2016年09月04日

父の満91歳の誕生日近くに山形に向かう♪(峠のススキ・鳥の図鑑・寒河江の宿・八幡石・★沼木に立つ):2016.9.1〜4

父の満91歳の誕生日近くに山形に向かう♪(峠のススキ・鳥の図鑑・寒河江の宿・八幡石・沼木に立つ):2016.9.1〜4

s-P1230915





工坊さんこと田坂さんの家へ(原本)



父手作りの「鳥」、広がる♪
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52154669.html


今年9月に満91歳になる父、その思いが詰まった手作りの「鳥」、福島(相馬)、茨城(日立)、埼玉(玉川・川越・富士見市・浦和)、東京(葛飾区お花茶屋)、神奈川(瀬谷区)へと、手渡しで広がって行きました♪

「今日も、いいことあるといいね」


山形の実家、通りに面して父の手作りの「鳥」がちょこんと置いてあります。笑顔で見つめる人に「どうぞ!」って手渡す父の笑顔、これまでの父の生き方が、こうしたカタチになっていると、心から思えるのです!




実家にて4





s-P1230746





s-P1230764





s-P1230768





s-P1230771





s-P1230777





s-P1230773





s-P1230779





s-P1230783





s-P1230785





s-P1230793





s-P1230799





s-P1230800





s-P1230809





s-P1230823





s-P1230825





s-P1230831





s-DSCF4072





s-DSCF4073





s-P1230842





s-P1230843





s-P1230844





s-P1230846





s-P1230847





s-P1230859





s-P1230868





s-P1230869





s-DSCF4112





s-DSCF4118





s-DSCF4119





s-DSCF4124





s-DSCF4128





s-DSCF4130





s-DSCF4131





s-DSCF4133





s-DSCF4137





s-DSCF4141





s-DSCF4143





s-DSCF4144





s-DSCF4150





s-DSCF4151





s-P1230875





s-P1230880





s-DSCF4163





s-DSCF4167





s-DSCF4171





s-DSCF4175





s-DSCF4181





s-DSCF4182





s-DSCF4186





s-P1230884





s-P1230897





s-P1230889





s-P1230898





s-P1230904





s-P1230915





s-P1230917





s-P1230920





s-P1230928





s-P1230938





s-P1230943





s-P1230953





s-P1230956





s-P1230957





s-P1230955





s-P1230958





s-P1230960





s-P1230961





s-DSCF9561





2998d232




沼木は、母の実家がある村です。小さいころから、夏になると泊りがけで何日も過ごした思い出深いところです。「心の風景のデッサン」にある井戸水、その心の風景の場面です。

山形市から西の山に向かって、田んぼを一本道。初めの村が沼木です。さらに進むと柏倉門伝で、京都からの柏倉家が移り住んだと言われる村で、母の母方の先祖が住むところです。温泉人(おふろうど)は、京都とも繋がっているようです





りんご





りんごの花





★井戸水1




母の実家の入り口に、人を迎え入れる井戸水が満々と張ってあった。農作業を終えた通りかかりの人々がちょっと寄っていく。じいちゃんとばあちゃんの笑顔と、満々と湧き出る井戸水は、四季を通じて人を呼び寄せた。

夏は水の出口からそそぎ込む小さな水槽 へ、大きなスイカが浮かべてあり水の泡に囲まれ、ゆっくり浮かんでは沈みつつ水面で回っている。その日採れたトマトやキュウリもいっしょに冷たい水槽の中 で浮かんでいる。その小さな水槽を伝って、次の大きな水槽に入る。ここには、水底に大きなカラスガイが何年と沈んでおり人の片手よりも大きくなり、黒い中 に七色の虹色の殻が光っていた。

一方、冬になるとこの水槽に流れ落ちる井戸水はあたたかく、まわりの動きの止まった雪と氷の世界の中でゆったりと湯気が立ちのぼり、生き物のようであった。

この井戸水の水槽のうしろの方には、田んぼがのびのびと広がり、遠くに山形の蔵王の姿がやまなみとなって立っている。広々と開放的な中に、なつかしさのあるやさしい風景であった。

水面に遠くの山とともに雲の影がゆっくりと映っている。いま、その時間をそのままゆったりと映し出している。

ゆったりとした時間を映し出した自然の水を、手ですくって口もとへ運ぶ。
ゆったりとした時間そのものを飲み干した。

                   「心の風景のデッサン」より




s-P1230964





s-P1230968





s-P1230970





s-P1230971





s-P1230972





s-P1230975





s-P1230976





s-P1230977





s-DSCF4237









s-DSCF4238





s-DSCF4240





s-DSCF4892
父と感じる「東を目指す母の人生!」(西の冨神山の麓から、東の千歳山の麓を目指す)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52103790.html



s-P1230982





s-P1230981





s-P1230978





s-P1230980





s-P1230983






「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント


温泉人(おふろうど)を育て、感性を育んだ城下町山形市です。

東北の北の民の暮らす地、どこからも山が臨める山形盆地での水と空気と人、城下町の堀を近く過ごした八幡石、京文化の幼稚園・もみじ公園、奇跡とも思える出 逢いの中で、いまこうして生きる温泉人(おふろうど)の感性が出来上がりました。

感謝です!<(_ _)>



3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813





69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html





“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅



温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 23:30│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔