2011年06月23日

クルミ

クルミ

bd6c3ba2





63aa5677




★クルミ

クルミを拾って、食べたことありませんか。

クルミは、山の沢伝いに生えているのが鬼グルミ、そして里の屋敷に植えているのに、歯グルミがある。
クルミの実は、秋の実りの中でも固い殻を持った保存のきく木の実である。

殻の凹凸が握って丁度よく、手のひらのツボにしっかりと当たり、昔から健康にと握っている人をよく見かけた。

クルミの中でも歯グルミは、その名の通り歯で割れる程度の殻の固さを持ち合わせている。人の住む屋敷の中にかなりの大きさでそびえており、初夏の花の時期にはサイダ−の香のような房が、地面一杯に散らばっている。

秋口には、殻を持ったクルミを枝ごとに実をつけるのだ。固い殻のために鳥の餌には成りえず、地面に降り立ってから地上の虫たちの攻撃を受けて立つことになるのだ。

海の砂浜でよく見かけるのが、このクルミなのである。遠い山里から川を伝って流れついたものが、砂浜の流木に混じってポツンポツンと見つかる。

こんなクルミは、その殻の中にどれだけ多くの要素を、どれだけの命の元を、そしてどれだけ多くの出会いを秘めているのだろう。本物をその大切なものを、しっかりと囲って次の時代へと伝承していくのだ。
クルミの意味は、きっとこんな所にあるのかもしれない。大切なものを大切な人へ、大切なことを次の時代へ、固い殻でそれらを大きくくるんでいるものなのかもしれない。

                           温泉人(おふろうど)




dee56dd5





cfebd039





8e727554

 

 

http://comsou.jugem.jp/?eid=290 Com「想」Blogより:鬼胡桃の実


http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/dessan.htm
 「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)



ofuroudo at 00:07│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by とっとりトリ子☆   2011年06月23日 22:01
早速おじゃましております☆(´∀`)
今日は…楽しいお話、ありがとうございました!
お時間は大丈夫でしたでしょうか…?
あの場所は"結びの神様"だけに…
新たなご縁に感謝です♪
私も小さい頃…クルミを両手に握らされていました。笑
2. Posted by 温泉人(おふろうど)   2011年06月23日 23:19
とっとりトリ子☆さん

早速おいでいただき、嬉しいです♪
鳥取〜京都〜山形と、京文化についてお話しできたこと、新しい縁に感謝します。
そうですね、クルミは身近にあって、手に持ってコリコリしてましたね。

いつも、Blogにおいで下さい。もう7年ほぼ毎日、いろいろ思うこと、書き続けていますから。これからも・・・。

飯田橋、良いところです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔