっち”に見る、自然との共生:温泉人(おふろうど)

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51225477.html 波暮旅二さんからの手紙より(「心の風景のデッサン」へ):Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/dessan.htm「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど) 

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51446896.html “在る”を感じるこころ:温泉人(おふろうど)



波暮旅二 を含む記事:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

http://members2.jcom.home.ne.jp/satonet/index.html 日本の原風景を描く!

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51462804.html カレンダー(波暮旅二作品集):Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

 

アンドリュー・ワイエス(Andrew Wyeth)

 





「価値逆転を招く 環境変化」:温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51928334.html 【じねん(自然)】:あるがまま:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より






いのち
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
いのち



ofuroudo at 00:07│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by 山脇 孝   2011年02月20日 09:20
2011,2,20
温泉人(おふろうど)様
よくはわかりませんが、自生烏瓜のような。
いろいろな、外来種も自生するこの頃です。
強く生きていく、表現にもでている草花
ですね。
「いのち」を芽生える季節になりますね。           山脇 孝
2. Posted by 温泉人(おふろうど)   2011年02月20日 10:04
山脇さん
いつも身近にあるいのち、なかなか意識がそこに行きませんね。
今回の記事は、波暮旅二さんへのこれまでのお礼として書きました。
これからも、自然の声を伝える表現者として、自然の子として、現代版“風流人”として生きて行こうと決めました。

「意識を遠くの世界に置いて、今を見つめる生き方、それが江戸時代にあった“風流人”です。」「温泉人(おふろうど)と洒落るあなたは、現代版の風流人なのかもしれません」と、言っていただいたことを思い浮かべています。

温泉人(おふろうど)の哲学する心を育んでくれた、人生の恩師が、波暮旅二さんです。

きっとこれからも、枯れ草の根元に新しいいのちが宿る光景を、時折立ち止まって見続けて行こうと思います。
同じいのちを与えられて生きるものとして・・・。
3. Posted by Com「想」   2011年02月21日 23:13
以前、波暮旅二さんの個展に行ったことがあります。作品に圧倒されたのを覚えています。まるで自然そのものが語りかけてくるようでした。
直接お会いすることができませんでした。とても残念です。
温泉人さんにとって人生の恩師といえる特別な人との別れと想いを継承する決意。
あらためて、限りあるいのちの時間を思います。
私にとっての人生の恩師は温泉人さんですから。
お二人のようにはいかないまでも、私も後を歩みたいと思います!
4. Posted by 温泉人(おふろうど)   2011年02月21日 23:43
Com「想」さん
嬉しい言葉をいただきました。
このたびの記事の写心は、Com「想」さんと出会った場所です。
不思議な縁を感じます。

波暮旅二さんには、Com「想」さんが銀座の個展に来ていただいた気持ち、届いてますよ。
私も銀座での個展が、出逢えた最後になりましたが、Com「想」さんとともにいのちの在り様を伝えて行ける、そう確信しています。
よろしくお付き合いください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔