2016年08月04日

松平大和守の転居:姫路城&村上城&山形城&白河城&川越城(山形「もみじ公園」と川越「松平大和守家廟所」の関係)

松平大和守の転居:姫路城&村上城&山形城&白河城&川越城(山形「もみじ公園」と川越「松平大和守家廟所」の関係)

山形城(霞城):2016.5.3・・・父(満90歳)と:2015.9.19
s-P1180410





山形城
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E5%9F%8E


松平大和守の転居:姫路城&村上城&山形城&白河城&川越城(山形「もみじ公園」と川越「松平大和守家廟所」の関係)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52153182.html

【再掲載】山形城(霞城):2016.5.3・・・父(満90歳)と:2015.9.19
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52163025.html


山形城、温泉人(おふろうど)はこのお堀端で生まれ育ちました。最上義光公が城主となり、徳川家康の時代には、家康側に参戦勝利し、五十七万石の東北地方で最大規模の大名となるのです。以降、川越藩主・松平大和守が山形城主となり、白河城(小峰城)、姫路城の城主となったことを知りました。父と歩んできた故郷・山形市、城下町なのです。




s-P1180261






「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント



温泉人(おふろうど)を育て、感性を育んだ城下町山形市です。

東北の北の民の暮らす地、どこからも山が臨める山形盆地での水と空気と人、城下町の堀を近く過ごした八幡石、京文化の幼稚園・もみじ公園、奇跡とも思える出 逢いの中で、いまこうして生きる温泉人(おふろうど)の感性が出来上がりました。

感謝です!<(_ _)>




「もみじ公園(山形市)」←e公園への編集登録(ofuroudo)
「もみじ公園(山形市)」←e公園への編集登録(ofuroudo)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪





s-もみじ公園
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
心の風景 「もみじ公園」の紅葉へ父と行く・・・動画像も・・・(2013年11月18日)




画像をクリックすると、動画像にリンクします




s-P1470004





s-P1470006





s-P1470005





1-1





s-P1650785
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
武鑑(ぶかん) & 川越(松平大和守)・出羽山形(中山・山辺)・水戸(日立・助川)の繋がり




1-2





1-3





1-4





5d4e0393





FB1
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/2334088363472092

松平大和守家の研究、扉を開けて見ると、温泉人(おふろうど)の故郷山形市、山形城主最上義光以降に、徳川家康の孫の直基、その長男の直矩が城主となりました。直基が姫路城城主へと命を受け赴任すべく山形城を経ちましたが、江戸で亡くなります。長男の直矩は当時5歳、そこで新潟の村上城に預けられ成人になります。そして山形城主や姫路城城主となるのです。川越の喜多院の廟所には、直矩ゆかりの歴代の城主が眠っています。一時川越藩だった前橋城の東照宮には、直矩の陣羽織と軍配が重要文化財として展示してあります。現在、直矩の墓は、福島の白河にあります。
温泉人(おふろうど)



1-5





s-matudaira





s-6f394c0c





s-P1180125





s-もみじ公園の紅葉
画像をクリックすると、HPにリンクします

同級会(小学校6年3組):山形「紅の蔵」にて & 「もみじ公園」の紅葉




新雪(山形・もみじ公園)
画像をクリックすると、HPにリンクします
新雪(山形・もみじ公園)




春の「もみじ公園」
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

春の「もみじ公園」




s-P1220607




亀趺碑(きふひ)2(朝の光):川越城主松平大和守家廟所(川越・喜多院境内) & もみじ公園(山形市)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52114985.html


川越城主松平大和守家廟所(川越・喜多院境内)の修繕が完了し、本日祈りの儀式が開催されるとのこと。
14:00ごろ(詳細要確認)に川越・喜多院北参道(お休み処「花かげ」があります)を、川越火縄銃鉄砲隊保存会の行列とともに始まり、松平大和守家廟所にて祈祷、そして本川越駅前で火縄銃の演武などなどと伺いました。
川越に出向く予定です。

温泉人(おふろうど)が生まれ育った山形市、その城主を川越城主松平大和守が司ったことや、実家近くのもみじ公園を造ろうと命じた人もまた松平大和守だったこと、そして我が家の家紋が三つ扇であることなど、とても深い縁を感じています。





動画
https://www.youtube.com/watch?v=lL21ZltFMyE&feature=youtu.be




s-P1220602






1-6





1-7





1-8





1-9





2-1





2-2





2-3





2-4




小峰城址(福島県白河市)での川越藩火縄銃鉄砲隊保存会による演武

s-DSCF3262




小峰城址(福島県白河市)での川越藩火縄銃鉄砲隊保存会による演武

埼玉県川越市長(川合善明さん)と福島県白河市長(鈴木和夫さん)を中心に、小峰城址(福島県白河市)での川越藩火縄銃鉄砲隊保存会による演武の名場面をまとめました。
両市がのきずなが、ますます強くなりました。(^_-)-☆




s-DSCF3298





s-DSCF3257





s-DSCF3030





s-DSCF3053





2-5





2-6





2-7





2-8





2-9





3-1





3-2






FB2
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/2095439240670340

松平大和守の転居:姫路城&村上城&山形城&白河城&川越城(山形「もみじ公園」と川越「松平大和守家廟所」の関係)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52204770.html

http://www.city.murakami.lg.jp/uploaded/attachment/7587.pdf

新潟県村上市に在る村上城址に訪れようと、山形の小国を通り、村上市に来ています。その訳は、温泉人(おふろうど)の実家近くのもみじ公園を作るようにと命じた松平大和守直矩公が、ここ村上城で幼少から成人になるまで過ごしたところだからです。その後、山形城主となり、福島の白川城主、そして姫路城主となるのです。先日伺った前橋城址に在る東照宮に、直矩公の陣羽織と軍配が展示されているのを見つけ、所縁の地である村上城址に立ってみたいと思えたからです。明日、明るくなってから、じっくりこの足で、この目で見て感じて見たいと思っています。楽しみです♪
温泉人(おふろうど)(^_^*)





FB1
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/2095738320640432

松平大和守の転居:姫路城&村上城&山形城&白河城&川越城(山形「もみじ公園」と川越「松平大和守家廟所」の関係)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52204770.html


遂に、村上城址に登り、天守閣の場所に立ち、日本海に面した城下町を一望しました♪ 真っ直ぐ海沿いを北上すれば、鶴岡や酒田ですし、新潟と山形の境の飯豊連峰を越えれば、米沢、長井、そして山形市へと繋がっていくのです。松平大和守 直矩公が、父の直基公が姫路城に向かう途中の江戸で亡くなったことで、ここ村上城に成人するまで居たのです。その間、城を整備し禄高も大きくなりました。その後、山形城主、白川城主を経て、姫路城主となりました。今は、当時の面影を立派な山城の石垣に見ることができます。
温泉人(おふろうど)(^_^*)





4-1





5-1





5-2





5-3





5-4





5-5





5-6






e4a3831d
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
五月節句(端午の節句)&鯉のぼり&温泉人(おふろうど)の考える“強さ”とは

ラブhttp://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51550547.htmlよろいを着てみよう(難波田城公園):Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より



彩(いろどり):温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
彩(いろどり):温泉人(おふろうど)



3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅



温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 00:30│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔