2016年07月02日

田子山富士 山開き♪ (志木市敷島神社境内)

田子山富士 山開き♪ (志木市敷島神社境内)

s-P1210018




田子山富士 山開き♪(志木市敷島神社境内)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52150060.html

田子山富士塚山開きが、富士吉田市の関係者来訪や、大勢の志木関係者が待ちに待った佳き日に執り行われました。(^_−)−☆

なんと、これだけ大きな富士塚は珍しく、埼玉県の文化財に指定されていますが、震災などの影響で崩れ、このたび30年ぶりに登山が可能に整備された記念すべき山開きだったのです。

(今年正月、初めてここに来た時の思い)
思いがけない出逢いが在って、まだ修理中で立ち入れない田子山富士塚」に特別初登山に立ち会うこととなりました。

温泉人(おふろうど)の大切にしている“じねん(自然)”や“気配”が迫って来るもので、とても驚きました。とかく人の手が入って、自然界には存在しない 直 線のカタチや均一さが入りこんだりするのですが、まったくないのです。自然の在る姿そのままなのです。「富士山の石が、これほど大量に運ばれた富士塚は他 に在りません」「富士塚の頂上からは、富士山も見ることが出来るんです。」

地元の各地の富士塚信仰者の石碑、またここにあって消失しなかった池上本門寺の関係や、歌舞伎役者の面々が参拝したことも石に刻んで在りました。

田子山保存会【埼玉県指定文化財】(副会長)の深瀬 克さんのご案内で、切り絵作家の毛利 将範さんとともに、一つひとつ詳細な説明を受けることが出来ました。こんど、ここの案内図と説明
(解説書「田子山冨士塚」)をまとめるための案内だったとのことで、たまたま居合わせたことで同行させていただけました。

出逢った最初に、「ニュータイムス連載「自然体の人間学」の温泉人(おふろうど)さんでしたか。やさしい文章で楽しく読ませていただいております。」と、 深瀬さんより笑顔でお話しさせていただいたことで、こんな偶然が一気に信頼に変わるなんて、なんと有りがたいことなのだろうかと、新年の富士塚登山が実現 し てしまったことに、大感謝です!

現在は、危険個所があって立ち入りが出来ない状態ですが、関係者の強い思いや予算も付き(工事は平成 27・28年度の2年にわたって実施し、今年度は3月に完成予定)、夏ごろ(山開きの7月2日)には修復工事も終えて、昔のように山に登れるようになると のことです。その時は、大勢のひとにぜひこの凄さを現地に立って感じていただきたい、そう強く感じたのです。




s-P1200944





s-P1200945





s-P1200946





s-P1200948





s-P1200950











s-P1200953





s-P1200964










s-P1200967





s-P1200970





s-P1200977





s-P1200980





s-P1200982





s-P1200983





s-P1200985





s-P1200988





s-P1200989





s-P1200991





s-P1200992





s-P1200993





s-P1200995





s-P1200998





s-P1210001





s-P1210002





s-P1210003





s-P1210004





s-P1210005





s-P1210006





s-P1210013





s-P1210018





s-P1210019





s-P1210021





s-P1210024





s-P1210027





s-P1210032





s-P1210033





s-P1200943




武州志木宿 田子山富士塚の案内パンフ完成♪

s-パンフ1





s-パンフ2





s-パンフ3





s-パンフ4





s-新聞記事





いよいよ近づきました。7月2日に山開きを予定しています。楽しみです。(^_−)−☆武州志木宿 田子山富士塚への登山です。

今年正月に偶然出会った田子山保存会【埼玉県指定文化財】(副会長)の深瀬 克さんのご案内で、切り絵作家の毛利 将範さんと、一緒に説明を受けながら山登りをして、山頂に立つ貴重な経験をすることができました。
その時の取材を元に図解にして、ついにパンフレットが完成しました。志木の川魚料理店「鯉清」で、配布してあったパンフを入手できました。
直に歩きながら一つ一つの説明を受けたものですから、この図解パンフレットは、とても良く出来ていて、感心させられました。
伝えたいものが溢れるほどあり、それを結晶化していただいた貴重な資料です。



【その1】埼玉県指定 有形民俗文化財「田子山冨士塚」の特別初登山で感じた魅力♪ А丙覿漫志木市・敷島神社内)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52133095.html


【その2】埼玉県指定 有形民俗文化財「田子山冨士塚」の特別初登山で感じた魅力♪◆А丙覿漫志木市・敷島神社内)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52133100.html


【その3】埼玉県指定 有形民俗文化財「田子山冨士塚」の特別初登山で感じた魅力♪:(埼玉・志木市・敷島神社内)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52133102.html




【その1】:埼玉県指定 有形民俗文化財「田子山冨士塚」の特別初登山で感じた魅力♪ А丙覿漫志木市・敷島神社内)

s-P1130623




思いがけない出逢いが在って、まだ修理中で立ち入れない田子山富士塚」に特別初登山に立ち会うこととなりました。

温 泉人(おふろうど)の大切にしている“じねん(自然)”や“気配”が迫って来るもので、とても驚きました。とかく人の手が入って、自然界には存在しない直 線のカタチや均一さが入りこんだりするのですが、まったくないのです。自然の在る姿そのままなのです。「富士山の石が、これほど大量に運ばれた富士塚は他 に在りません」「富士塚の頂上からは、富士山も見ることが出来るんです。」

地元の各地の富士塚信仰者の石碑、またここにあって消失しなかった池上本門寺の関係や、歌舞伎役者の面々が参拝したことも石に刻んで在りました。

田子山保存会【埼玉県指定文化財】(副会長)の深瀬 克さんのご案内で、切り絵作家の毛利 将範さんとともに、一つひとつ詳細な説明を受けることが出来ました。こんど、ここの案内図と説明
(解説書「田子山冨士塚」)をまとめるための案内だったとのことで、たまたま居合わせたことで同行させていただけました。

出 逢った最初に、「ニュータイムス連載「自然体の人間学」の温泉人(おふろうど)さんでしたか。やさしい文章で楽しく読ませていただいております。」と、深 瀬さんより笑顔でお話しさせていただいたことで、こんな偶然が一気に信頼に変わるなんて、なんと有りがたいことなのだろうかと、新年の富士塚登山が実現し てしまったことに、大感謝です!

現在は、危険個所があって立ち入りが出来ない状態ですが、関係者の強い思いや予算も付き(工事は平成 27・28年度の2年にわたって実施し、今年度は3月に完成予定)、夏ごろ(山開きの7月2日)には修復工事も終えて、昔のように山に登れるようになると のことです。その時は、大勢のひとにぜひこの凄さを現地に立って感じていただきたい、そう強く感じたのです。



 
s-P1130625





★HP
http://www.tagoyamafuji.org/




★特徴
http://www.tagoyamafuji.org/pg_fujiduka.html





s-P1130432





s-P1130434





s-P1130436





s-P1130441





s-P1130443





s-P1130445





s-P1130449





s-P1130450





s-P1130489





s-P1130492





s-P1130502





s-P1130506





s-P1130507





s-P1130514





s-P1130511





s-P1130516





s-P1130517





s-P1130524





s-P1130532





s-P1130533





s-P1130535





s-P1130536





s-P1130538





s-P1130539





s-P1130540





s-P1130542





s-P1130544






s-P1130546




s-P1130549





s-P1130550





s-P1130552





s-P1130553





s-P1130556





s-P1130560





s-P1130561





s-P1130562





s-P1130564





s-P1130565





s-P1130566




【その1】埼玉県指定 有形民俗文化財「田子山冨士塚」の特別初登山で感じた魅力♪ А丙覿漫志木市・敷島神社内)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52133095.html


【その2】埼玉県指定 有形民俗文化財「田子山冨士塚」の特別初登山で感じた魅力♪◆А丙覿漫志木市・敷島神社内)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52133100.html


【その3】埼玉県指定 有形民俗文化財「田子山冨士塚」の特別初登山で感じた魅力♪:(埼玉・志木市・敷島神社内)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52133102.html




8fd4fa16






3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

 昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅



温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   



ofuroudo at 13:48│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔