2013年12月01日

温泉人(おふろうど)ライフ:HISTORY VIEW & 一日一行の日記

温泉人(おふろうど)ライフ:HISTORY VIEW & 一日一行の日記


s-__4
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
温泉人(おふろうど)ライフ:HISTORY VIEW





s-4e23e8f3
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

温泉人(おふろうど)ライフ:HISTORY VIEW & 一日一行の日記



こうして生きています(^^♪




adde36c9





「積極的に自然に関わる人生を歩む」、これが人生のテーマになりました。

これまで、「社会人になった当初に、このテーマが決まったのです」と説明しますが、実は絵として描いたのがその時であって、もっと前にそのテーマは心に浮かんできて、行動に移していました。

学生時代に親元を離れて、海の近い宮城県の多賀城市に下宿している間、一日一行の日記を書き始めたことがありましたが、卒業するまで、そして社会人になって結婚するまで、毎日続いていました。

大学ノートの見開き2ページに横に罫線が引いてあるのを利用して、“今日一日出逢った自然との関わり”を、みどりのボールペンで短い短文でメモ書きしていま した。ちょうど、見開きが1ヶ月分に相当するものですから、月ごとに人生のインデックスというか、自然とどれだけ関われたかを自分で見つめてみようとした のです。

このおかげで、10月3日には、決まってあけびの収穫時期であることなど、季節がもっと細かに移り変わりゆくのを、自分ですぐ身近なところで実感できるようになったのです。

俳句の季語集も複数手元に置いて、寝る前に枕元でページをめくりながら、その花が咲いている光景、風が吹き渡る様子を思い描いていました。

いま、こうしてBlogといった形態で書き記す道具は変わっても、当時考え具体的に書き記そうとした想いは、いまも変わることなく継続しているように思えるのです。

“継続は力なり”です。当時の大学ノートに書き記した一日一行の日記は、Blogの形態でさらに立体的な表現が可能になりました。
多くの事柄との関連をとりながら、自らに問いかけ日々考え続けることとなりました。また多くの人から見ていただき、関係が広がっていくことを実感できるのです。

 

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/kagiraretasigenn.html 限られた資源を、自分の意志で配分できる人(人・物・金・時間)
:「自分らしさの発見・育成・表現」より、温泉人(おふろうど)

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm 自分らしさの発見・育成・表現(イノベーターの条件):温泉人(おふろうど)

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51365518.html 積極的に自然に関わる人生を歩む:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より





s-市民講師
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
★【仕事と暮らしを結ぶ情報学】 :市民講師による
『けんかつ・まなびあいセミナー(2002年)』パンフ




s-デイタムズ
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
デイタムズ記事:「温泉人(オフロウド)流、温泉の楽しみ方」



マッチの灯
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“マッチの灯” : Googleで「波暮旅二」「温泉人」を検索すると




珠露(しずく)
画像をクリックすると、HPにリンクします
珠露(しずく)



楓:フウ

画像をクリックすると、HPにリンクします♪

楓:フウ


温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。


木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   



ofuroudo at 00:00│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 輪多里鳥   2013年11月30日 18:30
こんばんは。

2010年にお知り合いになってからもう2014年に差し掛かっていますね。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

ブログはやりたいんですが、家族が心配していて出来ない状況です。
2. Posted by 温泉人(おふろうど)   2013年11月30日 21:33
輪多里鳥さん

お久しぶりです。北海道に戻られて、落ち着かれたことと思います。
そうですね、いろいろ有りましたね。人生いろいろです。変化に対応して、変化を受け入れて、楽しんで行かれますように。(^_−)−☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔