2015年05月22日

アーカイブ:三芳野神社の御神木・楠の木(川越)

アーカイブ:三芳野神社の御神木・楠の木(川越)

s-DSCF4938




御神木・楠の木の存在の証を、ここに記憶に留めます。

多くの人が、ずっと在ると思っていたことでしょう。

ここで遊び、ここで育って大人になった人の「心の風景」に、きっと在るんですから・・・。

木の発する“気配”に、多くの人が救われたに違いありませんから・・・。


“気 配”を感じるこころ、それは人が作った神社では在りません。

境内の御神木が造り出した自然の“気配”です。

神の存在を、“気配”から感じるのです。

いのち の存在を、こうして感じる子供を育てるところが、神社だったはず。

だから、境内の木々は、すべて等しく御神木として崇められ、大事にしてきたので す。・・・・(-_-;)


温泉人(おふろうど)は、以前から当神社の気配がなんとか保たれていると感じるところを、写心として写し撮っていました。

まさか、これがアーカイブになってしまうなんて、想像もしていませんでした。





s-DSCF4937





s-DSCF4933





s-DSCF4932





s-DSCF4930





s-DSCF4928





s-DSCF4926





s-DSCF4925





s-DSCF4924





s-DSCF4923





s-DSCF4922





s-DSCF4921





s-DSCF4920





s-DSCF4919





s-DSCF4917





s-DSCF4915





s-DSCF4910





eca0c6cd
三芳野神社の御神木・楠の切り株(川越)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52108438.html



cd4052f6





s-おおきな木











「おおきな木」、読み聞かせの本です。自然のいのちあるもの、そして人間のいのち、お互いにいのちあるもの同士、支え合う生き方を語っているようです。<(_ _)> 温泉人(おふろうど)

幼い男の子が成長し、老人になるまで、温かく見守り続ける1本の木。
木は自分の全てを彼に与えてしまいます。それでも木は幸せでした。
無償の愛が心にしみる村上春樹訳の世界的名作絵本。

あとがきに訳者の想いがあふれています。
「あなたはこの木に似ているかもしれません。
あなたはこの少年に似ているかもしれません。
それともひょっとして、両方に似ているかもしれません。
あなたは木であり、また少年であるかもしれません。
あなたがこの物語の中に何を感じるかは、もちろんあなたの自由です。
それをあえて言葉にする必要もありません。
そのために物語というものがあるのです。
物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。」
(村上春樹/訳者あとがきより)




トロイメライ

寺町・大谷幼稚園にて(山形県山形市)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
寺町・大谷幼稚園にて(山形県山形市)



大公孫樹(おおいちょう)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
★大公孫樹(おおいちょう)



大沼先生と(大谷幼稚園時)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
大沼カツエ先生からの手紙・・・大谷幼稚園の時の先生



最上山 専称寺(山形市)





最上山 専称寺(山形市)





Maurice Marechal - TRAUMEREI
画像をクリックすると、HPにリンクします♪





「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント

「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント



温泉人(おふろうど)を育て、感性を育んだ城下町山形市です。

東北の北の民の暮らす地、どこからも山が臨める山形盆地での水と空気と人、城下町の堀を近く過ごした八幡石、京文化の幼稚園・もみじ公園、奇跡とも思える出 逢いの中で、いまこうして生きる温泉人(おふろうど)の感性が出来上がりました。

感謝です!<(_ _)>





3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

 昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅



温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 11:18│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔