2016年07月17日

平林寺に向かう♪(新座市)

平林寺に向かう♪(新座市)

s-P1210597





s-P1210598





s-P1210599





s-P1210600





1b5bf194
平林寺の紅葉 & 松平伊豆守信綱の廟所(新座市)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52128250.html



s-P1210601





s-P1210602





s-P1210604





s-P1210606





s-P1210607





s-P1210608





s-P1210610





s-P1210611





s-P1210612





s-P1210615





s-P1210617






s-P1740501





s-P1740500





s-P1740503





s-DSCF2116
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺跡(岩槻)



s-DSCF2120
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺跡(岩槻)



s-DSCF2077
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺跡(岩槻)



s-DSCF2074
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺跡(岩槻)



s-DSCF2076
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
平林寺跡(岩槻)



s-P1210618





1be63a87
平林寺の紅葉 & 松平伊豆守信綱の廟所(新座市)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52128250.html



FB
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




s-DSCF1602
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
松平伊豆守の家紋:三つ扇、お堀(喜多院)&松平伊豆守の(仙波東照宮)&温泉人(おふろうど)の家紋



s-DSCF1603





s-DSCF1612





s-DSCF1610





s-DSCF1614





s-DSCF1616





s-DSCF1621





s-DSCF1622





s-DSCF1623





s-P1210619





s-P1210620





s-P1210621





s-P1210622





s-P1210623





s-P1210624





s-P1210626





s-P1210627





s-P1210628





s-P1210629





s-P1210630






亀趺碑(きふひ):川越城主松平大和守家廟所(川越・喜多院境内)s-P1670336
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




亀趺碑(きふひ):川越城主松平大和守家廟所(川越・喜多院境内)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52114007.html
再び、側に立って見つめました。とても存在感があるんです。


⇒亀趺(キフ)の亀・贔屓(ひいき)
驚きました!「ごひいきに!」の言葉、実はこの贔屓(ひいき)なのだそうです。
「贔屓(ひいき)」は「贔屓にする」などと用いられる「贔屓」である。
贔屓は「一生懸命努力して力を出すさま」を意味するとされるが、それが「特別に便宜を図ったり、力添えをする」意味に使われるようになった。とのこと!

http://www9.plala.or.jp/sin…/07sinsi/fukuda/kame/kame-5.html


⇒贔屓(ひいき・びし、拼音:Bixi、正字体:贔屭)
中 国の伝説によると、贔屓は龍が生んだ9頭の神獣・竜生九子のひとつで、その姿は亀に似ている。重きを負うことを好むといわれ、そのため古来石柱や石碑の土 台の装飾に用いられることが多かった。日本の諺「贔屓の引き倒し」とは、「ある者を贔屓しすぎると、かえってその者を不利にする、その者のためにはならな い」という意味の諺だが、その由来は、柱の土台である贔屓を引っぱると柱が倒れるからに他ならない。
「贔屓」を古くは「贔屭」と書いた。「贔」は 「貝」が三つで、これは財貨が多くあることを表したもの。「屭」はその「贔」を「尸」の下に置いたもので、財貨を多く抱えることを表したものである。「こ の財貨を多く抱える」が、「大きな荷物を背負う」を経て、「盛んに力を使う」「鼻息を荒くして働く」などの意味をもつようになった。また「ひき」の音は、 中国語で力んだ時のさまを表す擬音語に由来する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B4%94%E5%B1%93


⇒「「亀趺」は「きふ」と読む。
語意は、「〔名〕かめの形に刻んだ碑の台石。転じて、碑の異称。」(日本国語大辞典)
古来、中国では、亀は万年の寿齢を保つ霊獣とされてきた。
石で亀の形を作り、その背に碑を載せることで、その碑が永遠に後世に残ることを念じて建てられるのが、亀趺。」(出典:石仏散歩)

http://blog.goo.ne.jp/fu…/e/477d9598b421d89f70f4e4d46b33024e


⇒「亀の土台をもつ碑を正式には亀趺碑[きふひ]と謂う。」
「三品以上は墓碑に亀趺碑を、五品以上が「神道[しんどう、墓への参道]」にそれを建てることができる。これに当てはまるのは大名家だけである。しかし、亀趺碑が建碑されている国内の他の例 を見てみると、忠烈のための顕彰碑が墓所の近くに建てられていることがある。」
http://www.ikoma-yashiki.com/?p=153






(社)生駒屋敷 歴史文庫
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




(社)生駒屋敷 歴史文庫
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




亀趺
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




亀趺
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




亀趺(キフ)の亀
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
亀趺(キフ)の亀・贔屓(ひいき) ★http://www9.plala.or.jp/・・・/07sinsi/fukuda/kame/kame-5.html 
⇒驚きました!「ごひいきに!」の言葉、実はこの贔屓(ひいき)なのだそうです。




ひいき
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




s-P1210631





s-P1210639





s-P1210640





s-P1210641





s-P1210645





s-P1210646





s-P1210647





s-P1210648





s-P1210653





s-P1210656





s-P1210657





cc5bd04a
平林寺の紅葉 & 松平伊豆守信綱の廟所(新座市)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52128250.html



s-P1210659





s-P1210660





s-P1210661





s-P1210663





s-★P1180146





s-P1210666





s-P1210667





s-P1210668





s-P1210669






s-DSCF5709
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

林の中のコンサート♪(パンフルート大束晋、キーボード 花田美佳子):野火止緑道「憩いの森」野火止用水・木もれ日通そば



s-DSCF5767





s-P1670667
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
亀趺碑(きふひ)2(朝の光):川越城主松平大和守家廟所(川越・喜多院境内) & もみじ公園(山形市)



40652b21
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
家 紋(新しいカメラでの初撮り)・・・息子、娘からの祝をカタチに!・・・ありがとう!



2fb2008a





s-P1013784




松平伊豆守の家紋:三つ扇、お堀(喜多院)&松平伊豆守の(仙波東照宮) & 温泉人(おふろうど)の家紋
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52128153.html


“三つ扇”、松平伊豆守の家紋に出逢いました。そのまま同じではありませんが、温泉人(おふろうど)の家紋もまた、“三つ扇”なのです。
故郷の山形市、山形城にかつて徳川の時代に松平大和守が城主となり、実家のすぐ近くのもみじ公園をつくることを指示した人でした。その人が、川越・喜多院本堂の後ろに眠っているのです。川越が、益々身近なものとなりました。




★扇
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




e4a3831d
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
五月節句(端午の節句)&鯉のぼり&温泉人(おふろうど)の考える“強さ”とは



温泉人(おふろうど)も、陣羽織を着た武将に・・・。川越藩火縄銃保存会会長の寺田さんから、難波田城公園で着せていただいたものです。

なかなか優しさが備わった武将ですね。!(^^)!




彩(いろどり):温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
彩(いろどり):温泉人(おふろうど)



「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント



温泉人(おふろうど)を育て、感性を育んだ城下町山形市です。

東北の北の民の暮らす地、どこからも山が臨める山形盆地での水と空気と人、城下町の堀を近く過ごした八幡石、京文化の幼稚園・もみじ公園、奇跡とも思える出 逢いの中で、いまこうして生きる温泉人(おふろうど)の感性が出来上がりました。

感謝です!<(_ _)>




s-もみじ公園
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
心の風景 「もみじ公園」の紅葉へ父と行く・・・動画像も・・・(2013年11月18日)



3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅



温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 00:30│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔