2013年02月01日

人生の最良の先輩、それは母(1996.9.15記)

 人生の最良の先輩、それは母(1996.9.15記)

s-P1100740






人生の最良の先輩、それは母






9f321eee






人生の最良の先輩、それは母





人生の最良の先輩、それは母





人生の最良の先輩、それは母





人生の最良の先輩、それは母





人生の最良の先輩、それは母





着物姿の母





着物姿の母





s-P1280972




 父と共に互いに支え合って生きてきた母について語ってみようと思う。
もちろん、自分をこの世に生んでくれた母親としての母を語るのが先だろうと思うが、今の43歳の小生が語りたい母は、父と最良の夫婦として互いに歩んできた人生の先輩としての母であった。

 母が旅先の千葉・鴨川で倒れたとの知らせを受けた時のことが印象深く記憶に残った。知らせを受け、鴨川の病院に着き、ベッドの母と面会したときの表情はあくまで子供と合った時の親として心配かけまいとするものであった。でも、夜行列車で駆けつけた父が病室に駆けつけ顔を見た瞬間、大粒の涙があふれながら手放しで父に済まなそうな表情で精一杯に語りかけようとする母を見た。その後の父の積極的な工夫を織り込んだ介護方法と、病院内で出合った人々との良好な関係作り、その看護の中ですぐに開始したリハビリへの母の積極性は、同じ境遇で治療を受けていた入院者や医師の間でも話題になるほどだった。

 退院後、山形に戻ってからの母の積極的なコミュニケ−ションは、これまでに母とともにお付き合いをし行動を共にしてきた方々、つまり着物着付けの会の方々、学校図書の司書の方々、踊りの会の方々、そして近所付き合いの方々等々、これまで通り、いやこれまで以上のお付き合いに発展していった。病院での同じ境遇の方との会「おもと会」のリ−ダ−にまでなってしまう積極的な生き方は、回りの人々へどれだけ明るい希望を持たせてくれていることだろう。
 このことを通じて、人の能力“コンピテンス(問題解決能力)”について存在する事を実感として受け取った。つまり、走ったり、書いたりという一つ一つの機能的に捉えた能力“アビリティ−(・・出来る、といった程度の単機能な能力の捉え方)”が少し欠如しても、かえって人の気持ちを動かし協力して問題解決していくといった、人間として最も大切な能力である“コンピテンス”がかえって強くなったと見えるのである。

 福祉とかボランティアを考える時、一方が他方より優位だからといった考え方をすることがあるが、このことは決して互いにとってうれしいことではない。ほんの少しだけ互いにできることを譲っているだけであって、一番良いのは、互いに対等な一人の自立した尊敬すべき人として相手と付き合えることであろう。誰かが、誰かの上でも下でもないのだから、その互いの自立のために互いが努力し、お互いがその努力に喝采を送るといった関係ができたらなんと素晴らしいことか、ここにその実践者を見たのだ。母としてではなく、最良の人生の先輩として受け止めている。

 母が父の元へ嫁いできたころの話しを聞いたことがある。当時、父は家の大変な状況の中、家全体の屋台骨として祖父をたすけて長屋住まいをしていたころに結婚したとのこと。そんな長屋に真っ赤な日傘を指しかけた母の姿が印象く語られている。この話しと、小生が東京に出て来て以来感じている「イキだね!」として受け止められる着物の柄とそれを着こなす人の人柄が、母の印象と重なっているのである。

 妹が他界したすぐのころ、父と母が上京し、浅草や銀座を歩いたことがある。この歩き姿が「イキだね!」と、そのままこの景色に溶け込んでも不思議じゃない人と感じた。まわりの人を巻き込む積極的な人柄が、こういった思いを感じさせるのではないだろうか。

 母のイキの部分を色で表せと言われたら、きっと「黒地に赤の模様」の色を思い浮かべる。着物の色合い、婚礼布団の色合いにこの色を連想する。たしか、小生が学生時に親元を離れて下宿生活を始めたとき作ってくれた布団の柄が、この婚礼布団だったのだと後になって母から聞いた。川越も小江戸川越と言われるように、江戸の雰囲気を残している地であるが、この街を歩いて出合う色使いに「黒地に赤」を連想するのは小生だけであろうか。

 このように“イキな人”という響きには、“進歩的な自立した人”といったその人の趣を感じる。

 父の、自ら前向きで物事を捉え率直に表現し、回りの人の楽しむことを思い描いては身近にできることからすぐに実行しする、そして常に新しい工夫を取り込んで楽しんで生きるといった生き方がある。

 父の最良の人生の伴侶としての母は、ここに述べたような、何事があっても積極的に人と関わった生き方を継続してきた。

 自分にとっての人生の最良の先輩として、父と母を捉えたい、記述しておきたいと思った。ようやく実行できたことにほっとしている。また、機会を見つけて書きたい。
                                                                          1996.9.15
                                                                         (母の誕生日に送る)
                                                                           温泉人(オフロウド)



s-DSCF8087





s-6f394c0c





s-P1180125





s-もみじ公園の紅葉
画像をクリックすると、HPにリンクします

同級会(小学校6年3組):山形「紅の蔵」にて & 「もみじ公園」の紅葉




新雪(山形・もみじ公園)
画像をクリックすると、HPにリンクします
新雪(山形・もみじ公園)




春の「もみじ公園」
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

春の「もみじ公園」




s-DSCF8103



“生きる” ←アーカイブ:父母との車中泊旅行(簡易キャンピングカー)にてアウトドアライフ


s-DH000002







s-温泉人(おふろうど)ライフへようこそ!(模様替え)3
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

温泉人(おふろうど)ライフへようこそ!(ホームページ模様替え)



ホー ムページの顔は、やっぱりこの写真とあらためて決め、より大きい画像でドーンと決めて見ました! 

ワークライフバランスって言いますか、仕事と暮らしの中 での中心的な価値観、アウトドアライフを実践してきた相棒のデリカ(いつでも、どこでも自由に動けて眠れて・・の、簡易キャンピング仕様に改造)でした し、土日には普段車では入れない一ノ倉沢の真下に一人立ったときの一枚です。相棒のデリカとともにあった証として、アーカイブにリンクさせてみました。

よ うやく、心が収まって来ました。納得の表現になってきました。

生き方を示した“顔”ですから・・・(^^♪




s-DH000001





母の紀行文







s-FH020001





父母
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“旅慣れている”ことの手本、父母




“やって良いことを最大に”(父母に学ぶ)

画像をクリックすると、HPにリンクします



今の温泉人(おふろうど)は、この父母があって出来上がりました。

大人になって、社会人になって何十年、いろんな人に出逢ってきて、いかに二人が人生に積極的な生き方をし続けた“人生の達人”であるかを、しっかり感じました。

いま、“自分らしく生きる”ことを、自分自身も含めて考え続ける毎日ですが、“やって良いことを最大に”の生き方を実践する父母こそ、温泉人(おふろうど)にとっての手本です。

常に、“今に生きる、今を生きる”父母が居ます。

なんとかこれからの生き方に、父母の文化を引き継いでこれからの新しい時代にこそ出来るものへ、精一杯挑戦したい、そう思う気持ちが膨らんできます。

今年9月に86歳になる父、そして81歳になる母に、感謝です!

                 温泉人(おふろうど) 2011年01月03日



父母
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

“やって良いことを最大に”(父母に学ぶ):Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より




s-2beec5d8
画像をクリックすると、HPにリンクします
感謝!(2013年12月)




山形のばあちゃん





山形のばあちゃんからのお守り
画像をクリックすると、HPにリンクします
山形のばあちゃんからのお守り





父母と皆で温泉人(おふろうど)号でどんどん焼




どんどん焼(山形)
画像をクリックすると、HPにリンクします
どんどん焼(故郷・山形にて)



愛車旧デリカと小名浜の浜辺で星空(2008.12.30)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
★アーカイブ:愛車旧デリカと小名浜の浜辺で星空(2008.12.30:Com「想」さんと野宿)




★☆愛車旧デリカキャンパーとともに
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
家族で自然に出会う・・:温泉人(おふろうど)





瓢箪(ひょうたん)





瓢箪(ひょうたん)





瓢箪(ひょうたん)





瓢箪(ひょうたん)
画像をクリックすると、HPにリンクします
瓢箪(ひょうたん)



s-DVC00096





s-DVC00094





s-DVC00095




GarrRV掲載(アーカイブ)

画像をクリックすると、HPにリンクします♪

★GarrRV掲載記事(アーカイブ)&関連写心:温泉人(おふろうど)





父(柳川温泉にて:2003年8月16日)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
★米寿を迎える山形の父



父の米寿祝い(山形・奥おおえ柳川温泉にて)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
父の米寿祝い(山形・奥おおえ柳川温泉にて)



“八幡石(山形市)”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“八幡石(山形市)”への想い



もみじ公園にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
京文化と温泉人(おふろうど)の繋がり


妹・清ちゃんのこと
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

妹・清ちゃんのこと




浅間高原にて(2010.07)



























画像をクリックすると、HPにリンクします♪





★城下町やまがた探索地図(「心の風景のデッサン」ポイント)
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント



温泉人(おふろうど)を育て、感性を育んだ城下町山形市です。

東北の北の民の暮らす地、どこからも山が臨める山形盆地での水と空気と人、城下町の堀を近く過ごした八幡石、京文化の幼稚園・もみじ公園、奇跡とも思える出 逢いの中で、いまこうして生きる温泉人(おふろうど)の感性が出来上がりました。

感謝です!<(_ _)>





“八幡石”への想い
“八幡石(山形市)”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします♪



3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813
「心の風景のデッサン」&モンゴルのフェルト製のブックカバー♪
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52153844.html



69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html






“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅


自分らしさの発見・育成・表現
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
自分らしさの発見・育成・表現 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm

このコーナーは、当初「イノベータの条件」としてスタートし、改善プロジェクトメンバーと共有するために使っていました。これをベースに人生プロジェクトの作り方として「自分らしさの発見・育成・表現」にまとめなおし、ホームページに掲載したのです。そしてニュータイムスの連載として「自然体の人間学」へと進化・深化してきました。Blog記事の末文に掲載し続けたいと思います。




温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   

ofuroudo at 00:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔