2016年01月01日

川越城の富士見櫓からの富士山 & 富士見市からの富士山

川越城の富士見櫓からの富士山 & 富士見市からの富士山



新年明けまして、おめでとうございます。


温泉人(おふろうど)の生息する富士見市、そして縁の深い川越や志木など近隣

から、そして首都圏各地からの暮らし
・アウトドアなライフを楽しんでまいりたいと

思います。


今年もよろしくお願い致します。<(_ _)>





fuji_mandara

絹本著色富士曼荼羅図を考える






冨士曼荼羅図
冨士曼荼羅図




川越城の富士見櫓からの富士山

s-DSCF0475




富士見櫓、その名前の通り、今でも富士山を臨むことができることを、写真で撮って証明してみました。

説明書きには、かつては見えていたが、今は枝や建物で見 えないと思える表現で記述してありましたが、昨年見えることを確認していました。

絶好の空の透明度のコンディションの中、撮影にチャレンジ。見事 写すことができました。(^^)





s-DSCF0470





富士見櫓の位置




川越城は、天守閣を持たない平城でしたので、櫓で見張り台を作っていたとのことです。

温泉人(おふろうど)の生まれ育った山形城も同じく平城だったとのこ と。

城下の民の年貢を少なくするという殿様の意思決定だったとのこと。

民衆の暮らしに視点を置いた政策、学びたいものです。^ ^ 




s-P1590772





s-P1590775





s-P1590808





s-DSCF0427





s-DSCF0430





s-DSCF0428





s-DSCF0431





 
画像をクリックすると、動画にリンクします♪




s-DSCF0432





s-DSCF0433





s-DSCF0434





s-DSCF0435



太田道灌ゆかりの龍隠寺&山猫軒へ♪(越生)

s-DSCF0478
太田道灌ゆかりの龍隠寺&山猫軒へ♪(越生)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52125168.html



s-P1460156





s-P1460161





s-P1460160





s-P1460166





s-DSCF2682






太田道灌(川越市役所前)





太田道灌(川越市役所前)





s-P1440115
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

東京オリンピック招致



東京国際フォーラム
画像をクリックすると、動画像にリンクします♪



s-DSCF1883
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺の紅葉 & 松平伊豆守信綱の廟所(新座市)



s-P1730285
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺の紅葉 & 松平伊豆守信綱の廟所(新座市)



s-DSCF1879
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺の紅葉 & 松平伊豆守信綱の廟所(新座市)



s-DSCF2116
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺跡(岩槻)



s-DSCF2120
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺跡(岩槻)



s-DSCF2077
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺跡(岩槻)



s-DSCF2074
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺跡(岩槻)



s-DSCF1602
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
松平伊豆守の家紋:三つ扇、お堀(喜多院)&松平伊豆守の(仙波東照宮)&温泉人(おふろうど)の家紋



s-DSCF1603





s-DSCF1612





s-DSCF1610





s-DSCF1614





s-P1740501





s-P1740500





s-P1740503






s-P1650783






s-DSCF0436





s-DSCF0437





s-DSCF0438





s-DSCF0439





s-DSCF0440





s-DSCF0470





s-DSCF0475





s-P1590769





s-P1590775





s-P1590772





s-P1590777





s-P1590785





 
画像をクリックすると、動画にリンクします♪




s-P1590793





s-P1590794





s-P1590795





s-P1590797





s-P1590802





s-P1590803





s-P1590806





s-P1590807




江戸城にも、同じ名前の富士見櫓が有りました。

昔から、富士山が見えるというところは、全体を鳥瞰できる特別なところにもという事だったろうと思います。

地方にも、◯◯富士と命名した富士山信仰が有ります。

縁あって富士山が見えるところに住まいし、富士見市の名前に接し暮らすこととなったこと、有り難く思い ます。(^^) 





富士見櫓(やぐら)跡【川越城】
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




川越城富士見櫓に登る
画像をクリックすると、動画にリンクします♪





川越城富士見櫓に登る
画像をクリックすると、動画にリンクします♪






埼玉県川越の観光・お出かけ・地域情報サイト カワゴエールより
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

http://www.kawagoe-yell.com/sightseeing/hujimiyagura/ 川越城富士見櫓跡:埼玉県川越の観光・お出かけ・地域情報サイト カワゴエール


http://www.mapbinder.com/Map/Japan/Saitama/KawagoeShi/Town/Fujimiyagura/Fujimiyagura.htm
埼玉県川越市富士見櫓跡の情報、地図、概要

http://www.ne.jp/asahi/nishikawa/web/fujimiyagura.html 富士見櫓跡 (川越城跡 御嶽神社)

http://www.koedokko.net/meisyo/02/fujimiyagura/fujimiyagura.html 富士見櫓跡(「小江戸っ子」より)





富士山を臨む(埼玉・富士見市で)

画像をクリックすると、HPにリンクします♪





s-富士見市からの富士山
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
富士山が世界遺産に登録決定  ←日本の富士山が“世界の富士山”へ





温泉人(おふろうど)流、富士山の楽しみ方♪ ←(再投稿)富士見市から臨む富士山 (松永明子「Home〜ぼくらの糸〜」に乗せて) 
富士見市から臨む富士山





富士見市から臨む富士山 埼玉県富士見市と富士山の位置関係:Google地図 





夜明けの山中湖と富士山(撮影:前田徳彦)
画像をクリックすると、HPにリンクします




夜明けの山中湖と富士山(撮影:前田徳彦)
画像をクリックすると、HPにリンクします




富士見市から臨む富士山




富士見市から臨む富士山




富士見市から臨む富士山




富士見市から臨む富士山




富士見市から臨む富士山




富士見市から臨む富士山




富士見市から臨む富士山




富士見市から臨む富士山




富士見市から臨む富士山




富士見市から臨む富士山
http://www.youtube.com/watch?v=x3XrsXmZpNI 富士見市から臨む富士山 (松永明子「Home〜ぼくらの糸〜」の歌声に乗せて ←動画像:温泉人(おふろうど)

    富士見市から臨む富士山、同じ方向から臨む地域を地図で確かめてみました。

やはり、山中湖から、忍野村から臨む富士山は、ここ埼玉の富士見市からみた方向と同じ方向です。

良く晴れた空に、まっ白に雪化粧し、くっきりと山肌の様子が見える富士山が、すっくと立っていました。

松永明子さんの歌声「Home〜ぼくらの糸〜」(すべての頑張っている人に・・・)を、カーステレオからちょっと音量を上げて流しながら、青空に浮かぶ富士山を眺めていたのです。

一人ひとりの心に、確かなもの、描いて、向かって歩いて行きたいですね♪

                           温泉人(おふろうど)

 



埼玉・富士見市からの富士山




埼玉・富士見市からの富士山&絵画の富士山

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51798863.html 埼玉・富士見市からの富士山&絵画の富士山:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より


http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51801559.html 「嬉しい♪」(松永明子Website より):Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より




暮らしの中の富士山1





暮らしの中の富士山2





暮らしの中の富士山3





暮らしの中の富士山





ペンキ絵(銭湯「つるせ浴場」)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
ペンキ絵(銭湯「つるせ浴場」)


地元富士見市の銭湯「つるせ浴場」は、昔ながらのペンキ絵の富士山が描かれて多くの人を楽しませていただきました。 今回、これまでの早川さんの描く富士山から、新しく中島(ナカジマ)さんの描く富士山になりました。 富士見市から見える「暮らしの中の富士山」、ペンキ絵の富士山は立派に堂々とそびえています。 東京で活躍するペンキ絵を描く職人は、数少ない貴重な存在と伺いました。これからもずっと楽しませてください。                             温泉人(おふろうど)



東京メトロ 副都心線 (6月14日開通)






ニュータイムス掲載記事
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
積極的に自然に関わる生き方(ニュータイムス掲載)


積極的に自然に関わる生き方(ニュータイムス掲載)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
積極的に自然に関わる生き方(ニュータイムス掲載)




「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント



温泉人(おふろうど)を育て、感性を育んだ城下町山形市です。

東北の北の民の暮らす地、どこからも山が臨める山形盆地での水と空気と人、城下町の堀を近く過ごした八幡石、京文化の幼稚園・もみじ公園、奇跡とも思える出 逢いの中で、いまこうして生きる温泉人(おふろうど)の感性が出来上がりました。

感謝です!<(_ _)>





3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

 昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅



温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   

ofuroudo at 00:02│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔