2014年03月06日

アーカイブ:ニューキャッスル「カライライス」(銀座)

アーカイブ:ニューキャッスル「カライライス」(銀座)

カライライス





カライライス





ニューキャッスルの入口





ニューキャッスル



銀座にある馴染みの“カライライス”の店に来ました。

スパイスが利いて、良い味、ここでしか出会えない味なのです。

一口、二口と食べるに連れて、身体がシャンとしてくるのです。

紅い灯に、心が温かくなるのです。

ドアを開けると、銀座の柳が、灯りに映えて、通る風にゆるやかになびいていました




カライライスのメニュー


銀座に行くと立ち寄る【カライライス】、駅名がメニュー。

大森が普通サイズ、少な目は、その手前の品川。

「ふつうの、おおもり下さい」

辛いライス、カレーライスです。

時間が止まっている、隠れ家です



カライライス


「・・銀座」と呼ばれる通りや商店街が、各地にあります。それだけ、銀座はお洒落で魅力的で、人の集まるところであり、銀座にあやかって名付けたものなのでしょう

ここは、東京の銀座。銀座の本家。ふらりと銀座を歩きました。

銀座の柳、銀座一丁目にある馴染みのお店で、カライライス“蒲田”(メニュー)をいただきました。先日も、お洒落な銀座を紹介する記事に紹介され、今日も新しいお客が珍しそうに立ち寄っていました。

中心街の大通りでは、多くの灯りに彩られたビルが建ち並ぶ中、お洒落でセンスのあるショーウィンドウに出逢い、思わず足が止まりました。

銀座の、粋で品のある香りが伝わってきました。やっぱり、銀座です。




ニューキャッスルへの訪問者写真



銀座といえば、ここが
温泉人(おふろうど)が立ち寄る、お気に入りの場所なのです

とても落ち着く好きな店です。“カライライス(辛いライス)”がおいしく、そして元気が出てくるのです。
そして、カレーの後の珈琲も・・・。


おやおや、なかなかお洒落な人も立ち寄るようです。さすが、銀座ですね!

ここは、銀座ニューキャッスルです。




ニューキャッスル閉店(銀座)





ニューキャッスル閉店(銀座)





ニューキャッスル閉店(銀座)







心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・


まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

 昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。





“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い






s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪




s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅



温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 00:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔