2015年10月14日

ふちねこ(シャノアール)&アタ籠(かごのアンドユウ)

ふちねこ(シャノアール)&アタ籠(かごのアンドユウ)

s-P1710819





s-P1710822





s-P1710812





s-P1710813





s-P1710808





s-P1710759





アンドユウFB
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




s-P1710704





s-P1710715





s-P1710718





s-P1710720





s-P1710724





s-P1710726





s-P1710728





s-P1710732





s-P1710735





s-P1710738





s-P1710739





s-P1710741





s-P1710750





s-P1710752





s-P1560730
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
アタ♪



s-P1560729








s-P1560728





s-P1560682





s-P1560683





s-P1490870
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
大雪の日「テーブルウェア・フェスティバル2014」:東京ドーム




この方の愛情・熱意があって、カタチにしていただきました。<(_ _)>




動画
画像をクリックすると、動画像にリンクします♪




s-P1490879





s-P1490886





s-P1490888





s-P1490890





s-P1490891





s-P1490892





s-P1490893





s-P1490934
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
大雪の日「テーブルウェア・フェスティバル2014」:東京ドーム




アタのコースター(マイコースター)

s-P1490425
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
アタのコースター(マイコースター)



s-P1490223




マイコースターとして、お気に入りのアタ製品のコースターを持ち歩いています。

珈琲を楽しむ横に、自然の扉を開くアタが、心の開放を促してくれています♪




s-P1490225





s-P1480945





s-P1490340





s-P1490342





s-P1490345





s-P1490352






かごのアンドユウ
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
かごの「アンドユウ」HP



今から30数年前、一人の日本人がインドネシアの昔話を聞きにヌサテンガラ諸島の島々を
旅していました。旅の途中、たまたま立ち寄った村で、民家の軒先に掛かっていたかごに
一目で心を奪われました。そのかごは、自分が幼い頃よく被っていた懐かしい麦わら帽子色で、
細かな編み目がアメ色に輝くアタかごでした。美しいアタかごに魅せられたその日本人は、
帰国後もそのかごを忘れられず、ついには「アタかご屋」となりました。


  [アタかご」は自然からの賜りもの 

材料となっている「アタ」はインドネシアの一部に自生するシダ科の植物です。
地域によっては「ケタッ」と呼ばれます。
大自然の中で育った「アタ」は、幾世代にも渡って受け継がれてきた村の職人たちの技術によって 一目一目丁寧に気の遠くなるような工程を経て、ようやく一つの美しい「アタかご」が誕生するのです。


  私たちが目指すもの  

「アタかご」のひとつひとつが全て手作業で作られています。
このため機械では決して生み出せない「ぬくもり」と「風合い」があります。 どんどん機械化が進む暮らしの中に、少しだけでもこの「むくもり」と「風合い」をお届けしたい、 そう考えて私たちはお客様のご要望にお応えしながら様々な商品アイテムを作り続け、現在では 600種類以上になりました。
販売スケジュールの合間をぬって現地へ飛び、品物を一つ一つ検品し、品質のよいものをお客様に
お届けしています。
私たちは、この素晴らしい「アタかご」を通じて、お客様にご満足いただける商品とサービスを
ご提供し、生産に携わっていただいているインドネシアの人々、そしてそれを販売させていただいて
いる日本の私たちのやりがいと幸せに繋がるよう努力してまいります。






s-P1710694







★飯田橋の地図画像をクリックすると、HPにリンクします♪





3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

 昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅



温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 23:18│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔